電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
副委員長 弓削 哲史 (防衛大)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 マラット ザニケエフ (九工大), 田村 信幸 (法政大)

日時 2017年 5月26日(金) 12:30 - 17:00
議題 ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
会場名 ピュアリティまきび 
住所 〒700-0907岡山県岡山市北区下石井2-6-41
交通案内 http://www.makibi.jp
会場世話人
連絡先
井上真二(鳥取大学)
086-232-0511(会場)
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎18:30から同会場で懇親会を予定しております.懇親会では,来年3月をもって鳥取大学をご退官される山田先生の慰労会を予定しておりますので,下記の要領で参加申し込みをよろしくお願いします.
日時:5月26日(金)18:30ー21:00
場所:ピュアリティまきび(http://www.makibi.jp)(研究会と同じ会場です)
〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井2-6-41
TEL(086)232-0511 FAX(086)224-2995
参加費:6,000円
参加いただける方は,下記のフォームを井上(ii7716icloud)宛にご返信ください.準備の都合上,締切を4月3日(月)とさせてください.

5月26日(金) 午後 
12:30 - 17:00
(1) 12:30-12:55 Markovian Modeling for Software Reliability Assessment with Change-Point Shinji InoueKansai Univ.)・Shigeru YamadaTottori Univ.
(2) 12:55-13:20 表計算ソフトウェアによる位相型ソフトウェア信頼性評価ツールの試作 岡村寛之土肥 正広島大
(3) 13:20-13:45 ディープラーニングに基づくオープンソースソフトウェアの信頼性と保全性評価に関する一考察 田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大
  13:45-14:00 休憩 ( 15分 )
(4) 14:00-14:25 故障時刻に基づく最適修理行動の選択 北川智大弓削哲史柳 繁防衛大
(5) 14:25-14:50 Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):Fシステムのsystem signature算出方法 中村太信山本久志肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大
(6) 14:50-15:15 信頼度最大ネットワーク構成に関する分析的推論 榎本大地肖 霄首都大東京)・高橋奈津美青学大)・山本久志首都大東京
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
(7) 15:30-15:55 Design and implementation of large scale online testing system targeted at undergraduate students Hideo HiroseHiroshima Inst. of Tech.
(8) 15:55-16:20 ゴンペルツ曲線とロジスティック曲線の一般化とその離散化について 木村光宏藤澤峻作法政大)・井上真二関西大
(9) 16:20-17:00 [招待講演]A Summary of Elementary Software Reliability Modeling Shigeru YamadaTottori Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡村 寛之(広島大)
E-: l-u 


Last modified: 2017-04-26 09:57:38


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会