お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会は集合開催を中止し,オンライン開催と致します. ***





信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 安里 彰 (富士通)
副委員長 土肥 正 (広島大)
幹事 田村 信幸 (法政大), 井上 真二 (関西大)
幹事補佐 岡村 寛之 (広島大), 横川 慎二 (電通大)

日時 2020年 7月11日(土) 13:00 - 14:40
議題 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
会場名 オンライン開催 
会場世話人
連絡先
井上真二
072-690-2453
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎Zoomによるオンライン開催となります.登壇者および事前に連絡を頂いた方々へIDおよびパスワードをメールにて事前にお送りいたします.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(R研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月11日(土) 午後 
13:00 - 14:40
(1) 13:00-13:25 エピデミックルーティングの解析を応用した協調タスク従事者の招集に関する一考察 R2020-5 稲垣景子都立大)・水原涼太首都大東京)・福本 聡都立大
(2) 13:25-13:50 ハイブリッドデジタル進化仮説 ~ インターネットと脳内メカニズムを統合して言語情報の信頼性を高める ~ R2020-6 得丸久文著述業
(3) 13:50-14:15 3Vモデルと開発工数を考慮した確率微分方程式モデルに基づく最適メンテナンス問題 R2020-7 田村慶信杉崎航大東京都市大)・山田 茂鳥取大
(4) 14:15-14:40 信頼性モデル評価ツールの試作 R2020-8 岡村寛之張 家豪広島大)・鄭 俊俊立命館大)・土肥 正広島大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 井上 真二(関西大)
E-: ini-u 


Last modified: 2020-11-06 13:52:28


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会