電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSITE研究会 / 次のSITE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


技術と社会・倫理研究会(SITE) [schedule] [select]
専門委員長 鶴原 稔也 (ドコモテクノロジ)
副委員長 稲葉 宏幸 (京都工繊大), 中西 通雄 (阪工大)
幹事 川口 由起子 (植草学園大), 森下 壮一郎 (東大)
幹事補佐 鈴木 一弘 (神奈川大), 杉山 典正 (阪工大)

日時 2009年10月 7日(水) 10:00 - 14:15
議題 アイデンティティ・マネージメントとネットワーク法 
会場名 独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 
住所 〒113-6591 東京都文京区本駒込二丁目28番8号 文京グリーンコートセンターオフィス15・16階(総合受付13階)
交通案内 最寄駅:都営三田線「千石駅」(A1又はA3出口)徒歩4分 ■JR山手線「駒込駅」徒歩10分 ■JR山手線「巣鴨駅」徒歩12分
http://www.ipa.go.jp/
他の共催 ◆IPSJ/SPT(情報セキュリティ心理学とトラスト)、IPA(情報セキュリティ と行動科学ワークショップ)と併催
お知らせ ◎研究会終了後、懇親会を予定しておりますのでご参加ください。
プログラムの詳細につきましては変更の可能性がありますので、ウェブサイト(http://www.ieice.org/~site/)でご確認ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

10月7日(水) 午前 
10:00 - 14:15
(1) 10:00-10:25 ドイツにおける技術者倫理について ~ ドイツ技術者協会 (VDI) の倫理綱領をめぐって ~ SITE2009-32 田中克範学芸大
(2) 10:25-10:50 学際的な学術団体における倫理綱領の意義 ~ 手話学研究を事例として ~ SITE2009-33 田中紗織MID
(3) 10:50-11:15 盲人のための音響サインと歩行支援に関する考察 SITE2009-34 鎌田一雄箱守貴美子宇都宮大)・今井達二己日本信号
(4) 11:15-11:40 サイバーウォーの法的分析 SITE2009-35 高橋郁夫ITリサーチ・アート
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
(5) 13:00-13:25 プライバシ再考 SITE2009-36 吉永敦征山口県立大
(6) 13:25-13:50 “意味論的ペルソナ”とアイデンティティ SITE2009-37 森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大
(7) 13:50-14:15 診療報酬の外部保存手段としてのストレージクラウドに関する検討 SITE2009-38 木村映善愛媛大医学部附属病院

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SITE 技術と社会・倫理研究会(SITE)   [今後の予定はこちら]
問合先 ◎技術と社会・倫理研究会ホームページ
http://www.ieice.org/ess/site/
SITE研究会幹事
川口 由起子 (植草学園大学)
y-gu 
お知らせ ◎技術と社会・倫理研究会ホームページ
http://www.ieice.org/ess/site/
◎SITE研究会幹事
川口 由起子 (植草学園大学)
y-gu


Last modified: 2009-09-30 11:45:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SITE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSITE研究会 / 次のSITE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会