電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 佐野 洋 (東京外国語大)
副委員長 近藤 公久 (工学院大), 竹内 和広 (阪電通大)
幹事 森下 美和 (神戸学院大), 坪田 康 (京都工繊大)
幹事補佐 神長 伸幸 (早大), 高田 明典 (フェリス女学院大), 石川 彰夫 (KDDI総合研究所)

日時 2018年12月 9日(日) 10:25 - 16:00
議題 テーマ(1):言語の教育・言語と教育 テーマ(2):学習環境の設計と評価 
会場名 愛媛大学 城北キャンパス 校友会館2Fサロン 
住所 〒790-8577 松山市文京町3
交通案内 https://www.ehime-u.ac.jp/overview/access/johoku/
会場世話人
連絡先
愛媛大学教育学部 富田英司
他の共催 ◆早稲田大学情報教育研究所共催
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(TL研究会)についてはこちらをご覧ください.

12月9日(日) 午前 
10:25 - 16:00
  10:25-10:30 思考と言語研究会委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 10:30-11:00 異文化間交流と言語学習支援について ~ 言語文化固有の表現の理解促進へ ~ 鈴木雅実KDDI総合研究所
(2) 11:00-11:30 BLEビーコンを利用したスマートフォン向けOpen Campus Naviアプリシステムの開発と検証 傅 翔西條 拡羽多野裕之伊藤 篤宇都宮大
  11:30-13:00 昼休み ( 90分 )
(3) 13:00-14:00 [招待講演]なぜ実践と研究は統合されるのか ~ 人間学としての実践研究 ~ 細川英雄言語文化教育研
(4) 14:00-14:30 MSC法を用いてSUIJIサービスラーニング・プログラムを通した学生の学びを捉える 富田英司小林 修島上宗子笠松浩樹竹下浩子山中 亮愛媛大
  14:30-15:00 休憩 ( 30分 )
(5) 15:00-15:30 中国語助動詞“要”と“会”から見る日中両言語の時間経過認識 石田智裕張 婷東京外国語大
(6) 15:30-16:00 日本語の「ハヤク」に対応する中国語表現から見た出来事の捉え方の違いについて 王 棟東京外国語大
  16:00-16:05 会場校担当者挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2018-10-16 22:56:19


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会