お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線電力伝送研究会(WPT) [schedule] [select]
専門委員長 石崎 俊雄 (龍谷大)
幹事 藤森 和博 (岡山大), 居村 岳広 (東京理科大)
幹事補佐 成末 義哲 (東大), 田中 勇気 (パナソニック)

水中無線技術研究会(UWT) [schedule] [select]
専門委員長 吉田 弘 (JAMSTEC)
幹事 石井 望 (新潟大), 滝沢 賢一 (NICT)

日時 2021年11月12日(金) 13:05 - 17:00
議題 無線電力伝送,水中無線技術,一般 
会場名 オンライン開催 
他の共催 ◆IEEE AP-S Tokyo Chapter 協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(WPT研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月12日(金) 午後  水中無線技術
座長: 吉田 弘 (海洋研究開発機構)
13:00 - 15:10
  13:00-13:05 開会挨拶 ( 5分 )
(1)
UWT
13:05-13:30 海水中における非接触給電および無線通信について 岡田 実東野武史ドン クアン タン奈良先端大)・○河野実則河野公則RCS
(2)
UWT
13:30-13:55 水中伝搬光が被る揺らぎの寸法の推定 高山佳久山下泰輝東海大)・高橋成五トリマティス
(3)
UWT
13:55-14:20 海中位置推定の位置検出精度を向上するための疑似スケールモデル実験の改良 佐瀬亮太石井 望新潟大
(4)
UWT
14:20-14:45 海水中非接触電力伝送の長距離化の検討 高田泰成稲森真美子東海大
(5)
UWT
14:45-15:10 海中ダイポールアンテナのインピーダンス定式化と有効性検証および拡張性の検討 松下拓磨川村 昂近藤俊範竹内太志松井康浩瀧浪 崇本郷一泰堀井昭浩大栗一敦ソニーグループ
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
11月12日(金) 午後  無線電力伝送
座長: 居村 岳広 (東京理科大)
15:20 - 17:00
(6)
WPT
15:20-15:45 特定の電力および負荷における最大変換効率を有したRF-DC変換回路設計のための測定系の検討 WPT2021-9 小林健輔藤森和博岡山大
(7)
WPT
15:45-16:10 ワイヤレス給電ドリルパイプによる電池交換不要の掘削システム構成案 WPT2021-10 北川大翔石崎俊雄龍谷大)・井上朝也石渡隼也海洋研究開発機構)・粟井郁雄富士ウェーブ
(8)
WPT
16:10-16:35 磁界結合型無線電力伝送における入力電圧波形設計に基づく高調波磁界強度低減 WPT2021-11 小渕大輔松浦賢太郎成末義哲森川博之東大
(9)
WPT
16:35-17:00 無線給電向け周波数ホッピング型盗電防止手法の脆弱性に関する実験的検討 WPT2021-12 足立真志松浦賢太郎小渕大輔成末義哲森川博之東大
  17:00-17:05 閉会挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
WPT 無線電力伝送研究会(WPT)   [今後の予定はこちら]
問合先 藤森 和博 (岡山大)
wpt 
UWT 水中無線技術研究会(UWT)   [今後の予定はこちら]
問合先 石井望(新潟大)、滝沢賢一(NICT)
E-: uwt-n 


Last modified: 2021-11-08 18:59:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[WPT研究会のスケジュールに戻る]   /   [UWT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会