お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会は開催を中止します ***





ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 中田 明夫 (広島市大)
副委員長 小林 隆志 (東工大)
幹事 肥後 芳樹 (阪大), 島 和之 (広島市大)
幹事補佐 林 晋平 (東工大)

{INFOMESITEM}
日時 2020年 3月 4日(水) 13:00 - 16:55
2020年 3月 5日(木) 09:30 - 15:10
議題 一般 
会場名 那覇市ぶんかテンブス館 
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号
交通案内 http://www.tenbusu.jp/shisetsu_riyou/access/index.html
お知らせ ◎新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会は開催を中止します。
◎参加費の返金については下記のページをご参照ください。
https://www.ieice.org/jpn_r/infomation/2020022702.pdf
なお、ソフトウェアサイエンス研究会は第1種研究会です。
◎今回参加費を支払い済みの方は次回の研究会にて無料で参加できます。
ただし、次回の研究会の技法電子版をダウンロードしたい方には聴講参加費をお支払いしていただく必要がございます。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SS研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月4日(水) 午前 
13:00 - 14:15
(1) 13:00-13:25 コンピテンシー能力を向上するPBLの解析 SS2019-41 山本雅基名大)・沢田篤史南山大)・小林隆志東工大)・岡村耕二九大)・宮地充子阪大)・佐藤和彦室蘭工大)・奥野 拓公立はこだて未来大)・粂野文洋日本工大
(2) 13:25-13:50 OSSプロジェクトにおけるREADME.mdファイルの作成の支援 SS2019-42 清水一輝亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大
(3) 13:50-14:15 マクロ森変換器がXMLスキーママッピングの実現であることの決定手続き SS2019-43 田端浩明酒井正彦橋本健二名大
  14:15-14:20  ( 5分 )
3月4日(水) 午後 
14:20 - 15:35
(4) 14:20-14:45 訓練済み機械学習モデル歪みの定量指標 SS2019-44 中島 震NII
(5) 14:45-15:10 ヒープメモリ確保・解放量と実時間制約を共に考慮しマルチプロセッサシステムのメモリ消費量を削減するリアルタイムスケジューリング SS2019-45 町頭優輝中田明夫広島市大
(6) 15:10-15:35 排他制御を含むプログラムから論理制約付き項書換え系への変換 SS2019-46 小嶋美咲西田直樹松原 豊酒井正彦名大
  15:35-15:40 休憩 ( 5分 )
3月4日(水) 午前 
15:40 - 16:55
(7) 15:40-16:05 文法エラーに対する自動バグ修正ツールの性能評価 SS2019-47 松尾春紀池田 翔亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大
(8) 16:05-16:30 開発者によるバグ限局を考慮した自動バグ修正への影響分析 SS2019-48 山手響介首藤 巧浅田 翔佐藤亮介亀井靖高鵜林尚靖九大
(9) 16:30-16:55 Firefoxにおけるマルチバイト文字に起因するバグの調査 SS2019-49 市川直人柗本真佑楠本真二阪大
3月5日(木) 午前 
09:30 - 10:45
(10) 09:30-09:55 構文ハイライトとフォントの違いによる開発者の脳波の比較 SS2019-50 東 英明柗本真佑阪大)・上野秀剛奈良高専)・楠本真二阪大
(11) 09:55-10:20 機械学習による開発履歴のメタ情報を用いたマージコンフリクトの解消パターン判定モデル SS2019-51 白木秀弥神田哲也井上克郎阪大
(12) 10:20-10:45 マイクロベンチマークサービスにおけるソフトウェアパフォーマンス改善方法の分析 SS2019-52 才木一也安東亮汰伊原彰紀和歌山大
  10:45-10:50  ( 5分 )
3月5日(木) 午後 
10:50 - 12:30
(13) 10:50-11:15 Rustプログラムの情報流解析のための型システム SS2019-53 長谷川健太立命館大)・桑原寛明南山大)・國枝義敏立命館大
(14) 11:15-11:40 継続を基本とする言語CbCでのHoareLogicによる健全性の考察 SS2019-54 外間政尊河野真治琉球大
(15) 11:40-12:05 継続渡しスタイルの関数型言語における非決定性プログラム SS2019-55 小島 渚横本勇希島 和之広島市大
(16) 12:05-12:30 STAMP/STPAとモデル検査の連携によるハザード遷移系列の導出手法 SS2019-56 楊 盼岡野浩三小形真平信州大)・岡本圭史仙台高専
  - 昼食
3月5日(木) 午後 
13:30 - 15:10
(17) 13:30-13:55 SHAP Value Coverage Testing SS2019-57 Qiang ZhongHi-System21)・Naoto SatoMakoto IshikawaHitachi)・Kazuhiro KodamaHi-System21
(18) 13:55-14:20 ソースコードの類似性に基づいたテストコード自動推薦ツールSuiteRec SS2019-58 倉地亮介奈良先端大)・崔 恩瀞京都工繊大)・飯田 元奈良先端大
(19) 14:20-14:45 イベント駆動に基づくProcessingプログラムのユニットテスト手法 SS2019-59 細部博史法政大
(20) 14:45-15:10 形態素パターンマッチャ morfgrep とそのソフトウェア開発における応用 SS2019-60 中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一浅野雅樹アイシン精機

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 肥後芳樹 (大阪大学)
TEL: 06-6879-4111
FAX: 06-6879-4114
E-: ist-u 
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.sa.cs.titech.ac.jp/sigss/


Last modified: 2020-03-02 08:40:55


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会