電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 唐沢 好男
幹事 長 敬三, 高橋 応明
幹事補佐 山本 学

衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 川合 誠
副委員長 小林 英雄, 田中 正人
幹事 三次 仁, 岸 洋司

日時 2005年 5月19日(木) 10:00 - 17:40
2005年 5月20日(金) 09:30 - 16:30
議題 衛星、移動通信におけるアンテナ・伝搬技術及び一般 
会場名 鳥取環境大学 学生センター 多目的ホール 
住所 〒689-1111 鳥取市若葉台北1-1
交通案内 津ノ井駅から徒歩20分
http://www.kankyo-u.ac.jp/general/access/
会場世話人
連絡先
情報システム学科 秦野諭示
0857-38-6789
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter(委員長:宇野亨)、電波研連F分科会(委員長:井原俊夫)と共催
お知らせ ◎19日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

5月19日(木) 午前  AP
10:00 - 12:05
(1)
A・P
10:00-10:25 プリント型頂部装荷モノポールアンテナ 矢野敏明久我宣裕新井宏之横浜国大
(2)
A・P
10:25-10:50 広帯域に定利得特性を有する自立型ダイポールアンテナ 西澤一史山本直幸田中深雪宮下裕章牧野 滋三菱電機
(3)
A・P
10:50-11:15 超広帯域スリーブアンテナ 北村瑞穂長崎大)・作間充力雄旭化成テクノシステム)・田中和雅田口光雄長崎大
(4)
A・P
11:15-11:40 スリット装荷ひし形マイクロストリップアンテナとその放射特性 ~ なし ~ 四戸雄介羽石 操木村雄一埼玉大
(5)
A・P
11:40-12:05 誘電体基板上にプリントされた多周波共用平面アンテナ 松井宏康北原直樹若林敏雄東海大
5月19日(木) 午後  AP
13:00 - 17:40
(6)
A・P
13:00-13:25 改良型素子電界ベクトル回転法を用いた偏波制御器内誤差推定法 竹村暢康西澤一史宮下裕章小西善彦砂原米彦牧野 滋三菱電機
(7)
A・P
13:25-13:50 グレーティングローブを抑圧する分散アレーアンテナの配置方法 平田和史松田庄司西澤一史宮下裕章沼崎 正三菱電機
(8)
A・P
13:50-14:15 リアクタ装荷によるダイポール電気的透明化の実験検証と分布定数線路を用いた透明化の応用 飯草恭一澤谷琢磨韓 青大平 孝太郎丸 真ATR
(9)
A・P
14:15-14:40 3次元レイトレース法による任意形状誘電体レンズアンテナの解析 内海公輔下田秀昭田中和雅田口光雄長崎大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(10)
A・P
14:50-15:15 FPGA実装によるFDTD法の高速化検討 鈴木秀俊高儀雄太山口 良上林真司NTTドコモ
(11)
A・P
15:15-15:40 伝送線路モデルによる改良型Wheeler法におけるアンテナ放射効率の落ち込みの解析 石井 望金子貴幸宮川道夫新潟大
(12)
A・P
15:40-16:05 情報家電内蔵に適した電流・磁流励振型ループアンテナの放射特性 吉川嘉茂山本 温小川晃一松下電器
(13)
A・P
16:05-16:30 人体を伝送路として利用したウェアラブル機器における人体近傍電磁界の周波数特性 石出大輔藤井勝之高橋応明伊藤公一千葉大
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
(14)
A・P
16:40-17:40 [特別講演]情報システムからRFID等無線技術への期待(口頭発表) 都倉信樹鳥取環境大
5月20日(金) 午前  SAT
09:30 - 12:00
(15)
SAT
09:30-09:55 離島通信および災害対策に適用するインフラ衛星通信システム 亀澤祐一佐藤太一朗松下 章湯本 功山口 裕田畑雅章風間宏志NTT
(16)
SAT
09:55-10:20 準天頂衛星用S帯パケット通信試験システムの試作 木村和宏石田 等浜 真一NICT)・石岡伸之春日井 靖日立)・秋野晴夫FDK)・福伝信敏アイ電子)・植松弘行三菱電機
(17)
SAT
10:20-10:45 Mitigation of Satellite Non-Linear Distortion using PTS and IDAR Methods for QAM-OFDM System Pisit BoonsrimuangKatsuhiro NaitoKazuo MoriHideo KobayashiMie Univ.
(18)
SAT
10:45-11:10 OFDM通信方式における残留周波数オフセット補償方式に関する検討 王 芳山本正明内藤克浩森 香津夫小林英雄三重大
(19)
SAT
11:10-12:00 [招待講演]新しいTVの見方を実現する放送通信連携システム 川添雄彦NTT
5月20日(金) 午後  AP
13:00 - 16:30
(20)
A・P
13:00-13:25 携帯電話の筐体を利用したアンテナに対する人体手部のモデリング精度に関する検討 小堤直樹馬場聡史前田忠彦立命館大
(21)
A・P
13:25-13:50 地上デジタル放送の受信を目的としたイヤホンアンテナに及ぼすイヤホンケーブルの影響に関する検討 田中雅人前田忠彦立命館大
(22)
A・P
13:50-14:15 放射素子の製作精度と筐体漏洩電流を考慮した無線LANアクセスポイントにおけるDOA推定に関する検討 宇野昌紀浅沼健一浅川公男前田忠彦立命館大
(23)
A・P
14:15-14:40 アレーアンテナの素子間相互結合と送信/受信時の校正行列について 山田寛喜新潟大)・小川恭孝北大)・山口芳雄新潟大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(24)
A・P
14:50-15:15 M-ary/SS方式のためのCMA基準に基づく時空間ブラインドRAKE合成 神谷幸宏藤井威生鈴木康夫東京農工大
(25)
A・P
15:15-15:40 MIMOシステムにおける屋内電波伝搬特性の評価 千葉英利稲沢良夫小西善彦三菱電機
(26)
A・P
15:40-16:05 マイクロ波帯移動通信における遅延広がりのアンテナチルト依存性 高橋 賢原田博司安 昌俊NICT
(27)
A・P
16:05-16:30 セルラー基地局におけるアレーアンテナ用送信キャリブレーション装置の屋外評価 天野良晃間瀬公太博野雅文井上 隆中野雅之川澤俊夫KDDI

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 高橋応明(千葉大)
TEL:043-290-3498,FAX:043-290-3327
E-:_-cry 
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:tieice
三次仁(慶大)
TEL03-3516-0627,FAX03-3516-0652,Mobile090-5213-8547
E-:giauidsfcio
岸洋司(KDDI研)
TEL049-278-7815,FAX049-278-7813
E-:s 


Last modified: 2005-03-17 20:48:43


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [SAT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会