お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会はオンライン開催といたします. ***





アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 陳 強 (東北大)
副委員長 黒川 悟 (産総研)
幹事 有馬 卓司 (東京農工大), 北尾 光司郎 (NTTドコモ)
幹事補佐 金 ミンソク (新潟大)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 岡本 英二 (名工大)
副委員長 前原 文明 (早大), 西村 寿彦 (北大), 旦代 智哉 (東芝)
幹事 牟田 修 (九大), 村岡 一志 (NEC)
幹事補佐 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 奥山 達樹 (NTTドコモ)

水中無線技術研究会(UWT) [schedule] [select]
専門委員長 吉田 弘 (JAMSTEC)
幹事 石井 望 (新潟大), 滝沢 賢一 (NICT)

日時 2020年11月25日(水) 09:25 - 17:45
2020年11月26日(木) 09:25 - 16:30
2020年11月27日(金) 09:25 - 16:55
議題 アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
会場名 オンライン開催 
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会, AP研究会)についてはこちらをご覧ください.
参加費支払い手続き期限 本開催はオンライン開催です.準備の都合上,原則として開催の3日前までに受付を終了しますので,お早めにお手続きください.

11月25日(水) 午前  RCS 1 (オンライン会場1)
09:50 - 11:05
(1)
RCS
09:50-10:15 パイロット汚染存在時のMassive MIMOにおける深層学習を利用したチャネル推定 廣瀨大輝大槻知明慶大
(2)
RCS
10:15-10:40 確率伝搬法に基づく有相関大規模MIMO通信路とデータの繰り返し同時推定に関する一検討 伊藤賢太高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(3)
RCS
10:40-11:05 多段判定に基づく適応電力配分を用いた重畳符号化に基づくHARQ法 女屋博信樋口健一東京理科大
  11:05-11:20 休憩 ( 15分 )
11月25日(水) 午前  RCS 2 (オンライン会場1)
11:20 - 12:35
(4)
RCS
11:20-11:45 マルチパケット受信を実現するランダムアクセスに適したプリアンブル構成の検討 綿貫 航樋口健一東京理科大
(5)
RCS
11:45-12:10 NR初期アクセスにおける周波数オフセットとSSS系列の同時推定を用いるPCID検出法 井上大輔太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
(6)
RCS
12:10-12:35 周波数選択性フェージングチャネルにおけるNR初期アクセスの無線フレームタイミング検出法 太田恭吾井上大輔佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
  12:35-13:55
[変更あり]
休憩 ( 80分 )
[変更あり]
11月25日(水) 午前  AP 1 (オンライン会場2)
09:25 - 11:05
(7)
A・P
09:25-09:50 誘電体円筒上ストリップ導体を用いたマントルクロークアンテナ グェン タインビン道下尚文森下 久防衛大)・宮崎輝規田所眞人横浜ゴム
(8)
A・P
09:50-10:15 MACKEY S1型の広帯域化と短絡板に関する検討 田村俊樹牧野 滋伊東健治金沢工大
(9)
A・P
10:15-10:40 TM01モード励振グリッド装荷ステップ反射鏡アンテナ 山本伸一縫村修次瀧川道生三菱電機
(10)
A・P
10:40-11:05 簡易評価法を用いて試作した成形ビームを放射するリフレクトアレーアンテナ 重光賛志郎深谷芽衣牧野 滋金沢工大)・瀧川道生中嶋宏昌三菱電機
  11:05-11:20 休憩 ( 15分 )
11月25日(水) 午前  AP 2 (オンライン会場2)
11:20 - 12:35
(11)
A・P
11:20-11:45 移相器制御に基づく送受積時間変調アレー 紀平一成深沢 徹米田尚史三菱電機
(12)
A・P
11:45-12:10 高能率・低サイドローブとなる共振素子間隔の検討 瀧能翔太牧野 滋深谷芽衣重光賛志郎金沢工大)・瀧川道生中嶋宏昌三菱電機
(13)
A・P
12:10-12:35 300GHz帯高利得広帯域ビーム走査フェーズドレンズアレー
[変更あり]
榊原久二男山野 瑛利田直也竹嶋大智石原僚汰ヘンリー ディアウオ アブロハニ バカル杉本義喜菊間信良名工大)・山田吉英UTM-MJIIT)・ヌルル フダ アブドゥ ラーマンUiTM
  12:35-13:20 休憩 ( 45分 )
11月25日(水) 午後  RCS 3 (オンライン会場1)
13:55 - 15:10 [変更あり]
(14)
RCS
[変更あり]
13:55-14:20 FDEを用いるSISO周波数選択性フェージングチャネルにおけるLMSアルゴリズム及びPLLを用いる位相雑音補償の誤り率特性 青野佳奈佐和橋 衛東京都市大
(15)
RCS
[変更あり]
14:20-14:45 周辺基地局のシステムスループットとON/OFF状態情報を用いた確率的基地局ON/OFF制御法の検討 谷 隼也樋口健一東京理科大
(16)
RCS
[変更あり]
14:45-15:10 ビームフォーミングを活用した地上セルと上空セルで構成する三次元空間セル構成における周波数共用の検討 橘田 真藤井輝也東工大
  15:10-15:25 休憩 ( 15分 )
11月25日(水) 午後  オーガナイズドセッション 「アンテナ・伝搬分野における相関係数の理解と適切な利用」 (オンライン会場2)
13:20 - 15:10
(17)
[変更あり]
13:20-13:40 MIMOアンテナの相関特性 ○本間尚樹・村田健太郎(岩手大)
(18)
[変更あり]
13:40-14:00 アレーアンテナの素子間相関 ○陳 強・今野佳祐(東北大)
(19)
[変更あり]
14:00-14:20 移動通信伝搬路の相関特性 ―マルチパスフェージング伝搬路の空間・周波数・時間相関― 〇岩井誠人(同志社大)
(20)
[変更あり]
14:20-14:40 アレー信号処理における相関行列の物理的意味 〇菊間信良(名工大)
  14:40-14:45 休憩 ( 5分 )
(21)
[変更あり]
14:45-15:10 ディスカッション
11月25日(水) 午後  特集セッション 1 「水中無線通信の最新動向と新領域を開拓する無線通信技術」 (オンライン会場1)
15:25 - 16:40
(22)
共通
[変更あり]
15:25-15:50 [依頼講演]ローリングシャッタを利用したディスプレイ-カメラ可視光通信 岡田 啓名大)・小林健太郎名城大)・和田忠浩静岡大
(23)
共通
[変更あり]
15:50-16:15 [依頼講演]視覚復号法を用いる照明光通信システムについて 羽渕裕真小澤佑介真中佳祐茨城大
(24)
共通
[変更あり]
16:15-16:40 [依頼講演]LED可視光無線通信における空間的並列信号伝送の検討 冨里 繁田野 哲上原一浩岡山大
  16:40-16:55 休憩 ( 15分 )
11月25日(水) 午後  チュートリアル講演 (オンライン会場1)
16:55 - 17:45
(25)
共通
[変更あり]
16:55-17:45 [チュートリアル講演]車載非接触給電システムにおける人体ばく露評価技術 松沢晋一郎渡辺俊明伯田祐輔豊田中研
11月26日(木) 午前  特集セッション 2 「水中無線通信の最新動向と新領域を開拓する無線通信技術」 (オンライン会場1)
09:25 - 10:40
(26)
共通
[変更あり]
09:25-09:50 塩水中のアンテナの動作についての一考察 吉田 弘海洋研究開発機構)・石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大
(27)
共通
[変更あり]
09:50-10:15 浅海海中位置推定に特化した電界数値積分の高速化について 石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構
(28)
共通
[変更あり]
10:15-10:40 疑似スケールモデル実験系による複数海面位置受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検証 佐瀬亮太石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構
  10:40-10:55 休憩 ( 15分 )
11月26日(木) 午前  特集セッション 3 「水中無線通信の最新動向と新領域を開拓する無線通信技術」 (オンライン会場1)
10:55 - 12:10
(29)
[変更あり]
10:55-11:20 [依頼講演] 電磁波による海中通信に挑む
○高橋応明(千葉大)
本発表は3月研究会にエントリされた予稿番号RCS2019-375の振り替え講演です。
(30)
共通
[変更あり]
11:20-11:45 [依頼講演]水中音響通信における適応デジタルダウンコンバージョン 出口充康樹田行弘志村拓也海洋研究開発機構
(31)
共通
[変更あり]
11:45-12:10 [依頼講演]海底光無線通信技術と新たなネットワークへの展開 小玉崇宏香川大)・井上文彰阪大)・木村共孝同志社大
  12:10-13:05 休憩 ( 55分 )
11月26日(木) 午後  特集セッション 4 「水中無線通信の最新動向と新領域を開拓する無線通信技術」 (オンライン会場1)
13:05 - 13:55
(32)
共通
[変更あり]
13:05-13:55 [招待講演]超スマート社会に向けた可視光通信技術の展望 大柴小枝子京都工繊大
  13:55-14:10 休憩 ( 15分 )
11月26日(木) 午後  IEEE AP-S Kansai Joint chapter 特別講演 (オンライン会場1)
14:10 - 15:00
(33)
A・P
[変更あり]
14:10-15:00 [特別講演](口頭発表)複素偏波比による軸比評価における誤差と、ポアンカレ球による偏波表現 内藤 出新居浜高専
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
11月26日(木) 午後  RCS 4 (オンライン会場1)
15:15 - 16:30
(34)
RCS
[変更あり]
15:15-15:40 ミリ波人体遮蔽確率と自己相関の確率幾何解析 山本高至京大)・黄 俊翔白戸裕史内田大誠北 直樹NTT
(35)
RCS
[変更あり]
15:40-16:05 鉄道における曲線区間の45GHz帯電波伝搬特性測定結果とシミュレーション評価の比較 松村善洋丹下智之西山武志JR東海)・井倉裕之荒川智樹NEC)・岩本功貴中村一城鉄道総研)・眞田幸俊慶大
(36)
RCS
[変更あり]
16:05-16:30 無線LANの伝搬チャネル状態情報を活用した物体検知システムにおける特徴量選択に関する検討
[変更あり]
千手広輝牟田 修九大)・村上友規大槻信也NTT
11月27日(金) 午前  特集セッション 5 「水中無線通信の最新動向と新領域を開拓する無線通信技術」 (オンライン会場1)
09:25 - 10:40
(37)
共通
[変更あり]
09:25-09:50 水中音響通信のためのjoint detectionによる差動OFDM 久保博嗣田中優花中井 唯久保哲朗豊田 遥山本巧尊豊田晃紀立命館大
(38)
共通
[変更あり]
09:50-10:15 時空間等化を用いた水中音響MIMO伝送の検討 福本浩之藤野洋輔中野真理菜大岩美春椿 俊光伊藤勇弥NTT
(39)
共通
[変更あり]
10:15-10:40 水中音響通信のための加速度計を用いた高次ドップラー補償技術の検討 大岩美春椿 俊光福本浩之藤野洋輔中野真理菜伊藤勇弥NTT
  10:40-10:55 休憩 ( 15分 )
11月27日(金) 午前  UWT 1 (オンライン会場1)
10:55 - 12:10
(40)
UWT
[変更あり]
10:55-11:20 海水中非接触電力伝送における近接効果の影響 岩松迪拓島崎好広稲森真美子東海大
(41)
UWT
[変更あり]
11:20-11:45 光ビームを用いる海中光無線給電方式 ~ 特徴,技術,課題 ~ 宮本智之東工大
(42)
UWT
[変更あり]
11:45-12:10 海中における多段式非接触伝送技術の基礎検討 石渡隼也井上朝哉海洋研究開発機構)・粟井郁雄リューテック
  12:10-13:05 休憩 ( 55分 )
11月27日(金) 午後  UWT 2 招待講演 (オンライン会場1)
13:05 - 13:55
(43)
UWT
[変更あり]
13:05-13:55 海中移動体へkW級の大電力を送る海中ワイヤレス給電に関する研究 小柳芳雄枷場亮祐江口和弘山口修一郎八木達雄川田壮一岡本克也パナソニック
  13:55-14:10 休憩 ( 15分 )
11月27日(金) 午後  UWT 3 (オンライン会場1)
14:10 - 15:00
(44)
UWT
[変更あり]
14:10-14:35 低周波電磁波による地中無線通信システム 岩波啓輔坂田電機
(45)
UWT
[変更あり]
14:35-15:00 試験設備及び試験例のご紹介 村山智希勝又勝次OST
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
11月27日(金) 午後  AP 3 (オンライン会場1)
15:15 - 16:55
(46)
A・P
[変更あり]
15:15-15:40 フルランクチャネル行列を生成する大規模MIMOアンテナOTA装置 本田和博小川晃一富山大
(47)
A・P
[変更あり]
15:40-16:05 FDTD法を用いた屋内伝搬解析の一検討 嶌田斐呂荒川祐也前山利幸拓殖大)・山本尚武菱川哲也パナソニック)・齋藤健太郎高田潤一東工大
(48)
A・P
[変更あり]
16:05-16:30 混雑したスタジアム環境における5GHz帯人体遮蔽損失特性
[変更あり]
佐々木元晴中平俊郎若尾佳佑守山貴庸NTT
[変更あり]
(49)
A・P
[変更あり]
16:30-16:55 ミリ波Intra-Clusterチャネルモデルを用いた屋内伝送性能評価 山川慧士新保 啓・○金 ミンソク新潟大

講演時間
一般講演(RCS)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(AP)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 有馬 卓司(東京農工大)
E-: _-cry 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩渕 匡史 (NTT)
E-:r_- 
UWT 水中無線技術研究会(UWT)   [今後の予定はこちら]
問合先 石井望(新潟大)、滝沢賢一(NICT)
E-:uwt-n 


Last modified: 2020-10-15 17:02:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [UWT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会