電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


サービスコンピューティング研究会(SC) [schedule] [select]
専門委員長 Incheon Paik (会津大)
副委員長 中村 匡秀 (神戸大)
幹事 細野 繁 (NEC), 田仲 正弘 (NICT)

日時 2017年11月 2日(木) 11:00 - 17:00
議題 「IoTによるサービスイノベーション」および一般 
会場名 京都大学(KRP拠点) 
住所 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館5階
交通案内 JR丹波口駅から徒歩10分
http://www.design.kyoto-u.ac.jp/facilities/de_inn_center/
会場世話人
連絡先
デザイン学ユニット 村上陽平
075-874-2963
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

  11:00-11:10 開会の挨拶 ( 10分 )
11月2日(木) 午前  サービスコンピューティング一般
座長: 中村匡秀(神戸大)
11:10 - 12:00
(1) 11:10-11:35 Webフロントエンド開発者のためのユーザ参加型エラー収集システムの提案 SC2017-23 山本将弘柗本真佑楠本真二阪大
(2) 11:35-12:00 連邦制運営の拡大のためのサービス基盤連携モデル SC2017-24 中口孝雄京都情報大)・村上陽平林 冬惠石田 亨京大
  12:00-13:00 休憩 ( 60分 )
11月2日(木) 午後  IoT
座長: 村上陽平(京大)
13:00 - 14:15
(3) 13:00-13:25 人とエレベータの協調動作を促すIoTシステムの提案 SC2017-25 會田詩織長谷川治久日本女子大
(4) 13:25-13:50 オープンIoTに向けたヘテロリソースの最適化検討 SC2017-26 山登庸次干川尚人野口博史出水達也片岡 操NTT
(5) 13:50-14:15 IoT時代のサービスデザインの視点とアプローチ ~ システム構築とオープンイノベーションを繋ぐもの ~ SC2017-27 菊地伸治会津大)・細野 繁首都大東京/NEC
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
11月2日(木) 午後  サービスイノベーション
座長: 林 冬惠(京大)
14:30 - 15:45
(6) 14:30-14:55 位置情報システムにおける車載端末のリモート管理手法の検討 SC2017-28 西澤 巧高橋 徹山田耕嗣阪産大
(7) 14:55-15:20 在宅認知症カウンセリングシステムのための利用者の年代に応じた対話生成 SC2017-29 榊原誠司佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清千葉労災病院
(8) 15:20-15:45 ツーリズムサービスポートフォリオを用いた地域データ流通 ~ 京都における実態調査の考察 ~ SC2017-30 笠原秀一飯山将晃美濃導彦京大
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
11月2日(木) 午後  招待講演
座長: 村上陽平(京大)
16:00 - 17:00
(9) 16:00-17:00 [招待講演] 闘いとしてのサービス: 相互主観性の視座とそのデザインへの含意
山内 裕(京大)
アブスト:既存のサービス理論は主客分離を前提として組み立てられており、顧客満足度や主観的な価値判断を中心に据えている。この考え方では説明できないサービスの事象も多く、新しい理論的視座が求められている。本研究では相互主観性の視座により主客分離を乗り越えた上で、新しいサービスの理論を組み立てる。そのため、東京の鮨屋などにおけるエスノメソドロジー分析を紹介し、具体的な事例を基に議論を進める。この理論的視座を踏まえて、サービスのデザインをどのように考えるべきかを議論する。
  17:00-17:10 閉会の挨拶 ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SC サービスコンピューティング研究会(SC)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2017-10-30 10:36:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会