電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 鯵坂 恒夫 (和歌山大)
副委員長 関 浩之 (奈良先端大)
幹事 満田 成紀 (和歌山大), 草刈 圭一朗 (名大)

日時 2008年10月16日(木) 13:20 - 18:20
2008年10月17日(金) 09:20 - 12:00
議題 一般 
会場名 山梨大学 甲府キャンパス 情報メディア館5階 マルチメディア多目的ホール 
住所 〒400-8510 甲府市武田4-4-37
交通案内 JR甲府駅北口バス停(3番乗場)より「武田神社」または「積翠寺」行き約5分,「山梨大学」下車.または甲府駅北口より武田通りを北上,徒歩約15分
http://www.ipc.yamanashi.ac.jp/map/campus_map.html
会場世話人
連絡先
山梨大学大学院医学工学総合研究部 郷 健太郎
お知らせ ◎初日の研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加下さい.参加希望の方は次の懇親会案内のページでの予約をお願いします.http://sdlab.sys.wakayama-u.ac.jp/ss/konshin/?id=0810

10月16日(木) 午後 
13:20 - 18:20
(1) 13:20-13:50 情報システムが観測すべき事象に基づく要求割付手法の課題 服部 昇NTTデータ/和歌山大)・山本修一郎NTTデータ)・鯵坂恒夫和歌山大
(2) 13:50-14:20 RASを用いたソフトウェアプロダクトライン開発資産表現 服部勇祐福岡県産業・科学技術振興財団)・平川 剛芦原秀一ネットワーク応用技研)・中西恒夫九大)・北須賀輝明熊本大)・田頭茂明福田 晃九大
(3) 14:20-14:50 グラフ変換を用いたアーキテクチャ代替案選択の支援 風戸広史東工大/NTTデータ)・佐伯元司東工大
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
(4) 15:00-15:30 AspectJを用いたスレッド記述法の検討 打越智之杉山安洋日大
(5) 15:30-16:00 クライアントサイドログとファジィクラスタリングを用いたWeb検索時における推薦手法 ~ 志望大学検索時を事例として ~ 中野祥房松延拓生鯵坂恒夫和歌山大
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
(6) 16:10-16:40 部分的倍精度計算によるGPU上での反復解法の改善 藤木史朗安藤英俊鳥山孝司山梨大
(7) 16:40-17:10 GPUクラスタ上での2次元流れ場のパーティクルによる分散可視化 坂下智也安藤英俊鳥山孝司山梨大
  17:10-17:20 休憩 ( 10分 )
(8) 17:20-18:20 [招待講演]ユーザビリティの定義に基づくシナリオ表現
○郷健太郎(山梨大)
10月17日(金) 午前 
09:20 - 12:00
(9) 09:20-09:50 コードクローンの長さとソフトウェア信頼性の関係の分析 左藤裕紀亀井靖高上野秀剛門田暁人川口真司名倉正剛松本健一飯田 元奈良先端大
(10) 09:50-10:20 識別子の名前の変更を追跡する手法の提案 神谷年洋産総研
(11) 10:20-10:50 プログラム自動可視化ツールAvisにおける実行パスの3次元表示手法の提案 徳永友樹喜多義弘片山徹郎宮崎大
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
(12) 11:00-11:30 ビットエラー通信路におけるスケーラブルCANの動作解析 鵜飼謙児坂部俊樹高田広章倉地 亮酒井正彦草刈圭一朗西田直樹名大
(13) 11:30-12:00 ネットワークアクセスの個人特徴量を利用した侵入検知 渡邊俊介山梨大

講演時間
一般講演(30)発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演(60)発表 45 分 + 質疑応答 15 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 満田成紀(和歌山大)
TEL 073-457-8433
FAX 073-457-8434
E-: n-u 
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://sdlab.sys.wakayama-u.ac.jp/ss/


Last modified: 2008-10-08 14:55:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会