お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のUS研究会 / 次のUS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


超音波研究会(US) [schedule] [select]
専門委員長 蜂屋 弘之 (東工大)
副委員長 山田 晃 (東京農工大), 金井 浩 (東北大)
幹事 竹内 真一 (桐蔭横浜大), 土屋 隆生 (同志社大)
幹事補佐 三浦 光 (日大)

日時 2010年 8月30日(月) 13:00 - 17:50
議題 水中音響
(共催:海洋音響学会) 
会場名 海上保安庁 海洋情報部7F大会議室 
住所 〒104-0045 東京都中央区築地5-3-1
交通案内 都営地下鉄大江戸線 「築地市場」駅下車 徒歩1分,営団地下鉄日比谷線「東銀座」駅下車 徒歩7分,JR「新橋」駅下車徒歩 15分,朝日新聞東京本社ビル隣
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/map.html
会場世話人
連絡先
海洋情報部海洋情報課 長屋好治
03-3541-3818
他の共催 ◆日本音響学会;超音波研究委員会, 海洋音響学会, IEEE UFFC Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎見学会終了後,懇親会を予定しています。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

8月30日(月) 午後 
13:00 - 17:50
(1) 13:00-13:30 粒状海底堆積物の高周波域における負音速分散および減衰特性 US2010-42 木村正雄多孔体音響研
(2) 13:30-14:00 二酸化炭素に起因する海洋酸性化による音波伝搬損失への影響 US2010-43 土屋利雄海洋研究開発機構/東京海洋大
(3) 14:00-14:30 横須賀走水港におけるインパルス性生物雑音の音源測位 US2010-44 加田春樹淡路圭祐新里幸宏上村清二森 和義小笠原英子中村敏明防衛大
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
(4) 14:40-15:10 GPS/音響測距結合方式による海底地殻変動観測の現状と課題 US2010-45 石川直史佐藤まりこ齋藤宏彰海上保安庁)・望月将志浅田 昭東大
(5) 15:10-15:40 海中ロボットと海底ケーブルを利用する海底地殻変動観測システムの開発 US2010-46 望月将志浅田 昭浦 環東大)・浅川賢一海洋研究開発機構)・藤田雅之佐藤まりこ海上保安庁
(6) 15:40-16:10 琵琶湖における音速プロファイルの検討 ~ 水温躍層と冬季の音速計測 ~ US2010-47 北村暁晴渡辺好章同志社大
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
(7) 16:20-17:50 見学会

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
US 超音波研究会(US)   [今後の予定はこちら]
問合先 土屋隆生(同志社大)
TEL/FAX: 0774-65-6638
e-: tys
竹内真一(桐蔭横浜大)
TEL: 045-972-5881/FAX: 045-972-5972
e-: n1ccin 
お知らせ ◎最新の情報はホームページでご確認ください。
http://www.ieice.org/~us


Last modified: 2010-06-23 16:49:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[US研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のUS研究会 / 次のUS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会