電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 木村 光宏 (法政大)
副委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 マラット ザニケエフ (九工大), 田村 信幸 (法政大)

日時 2014年11月20日(木) 13:45 - 16:25
議題 半導体と電子デバイスの信頼性,信頼性一般 
会場名 大阪中央電気倶楽部 
住所 大阪市北区堂島浜2丁目1番25号
交通案内 大阪駅より徒歩12分,JR北新地駅より7分 ○地下鉄四つ橋線西梅田駅より6分ほか
http://www.chuodenki-club.or.jp/
会場世話人
連絡先
杉谷全令 (オムロン(株))
06-6345-6351
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter,日本信頼性学会関西支部 共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月20日(木) 午後 
13:45 - 16:25
(1) 13:45-14:10 マルコフ連鎖モデルによる半導体素子劣化・寿命予測 R2014-61 桃田 快遠藤幸一御堂義博三浦克介中前幸治阪大
(2) 14:10-14:35 ベイズに基づく劣化進行データの信頼性解析 貝瀬 徹兵庫県立大
(3) 14:35-15:00 確率微分方程式に基づく劣化過程の信頼性解析 貝瀬 徹兵庫県立大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
(4) 15:10-15:35 最尤推定法に基づくセラミックコンデンサの電圧加速モデルの選択 R2014-62 松岡敏成三菱電機
(5) 15:35-16:00 結露試験に関する再現性の課題と微小結露試験による評価方法 R2014-63 西原麻友子林沼一博村田製作所
(6) 16:00-16:25 微摺動摩耗試験の一考察 R2014-64 伊藤貞則イトケン事務所

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 安里 彰(富士通)
E-: a 


Last modified: 2014-09-21 22:12:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会