電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 登内 敏夫 (NEC)
副委員長 中川 学 (NTTコミュニケーションズ), 野村 祐士 (富士通研)
幹事 高橋 英士 (NEC), 村田 政雄 (富士通)
幹事補佐 服部 雅晴 (KDDI研)

日時 2016年 7月 7日(木) 13:10 - 17:00
2016年 7月 8日(金) 09:15 - 12:00
議題 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
会場名 小樽市観光物産プラザ 多目的ギャラリー 
住所 〒047-0031 小樽市色内2丁目1番20号
交通案内 JR小樽駅から徒歩10分
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/kankobussan_plaza/
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ICM研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月7日(木) 午後  セッション 1
座長: 野村 祐士(富士通研究所)
13:10 - 14:10
(1) 13:10-13:30 [奨励講演]スループット履歴に基づく高信頼且つ省電力映像配信を実現するバッファ制御 竹中幸子金井謙治甲藤二郎早大)・村瀬 勉名大
(2) 13:30-13:50 LTE端末の受信電力に基づく利用可能帯域推定 高橋英士小林航生鈴木敬之大西健夫里田浩三NEC
(3) 13:50-14:10 仮想化環境におけるパケット処理性能改善手法に関する一考察 吉田英達中村 亘富士通九州ネットワークテクノロジーズ
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
7月7日(木) 午後  セッション 2
座長: 弘田 武志(NTTコムウェア)
14:25 - 15:25
(4) 14:25-14:45 管理対象外ネットワークのパケット廃棄検知手法の一検討 古谷信司大松史生三菱電機
(5) 14:45-15:05 マルチレイヤトランスポートネットワークにおけるパス収容設計エンジンの開発 門畑顕博犬塚史一川上 弥渡辺 篤手島光啓東條 弘NTT
(6) 15:05-15:25 故障対応の把握に向けた作業ログにおける複数の対処分岐点の特定 渡邉 暁松尾洋一渡辺敬志郎石橋圭介川原亮一NTT
  15:25-15:40 休憩 ( 15分 )
7月7日(木) 午後  セッション 3
座長: 井上 晃(NTT)
15:40 - 17:00
(7) 15:40-16:00 Datalogを利用したネットワーク設定変更手順生成 山崎智史登内敏夫NEC)・田辺良則鶴見大
(8) 16:00-16:20 自動構築スクリプトにおける可逆性を担保した記述モデルの提案と実装 神谷法正沼田晋作橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズ
(9) 16:20-16:40 自動構築スクリプトを用いた構成管理情報によるシステムの変更管理に関する一考察 沼田晋作神谷法正橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズ
(10) 16:40-17:00 データの地理的分散管理のための分散KVS冗長化手法 松田一仁福山訓行富士通研
7月8日(金) 午前  セッション 4
座長: 吉武 浩(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
09:15 - 10:15
(11) 09:15-09:35 アノテーション技術への分散処理適用に関する検討 土川公雄増田 健西川健一足立洋之井上 晃丸山 勉NTT
(12) 09:35-09:55 Webベースの業務システムのユーザインタフェース拡張方式 西川健一増田 健足立洋之土川公雄井上 晃丸山 勉NTT
(13) 09:55-10:15 OpenStackプライベートクラウドによる大規模OSSの商用展開 岸川雄紀石居健太郎吉村一寿中村 修古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジ
  10:15-10:30 休憩 ( 15分 )
7月8日(金) 午前  セッション 5
座長: 登内 敏夫(NEC)
10:30 - 12:00
(14) 10:30-11:00 [特別講演]OpenStack Summit Austin 2016 における運用管理のホットトピック 繁田聡一鈴木和宏富士通研
(15) 11:00-11:30 [招待講演]IoT時代に向けたモバイルネットワークアーキテクチャの方向性とコンテキストアウェア制御技術 岩井孝法小泉清一NEC
(16) 11:30-12:00 [招待講演]北海道大学におけるアカデミッククラウドシステムのマネジメント 棟朝雅晴北大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
奨励講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
特別講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2016-06-30 15:57:21


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会