電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 村田 英一 (京大)
副委員長 田野 哲 (岡山大), 眞田 幸俊 (慶大), 福田 英輔 (富士通研)
幹事 旦代 智哉 (東芝), 須山 聡 (NTTドコモ)
幹事補佐 山本 哲矢 (パナソニック), 西村 寿彦 (北大), 石原 浩一 (NTT), 村岡 一志 (NEC), 衣斐 信介 (阪大)

日時 2016年 6月22日(水) 13:30 - 16:55
2016年 6月23日(木) 09:00 - 17:30
2016年 6月24日(金) 09:00 - 16:40
議題 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
会場名 琉球大学 工学部 大会議室 (2号館) 
住所 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
交通案内 那覇空港より高速バスで約45分,琉大入口下車 または那覇バスターミナルより路線バスで約50分,琉大北口下車
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html
会場世話人
連絡先
琉球大学工学部電気電子工学科 齋藤将人
お知らせ ◎研究会2日目終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.

6月22日(水) 午後  RCS1
座長: 福田 英輔 (富士通研)
13:30 - 15:10
(1) 13:30-13:55 HF帯用広帯域可変バンドパスフィルタの試作と評価 千葉 隆横野 聡山下和郎日本無線
(2) 13:55-14:20 5.6GHz帯空間分割マルチチャネルWi-Fiシステム 松浦一樹太田喜元藤井輝也ソフトバンク
(3) 14:20-14:45 Evaluation on Doppler Spread Based Mobile Terminal Velocity Detection Using Practical Radio Propagation Data in Presence of Moving Scatterers Sourabh MaitiManabu MikamiKenji HoshinoSoftbank
(4) 14:45-15:10 複数基地局間協調送信制御を用いたハンドオーバ性能向上に関する検討 緒方大悟金沢 昇長手厚史ソフトバンク
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
6月22日(水) 午後  RCS2
座長: 旦代 智哉 (東芝)
15:20 - 16:35
(5) 15:20-15:45 IEEE802.11axのアップリンクマルチユーザに向けたSTA始動MACプロトコルの提案 宮本卓真杉山雄一上井竜己長尾勇平ラナンテ レオナルド Jr.尾知 博九工大
(6) 15:45-16:10 高度化C-RANにおけるCCの割り当て制御法に関する一提案 佐竹 孝NTT
(7) 16:10-16:35 利用サービス特性を考慮したマルチドメイン無線リソース制御の検討 岸田 朗小泉大輔森広芳文浅井孝浩NTTドコモ
6月22日(水) 午後  Expressセッション
座長: 旦代 智哉 (東芝)
16:35 - 16:55
(8) 16:35-16:55 Evaluation on using Common Channel and Group Channel in D2D Networks Huan-Bang LiRyu MiuraKojima FumihideNICT
6月23日(木) 午前  初めての研究会 プレゼン1
座長: 須山 聡 (NTTドコモ)
09:00 - 10:10
(9) 09:00-09:10 Faster-than-Nyquistにおける確率伝搬法を用いた干渉除去の検討 木原光太郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
(10) 09:10-09:20 大規模MIMO有相関通信路における確率伝搬法のための事前情報の正規化に関する一検討 高橋拓海衣斐信介阪大)・大鐘武雄北大)・三瓶政一阪大
(11) 09:20-09:30 符号化大規模MIMO空間多重における干渉除去を適用した低演算信号検出に関する研究 濱 優人落合秀樹横浜国大
(12) 09:30-09:40 Massive MIMOにおけるホタルアルゴリズムを用いたビームフォーミング制御の一検討 山中貴司樋口健一東京理科大
(13) 09:40-09:50 繰り返し時間領域MIMOチャネル状態情報圧縮法における補間ベクトルの初期設定法 尾関真人樋口健一東京理科大
(14) 09:50-10:00 Massive MIMOにおけるチャネル予測および差分量子化を用いた主成分分析によるチャネル圧縮手法 長嶋 嶺大槻知明慶大)・姜 聞杰鷹取泰司中川匡夫NTT
(15) 10:00-10:10 インパルス応答推定に基づくチャネル予測手法に関する検討 奥村香菜子小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
  10:10-10:20 休憩 ( 10分 )
6月23日(木) 午後  初めての研究会 プレゼン2
座長: 石原 浩一 (NTT)
10:20 - 11:40
(16) 10:20-10:30 多値変調カオスMIMO伝送方式への外部符号連接による特性改善の検討 堀池直登岡本英二名工大
(17) 10:30-10:40 MU-MIMO-OFDM THPにおける周波数相関を用いたオーダリング計算コスト削減に関する検討 蛭間信博丸小倫己早大)・留場宏道小野寺 毅シャープ)・前原文明早大
(18) 10:40-10:50 反復符号を用いた過負荷MIMOシステムにおけるアンテナ選択の有無による特性比較 任 泰範松岡 輝眞田幸俊慶大
(19) 10:50-11:00 Ricianフェージング環境におけるターボ符号とプレコーディング係数を用いた過負荷MIMOシステムの特性検討 宮城裕一眞田幸俊慶大
(20) 11:00-11:10 直交符号によるユーザ間信号分離を用いた過負荷MIMOシステムの検討 中原 慧眞田幸俊慶大
(21) 11:10-11:20 非直交多元接続方式(NOMA)への符号分割多重(CDM)適用による性能改善 北川博規岡本英二名工大
(22) 11:20-11:30 小容量データ通信の大規模空間分割多元接続のためのターボ等化に関する一検討 寺本弦生衣斐信介三瓶政一阪大
(23) 11:30-11:40 BLEのための独立成分分析を用いた信号分離に関する一検討 瀧川将弘衣斐信介三瓶政一阪大
  11:40-12:40 昼食 ( 60分 )
6月23日(木) 午後  初めての研究会 ポスター1
12:40 - 14:10
  - 初めての研究会プレゼン1とプレゼン2の計15件の御講演に関しまして,ポスター講演を行って頂きます.
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
6月23日(木) 午後  RCS3
座長: 大槻 知明 (慶大)
14:25 - 16:30
(24) 14:25-14:50 15 GHz帯を用いた5G無線アクセスの屋内環境におけるビームトラッキング特性の実験的評価 立石貴一栗田大輔原田 篤岸山祥久NTTドコモ
(25) 14:50-15:15 屋内人体密集環境下における26GHz帯伝送特性の実験的検討 岩渕匡史新宅俊之菅 瑞紀鬼沢 武阪田 徹中津川征士NTT
(26) 15:15-15:40 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOのSU-MIMO時のアンテナ構成検討 中川兼治井浦裕貴内田 繁岡崎彰浩岡村 敦三菱電機
(27) 15:40-16:05 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOの実現に向けた非線形ブロック多重対角化プリコーディングの移動環境における伝送特性 井浦裕貴平 明徳西本 浩内田 繁岡崎彰浩岡村 敦三菱電機
(28) 16:05-16:30 第5世代移動通信システム実現に向けた分散アンテナ協調信号伝送と送信電力ピーク低減 安達文幸熊谷慎也宮崎寛之アムナート ブンカジャイ関 裕太齋藤智之東北大
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
6月23日(木) 午後  招待講演
座長: 村田 英一 (京大)
16:40 - 17:30
(29) 16:40-17:30 [招待講演]周期的にアンテナパターンが変動するアンテナを用いた受信ダイバーシチ及びMIMO受信方式に関する研究 齋藤将人琉球大
6月24日(金) 午前  初めての研究会 プレゼン3
座長: 村岡 一志 (NEC)
09:00 - 10:10
(30) 09:00-09:10 路車間通信のための省電力分散符号化ランダムスリープ方式 後藤勇輝尾形 駿石橋功至電通大)・平山泰弘中田恒夫デンソー
(31) 09:10-09:20 システムスループット観測値に基づく基地局ON/OFF制御法のアルゴリズム改善の検討 氏家 彪樋口健一東京理科大
(32) 09:20-09:30 システムスループット観測値に基づく基地局ON/OFF制御法における基地局間情報交換に関する一検討 高橋浩亮樋口健一東京理科大
(33) 09:30-09:40 ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく適応送信電力制御法の検討 斉藤隆太樋口健一東京理科大
(34) 09:40-09:50 システムスループット最大化を実現する適応接続セル選択法の高速化に関する一検討 福原 翔樋口健一東京理科大
(35) 09:50-10:00 LTEにおけるQoEとシステムスループットを考慮した無線資源配分アルゴリズム 堀 啓洋大槻知明慶大
(36) 10:00-10:10 Potential Game Based Distributed Channel Selection for Starvation Mitigation in WLANs Bo YinShotaro KamiyaKoji YamamotoKyoto Univ.)・Hirantha AbeysekeraNTT
  10:10-10:20 休憩 ( 10分 )
6月24日(金) 午後  初めての研究会 プレゼン4
座長: 西村 寿彦 (北大)
10:20 - 11:30
(37) 10:20-10:30 トレリスシェイピングを適用したOFDM信号に対するクリッピングに基づく低演算ピーク電力低減手法の検討 渡邉順也落合秀樹横浜国大
(38) 10:30-10:40 アナログシングルキャリア周波数領域等化(SC-FDE)を用いた画像伝送に関する一検討 船木洋晃アムナート ブンカジャイ安達文幸阿部正英東北大
(39) 10:40-10:50 UF-OFDMにおける耐長遅延多重波伝送方式 栗木寛斗水谷圭一原田博司京大
(40) 10:50-11:00 帯域幅の異なるサブキャリアを適用したGFDMの提案 赤井雄太圓城寺優香眞田幸俊慶大
(41) 11:00-11:10 自フロー内干渉キャンセラを用いたダイナミックマルチホップネットワークの特性解析 砂田勇介山尾 泰電通大
(42) 11:10-11:20 物理量変換一括収集法におけるブラインドシリアル干渉キャンセラによる信号分離法 酒井健宏折内皆人田久 修信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大
(43) 11:20-11:30 PLNC無線通信システムにおける低信頼中継局によるCSI偽装への対策 白崎裕介田久 修信州大)・藤井威生電通大)・大槻知明慶大)・笹森文仁半田志郎信州大
  11:30-12:30 昼食 ( 60分 )
6月24日(金) 午後  初めての研究会 ポスター2
12:30 - 14:00
  - 初めての研究会プレゼン3とプレゼン4の計14件の御講演に関しまして,ポスター講演を行って頂きます.
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
6月24日(金) 午後  RCS4
座長: 樋口健一 (東京理科大)
14:15 - 16:40
(44) 14:15-14:40 符号化フレームレスALOHAの次数分布最適化 尾形 駿石橋功至電通大
(45) 14:40-15:05 PPP based cellular networks analysis combining multiple channel models He ZhuangTomoaki OhtsukiKeio Univ.
(46) 15:05-15:30 無線LANにおける送信電力・キャリア検出閾値反比例設定の解析 ~ 単一局の設定によるスループット改善効果 ~ 山本高至京大)・アベセカラ ヒランタNTT
(47) 15:30-15:55 ミリ波5Gにおけるアクセス回線とバックホールの同時最適化に関する研究 小川弘顕下平英和Gia Khanh Tran東工大)・阪口 啓東工大/Fraunhofer HHI)・Thomas HausteinFraunhofer HHI
(48) 15:55-16:20 Energy- and Spectral-Efficiency Tradeoff in HetNet with Non-Uniform BS and UE distribution Abolfazl MehbodniyaRintaro YoneyaFumiyuki AdachiTohoku Univ.
  - 初めての研究会 表彰式

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(初めての研究会)発表 10 分 + 質疑応答 0 分
一般講演(Expressセッション)発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 山本 哲矢 (パナソニック)
E-:r_- 


Last modified: 2016-06-22 14:57:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会