電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 速水 悟 (岐阜大)
副委員長 河井 恒 (KDDI研)
幹事 森 大毅 (宇都宮大), 鈴木 基之 (阪工大)
幹事補佐 藤本 雅清 (NTT), 大谷 大和 (東芝)

日時 2013年 2月28日(木) 13:10 - 17:00
2013年 3月 1日(金) 10:30 - 17:00
議題 音声アプリケーション,一般 
会場名 大同大学 滝春キャンパス 
住所 〒457-8530 名古屋市南区滝春町10番地3
交通案内 http://www.daido-it.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
情報学部 柘植 覚 先生
お知らせ ◎研究奨励賞対象者の発表は (2), (3), (4), (7), (8), (9), (12) です。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

2月28日(木) 午後  一般講演
13:10 - 14:40
(1) 13:10-13:40 日本語韻律教育の支援を目的としたオンラインアクセント辞書と読み上げチューターの開発 SP2012-115 峯松信明中村新芽鈴木雅之東大)・平野宏子吉林外学院)・中川千恵子早大)・中村則子慶大)・田川恭識早大)・橋本浩弥廣瀬啓吉東大
(2) 13:40-14:10 Speaker-based pronunciation clustering of World Englishes based on pronunciation structure analysis SP2012-116 Han-Ping ShenNational Cheng Kung Univ.)・Nobuaki MinematsuUniv. of Tokyo)・Steven WeinbergerGeorge Mason Univ.)・Takehiko MakinoChuo Univ.)・Josef NovakTeeraphon PongkittiphanUniv. of Tokyo)・Chung-Hsien WuNational Cheng Kung Univ.
(3) 14:10-14:40 識別モデルを用いた英語文発声からの強勢自動検出 SP2012-117 加藤集平鈴木雅之峯松信明広瀬啓吉東大)・山内 豊東京国際大)・西川 惠東海大
  14:40-15:00 休憩 ( 20分 )
2月28日(木) 午前  学生ポスターセッション
15:00 - 16:30
(4) 15:00-16:30 [ポスター講演]二項事後分布の継承とW-B平滑化に基づく音声認識のための言語モデル SP2012-118 吉田正太郎川端 豪関西学院大
(5) 15:00-16:30 [ポスター講演]文末表現の違いを考慮した感情音声合成 SP2012-119 幸 孝明鈴木基之阪工大
(6) 15:00-16:30 [ポスター講演]スーパーベクトルとSVRに基づくMtF話者のための女声度推定 SP2012-120 王 程碩鈴木雅之峯松信明東大)・櫻庭京子獨協医科大病院)・広瀬啓吉東大
(7) 15:00-16:30 [ポスター講演]対話音声合成の自然性とパラ言語情報の可制御性に対する話者正規化学習の効果 SP2012-121 高橋俊介森 大毅宇都宮大
(8) 15:00-16:30 [ポスター講演]拍位置を考慮した和音bi-gramに基づく和声推定 SP2012-122 平内雄基森 大毅宇都宮大
(9) 15:00-16:30 [ポスター講演]自己相関係数を韻律特徴量としたアクセント型の識別 SP2012-123 大西悠介中井 満富山県立大
(10) 15:00-16:30 [ポスター講演]マルチモーダル音声区間検出における識別手法の比較に関する研究 SP2012-124 奥田博也田村哲嗣速水 悟岐阜大
(11) 15:00-16:30 [ポスター講演]ATR音声データベースセットCの文音声の個人性類似度 SP2012-125 川元広樹北村達也甲南大
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
2月28日(木) 午後 
16:40 - 17:00
  - 学生ポスター賞 表彰式
3月1日(金) 午前  オーガナイズドセッション (一般講演)
10:30 - 12:00
(12) 10:30-11:00 エージェントによるユーザ特性の把握が愛着感に与える影響 SP2012-126 小川義人原田花歩菊池英明早大
(13) 11:00-11:30 Automatic Speech Emotion Recognition Based on Dimensional Approach SP2012-127 Reda ElbarougyMasato AkagiJAIST
(14) 11:30-12:00 Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model SP2012-128 Xiao YaoNagoya Univ.)・Takatoshi JitsuhiroAichi Univ. of Tech./Nagoya Univ.)・Chiyomi MiyajimaNorihide KitaokaKazuya TakedaNagoya Univ.
  12:00-13:20 昼食 ( 80分 )
3月1日(金) 午後  フェロー記念講演
13:20 - 14:20
(15) 13:20-14:20 [フェロー記念講演]大規模コーパスを利用した信号処理の研究 SP2012-129 武田一哉名大
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
3月1日(金) 午後  オーガナイズドセッション (招待講演)
14:40 - 15:40
(16) 14:40-15:40 [招待講演]非言語情報を基にした過信状態の検出 ~ 振り込め詐欺誘引通話の検出 ~ SP2012-130 松尾直司早川昭二原田将治富士通)・武田一哉名大)・降籏喜和男警察庁
  15:40-16:00 休憩 ( 20分 )
3月1日(金) 午後  オーガナイズドセッション (パネルディスカッション)
16:00 - 17:00
(17) 16:00-17:00 話者認識技術の現状と課題 SP2012-131 網野加苗科警研)・石原俊一オーストラリア国大)・小川哲司早大)・長内 隆科警研)・黒岩眞吾千葉大)・越仲孝文NEC)・篠田浩一東工大)・柘植 覚大同大)・西田昌史同志社大)・松井知子統計数理研)・王 龍標長岡技科大

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先 鈴木基之(大阪工業大学)
m 


Last modified: 2012-12-22 18:29:25


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会