電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のIT研究会 / 次のIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 植松 友彦 (東工大)
副委員長 鎌部 浩 (岐阜大)
幹事 栗原 正純 (電通大), 桑門 秀典 (神戸大)
幹事補佐 吉川 英機 (東北学院大)

日時 2009年 7月23日(木) 10:30 - 17:35
2009年 7月24日(金) 10:30 - 17:30
議題 フレッシュマンセッション,一般 
会場名 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
住所 〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階 (ホテル阪急インターナショナルと同じビル)
交通案内 阪急梅田駅 茶屋町口改札口より 北へ徒歩5分。 JR大阪駅 御堂筋口より北へ徒歩10分。(ホテル阪急インターナショナルと同じビル.エレベータはオフィスエリア用のものをご利用ください.両日とも大阪梅田キャンパスの開室は 10:00 で,それ以前はエレベータは14階に停止しませんので,ご注意願います)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/
会場世話人
連絡先
関西学院大学 理工学部 情報科学科 井坂元彦
079-565-7952, (当日 06-6485-5611:大阪梅田キャンパス事務室)
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎初日(7/23)研究会終了後、懇親会を予定しておりますので、ご参加下さい。
◎関西学院大学 大阪梅田キャンパス: http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/index.html
◎JR大阪駅からのルートの一例:http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.70305984&lon=135.50075505&sc=3&mode=map&pointer=on&home=on&hlat=34.69718278&hlon=135.49787&fa=rs&ei=utf-8&rsn0=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E6%A2%85%E7%94%B0%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE&lat0=34.70001627245081&lon0=135.49968214400627&rsn1=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E8%8C%B6%E5%B1%8B%E7%94%BA&lat1=34.7052077100891&lon1=135.50141646587735&distance=728&tm=9

7月23日(木) 午前  フレッシュマンセッション
10:30 - 12:10
(1) 10:30-10:55 FTMゲートを用いた量子離散フーリエ変換の定式化について 佐藤弘基渡邉 昇東京理科大
(2) 10:55-11:20 光雑音チャネルを含む量子制御通信過程における情報伝送の効率について 米田量昭渡邉 昇東京理科大
(3) 11:20-11:45 2量子ビット系に対する量子誤り訂正について 吉住茂朗浅野真誠入山聖史大矢雅則東京理科大
(4) 11:45-12:10 一般化した4体クラスター状態におけるエンタングルメントの解析 秋山真也田中芳治浅野真誠大矢雅則東京理科大
  12:10-13:30 昼食 ( 80分 )
7月23日(木) 午後  フレッシュマンセッション
13:30 - 15:35
(5) 13:30-13:55 一般化LDPC符号に対する部分符号の構造を利用した効率的な符号化法 寺本賢一細谷 剛後藤正幸平澤茂一早大
(6) 13:55-14:20 メッセージ伝播型復号法に効果的な非正則LDPC符号の構成法と復号順序の決定法 谷口祐樹細谷 剛後藤正幸平澤茂一早大
(7) 14:20-14:45 連接符号における軟判定繰り返し復号器の装置化 阿部遼平山口和彦電通大)・阿津勝博小池清之東京高専
(8) 14:45-15:10 Robust Audio Data Hiding Based on Information Dispersal in Wavelet Domain Sandra Hernandez-GarayNational Polytechnic Inst.)・Raul Martinez-NoriegaUniv. of Electro-Comm.)・Ruben Vazquez-MedinaNational Polytechnic Inst.)・Kazuhiko YamaguchiUniv. of Electro-Comm.
(9) 15:10-15:35 静止画の輝度値または周波数領域へ透かし情報を埋め込む形式の電子透かしに対するJPEG圧縮攻撃に関する性能評価と考察 升野哲志日下卓也岡山大)・藤原 融阪大
  15:35-15:45 休憩 ( 10分 )
7月23日(木) 午後  一般セッション
15:45 - 16:35
(10) 15:45-16:10 On Random Construction of Bipolar Sensing Matrix with Compact Representation Tadashi WadayamaNagoya Inst. of Tech.
(11) 16:10-16:35 Joint Design of Network and Channel Coding for Multiple-Access Relay Channel Guanghui SongDoshisha Univ.)・Ying LiXidian Univ.)・Jun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
7月23日(木) 午後  招待講演
16:45 - 17:35
(12) 16:45-17:35 [招待講演]Golay Complementary Sets, Complete Complementary Codes, Reed-Muller Codes, and Applications Chi-chao ChaoChao-Yu ChenNational Tsing Hua Univ.)・Chung-Hsuan WangNational Chiao Tung Univ.
7月24日(金) 午後  フレッシュマンセッション
10:30 - 12:10
(13) 10:30-10:55 完全相補系列を用いたCDMAシステムにおける受信アルゴリズムの改良 黛 龍輔小嶋徹也東京高専
(14) 10:55-11:20 凸最適化を用いた同期CDMA方式におけるマルチユーザ検出法 伊藤慎吾和田山 正内匠 逸名工大
(15) 11:20-11:45 T-codeの再帰的構造に基づく新しい辞書式データ圧縮アルゴリズム 濱野健二山本博資東大
(16) 11:45-12:10 2次元ランダム配置センサネットワークにおける多数決判定に関する考察 西野和貴谷 真治岡 育生阿多信吾阪市大
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
7月24日(金) 午前  一般セッション
13:00 - 17:30
(17) 13:00-13:25 AWGN通信路の通信路容量に迫る符号化と変調に関する一検討 小川陽平本間功朗井坂元彦関西学院大
(18) 13:25-13:50 A Two Party Protocol Based on Additive Continuous Noisy Chanenls Kazuaki HattoriSeiya KawataMotohiko IsakaKwansei Gakuin Univ.
(19) 13:50-14:15 On Unconditional Security from the Gaussian Channel Seiya KawataKazuaki HattoriMotohiko IsakaKwansei Gakuin Univ.
(20) 14:15-14:40 Exponential evaluations in universal random privacy amplification Masahito HayashiTohoku Univ.
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(21) 14:50-15:15 実数型STDMを利用した相関型電子透かし方式に関する一検討 福田翔馬小田 弘電通大
(22) 15:15-15:40 多項式補間法による強いランプ型しきい値秘密分散法 西新幹彦信州大)・滝澤克則鈴木
(23) 15:40-16:05 量子アルゴリズムによるFeistel型暗号の安全性解析 桑門秀典森井昌克神戸大
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
(24) 16:15-16:40 ネットワークコーディングにおける代数的誤り訂正符号とその構成法 栗原正純電通大
(25) 16:40-17:05 畳込み符号の重み分布に関する一検討 吉川英機東北学院大
(26) 17:05-17:30 連接符号の信頼度関数・漸近的距離比・見逃し誤り確率について 西島利尚法政大)・常盤欣一朗阪産大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 栗原正純(電通大)
TEL 042-443-5310, FAX 042-443-5291
E-:icec
桑門秀典 (神戸大)
TEL 078-803-6091, FAX 078-803-6106
E-:be-u 


Last modified: 2009-05-22 20:05:27


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIT研究会 / 次のIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会