電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

1日目のセッション終了後に懇親会を開催いたします.奮ってご参加下さい.



ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 笹瀬 巌
副委員長 三宅 功
幹事 笠原 正治, 伊東 匡
幹事補佐 大西 浩行

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 三瓶 政一
副委員長 加藤 修, 太郎丸 真, 府川 和彦
幹事 安部田 貞行, 李 還幇
幹事補佐 岡本 英二, 松岡 秀浩

日時 2005年 7月21日(木) 09:00 - 17:40
2005年 7月22日(金) 09:00 - 17:20
議題 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信,モバイルネットワーキング,Mobile IP,一般(予定) 
会場名 岡山大学・津島キャンパス 
住所 〒700-8530 岡山市津島中三丁目1番1号
交通案内 岡山駅前から岡電バス「岡山大学・妙善寺」行に乗車、「岡大東門」、「岡大西門」又は「福居入口」で下車。
http://www.okayama-u.ac.jp/jp/access.html#tsushima
会場世話人
連絡先
通信ネットワーク工学科 横平徳美 教授
お知らせ ◎研究会初日(21日)終了後,懇親会を予定していますので奮って御参加ください.

7月21日(木) 午前  岡山大学自然科学研究科棟大講義室
09:00 - 17:40
(1)
RCS
09:00-09:20 Cyclic Approximated Min Algorithm Wataru MatsumotoLui SakaiHideo YoshidaMitsubishi Electric
(2)
RCS
09:20-09:40 多値変調対応LDPC符号構成方法及びマッピング方法 内田 繁松本 渉大塚 晃石津文雄三菱電機
(3)
RCS
09:40-10:00 LDPC符号の簡易復号法とその離散化密度発展法 ~ δ-Min復号法の離散化密度発展法による特性評価 ~ 阪井 塁松本 渉吉田英夫三菱電機
(4)
RCS
10:00-10:20 適応可変拡散率を用いるMC-CDMA HARQのスループット特性 高岡辰輔安達文幸東北大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(5)
RCS
10:35-10:55 4アンテナ受信を可能とするマルチキャリア伝送用時空間符号化送受信ダイバーシチ 留場宏道武田和晃安達文幸東北大
(6)
RCS
10:55-11:15 軟判定復号を用いたMIMOシステムにおけるマッピング法 郷内哲志東京理科大)・大槻知明慶大)・金子敏信東京理科大
(7)
RCS
11:15-11:35 Maximum Likelihood Detection with Blind Linear Prediction for Mobile Radio Communication Systems with Differential Space-Time Block Code Wanichpakdeedecha SereeKazuhiko FukawaHiroshi SuzukiSatoshi SuyamaTokyo Inst. of Tech.
(8)
RCS
11:35-11:55 Multiple Transposed Channel Matrix QR decompositions based Sphere Detection Algorithm for MLD-SDM/OFDM Chang-Jun AhnHiroshi HaradaNICT
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
(9)
NS
13:00-13:20 アプリケーションレベルマルチキャスト通信における伝送遅延モデルの一考察 永田佳範川島 潤舩曵信生中西 透岡山大
(10)
NS
13:20-13:40 アプリケーションレベルマルチキャストにおけるマルチホーム化ホスト選択アルゴリズムの提案 加藤秀明川島 潤舩曵信生中西 透岡山大
(11)
NS
13:40-14:00 アプリケーションレベルマルチキャストにおける遠隔講義のための複数経路木生成法の提案 東根 俊川島 潤舩曳信生中西 透岡山大
(12)
NS
14:00-14:20 最短木を用いるアドホックネットワーク用マルチキャストルーチングプロトコルの設計 小坂 努加藤聰彦伊藤秀一電通大)・浦野義頼早大
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
(13)
RCS
14:40-15:00 UWBおけるM-aryマルチサイクルパルス伝送方式 森永泰高石井光治生越重章香川大
(14)
RCS
15:00-15:20 Considerations on How to Extend IP-based Next Generation Mobile Networks (IP2) to a Network that could provide Fixed Telecommunications and IP-VPNs Shoji MiyaguchiShibaura Inst. of Tech.
(15)
RCS
15:20-15:40 移動通信におけるユーザ移動およびマルチメディアトラヒックのモデル化 中村祐介生越重章香川大
(16)
RCS
15:40-16:00 大型車両を基点とした車車間通信と路車間通信の融合による通信エリア拡張に関する検討 牛谷善哉今尾勝崇塚本勝俊小牧省三阪大
  16:00-16:20 休憩 ( 20分 )
(17)
NS
16:20-16:40 遅延制約を満たすモバイルマルチキャスト経路選択法 吉村匠二上野 肇阪大)・河野圭太岡山大)・木下和彦村上孝三阪大
(18)
NS
16:40-17:00 有線・無線統合ネットワークにおけるTCP性能向上のための動的ACK分割手法 仲田昌史長谷川 剛中野博隆阪大
(19)
NS
17:00-17:20 早期ACKパケットの返送によるTCPの性能改善 長田繁幸横平徳美岡山聖彦山井成良岡山大
(20)
NS
17:20-17:40 [奨励講演]認証情報を利用したセッション制御連携型転送系制御方式の通信品質への影響評価 坂谷精一大石哲矢中村秀文NTT
7月22日(金) 午前  岡山大学自然科学研究科棟大講義室
09:00 - 17:20
(21)
RCS
09:00-09:20 屋内エリア用IMT-2000ブースタ装置 伊東 悌藤本 俊皆川 晃木島 誠NTTドコモ
(22)
RCS
09:20-09:40 マルチ・キャリア・システムの電圧瞬時値の累積確率分布 大洞喜正金沢工大
(23)
RCS
09:40-10:00 クリッピングを適用したOFDM変調方式に適したReed-Solomon符号の設計 正川貴大石橋功至落合秀樹河野隆二横浜国大
(24)
RCS
10:00-10:20 センサネットワークにおけるノード消失に耐性のある時空間符号化方式 三谷航一石橋功至落合秀樹河野隆二横浜国大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(25)
NS
10:35-10:55 気付アドレスに対する可動性を提供するMobile IPv6方式の設計 村井信彰加藤聰彦伊藤秀一電通大
(26)
NS
10:55-11:15 スコアリングによる階層形Mobile IPv6の負荷分散方式 伊藤 健渥美章佳田中良明早大
(27)
NS
11:15-11:35 複数指向性アンテナを用いたセンサネットワークについて 崎山朝彦萬代雅希渡辺 尚静岡大
(28)
NS
11:35-11:55 複数シンクを用いたセンサネットワークの省電力化について ~ パケット分配送信による消費電力均衡化 ~ 鈴木孝明萬代雅希渡辺 尚静岡大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
(29)
RCS
13:00-13:20 Proposal of IEEE802.11s Layer-2 Mesh Network Architecture Hidenori AokiNTT DoCoMo)・W. Steven ConnerIntel)・Koji OmaeYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
(30)
RCS
13:20-13:40 Performance Evaluation of Layer-2 Mesh Networks
-- Technical Challenge Clarification on Conventional IEEE802.11 Standard Technology --
Koji OmaeHidenori AokiYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
(31)
RCS
13:40-14:00 Multi-Interface Oriented Radio Metric On-Demand Routing Protocol for Layer-2 Mesh Networks Shinji TakedaKengo YagyuHidenori AokiYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
(32)
RCS
14:00-14:20 Experimental Evaluation of Adaptive Contention Window Control for Layer-2 Mesh Networks Akira YamadaAtsushi FujiwaraYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(33)
RCS
14:30-14:50 EDCA Parameter Optimization for Throughput Improvement in Layer-2 Mesh Networks Atsushi FujiwaraAkira YamadaYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
(34)
RCS
14:50-15:10 Topology and Traffic Aware Channel Assignment for Layer-2 Mesh Networks Kengo YagyuAtsushi FujiwaraShinji TakedaKoji OmaeHidenori AokiYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
(35)
RCS
15:10-15:30 屋外移動環境下における5GHz帯無線LANの伝送特性 安田明弘生越重章香川大
(36)
RCS
15:30-15:50 検疫ネットワークにおけるアクセスポイント負荷分散手法の一検討 本多泰理慶大
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
(37)
NS
16:00-16:20 無線LANのアクセスポイント配置アルゴリズムの改良 野村洋平舩曵信生中西 透岡山大
(38)
NS
16:20-16:40 無線LANのWDSにおけるAP間通信へのリンクスケジューリングアルゴリズムの適用 田島滋人阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大
(39)
NS
16:40-17:00 IEEE 802.11e 無線LANにおけるクラス間の比例的QoS制御方式 谷川陽祐金 鍾玉戸出英樹村上孝三阪大
(40)
NS
17:00-17:20 マルチホップ WDM ネットワークにおけるトラヒック分散のための静的トポロジ構成法の改善 木谷友哉阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大

講演時間
一般講演(20)発表 15 分 + 質疑応答 5 分
奨励講演(20)発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
大西浩行(NTT)
TEL0422-59-4132,FAX0422-59-5631
E-:oh
伊東匡(NTT)
TEL0422-59-3063,FAX0422-59-5631
E-:ih 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 安部田 貞行(NTTドコモ IP無線ネットワーク開発部)
TEL:046-840-3474,FAX046-840-3761
E-:r_- 


Last modified: 2005-06-24 18:43:45


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会