電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 木村 光宏 (法政大)
副委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 田村 信幸 (法政大), マラット ザニケエフ (九工大)

日時 2013年10月18日(金) 13:30 - 17:10
議題 信頼性一般 
会場名 九州工業大学 サテライトキャンパス kyutechプラザ 
住所 〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目7番11号イムズ11階
交通案内 http://www.kyutech.ac.jp/facilities/satellite-campus/
会場世話人
連絡先
廣瀬英雄
050-3650-6665
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter共催 日本信頼性学会協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

10月18日(金) 午後 
13:30 - 14:45
(1) 13:30-13:55 PoP: Prediction on Predictions R2013-64 Hideo HiroseTakenori Sakumura・○Yuki KoyanagiKyushu Inst. of Tech.
(2) 13:55-14:20 A Neural Network Model for Forecasting Precipitation Extreme R2013-65 Junaida SulaimanDarwis HerdiantiHideo HiroseKyushu Inst. of Tech.
(3) 14:20-14:45 A Mathematical Deterioration Model for the Thermal Stress R2013-66 Hideo HiroseTakenori SakumuraKyushu Inst. of Tech.
10月18日(金) 午後 
15:00 - 16:40
(4) 15:00-15:25 クラウドコンピューティングに対するトラフィック依存型ジャンプ拡散モデルに基づく最適メンテナンス問題 R2013-67 田村慶信山口大)・山田 茂鳥取大
(5) 15:25-15:50 システムの共通原因故障率の推定について R2013-68 弓削哲史丸山 恵柳 繁防衛大
(6) 15:50-16:15 日本における年間ぬれ時間の経年変化分析 R2013-69 外間正浩澤田 孝NTT
(7) 16:15-16:40 Black Swan Based VM Placement and Migration Optimizations in Clouds
-- Towards Reliability Profiling of Multi-VM Applications, Data Centers, and Clouds --
R2013-70
Marat ZhanikeevKyushu Inst. of Tech.
10月18日(金) 午後 
15:55 - 17:10
(8) 15:55-16:20 Prediction for the Spread of MERS Infection after Mecca Hajj Pilgrimage R2013-71 Yoshiko TokusadaMasakazu TokunagaTakenori SakumuraHideo HiroseKyushu Inst. of Tech.
(9) 16:20-16:45 Rainfall Intensity Forecasting using the Multiple-input Transfer Function with Application to Makassar Case from 2001 to 2010 R2013-72 Herdianti DarwisHideo HiroseKyushu Inst. of Tech.
(10) 16:45-17:10 EMタイプIRTを用いて不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する方法について R2013-73 作村建紀徳永正和廣瀬英雄九工大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 安里 彰(富士通)
E-: a 


Last modified: 2013-08-21 14:58:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会