電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 安里 彰 (富士通)
副委員長 土肥 正 (広島大)
幹事 田村 信幸 (法政大), 井上 真二 (関西大)
幹事補佐 岡村 寛之 (広島大), 横川 慎二 (電通大)

日時 2020年11月30日(月) 13:00 - 16:10
議題 半導体と電子デバイスの信頼性、信頼性一般 
会場名 オンライン開催 
会場世話人
連絡先
井上真二
072-690-2453
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎聴講参加をご希望の方(登壇者の方以外)は所定の聴講参加費をお支払いの上,開催の3日前までに幹事(関西大学 井上真二・ino at kansai-u.ac.jp)宛に【お名前】,【ご所属】【種別:一般(会員) or 一般(非会員) or 学生(会員) or 学生(非会員)】をご連絡下さい.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(R研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月30日(月) 午後 
13:00 - 16:10
(1) 13:00-13:25 Birnbaum重要度と最適配置の必要条件に基づいたACOによるLinear-Consecutive-k-out-of-n:Fシステムの最適配置探索アルゴリズム R2020-23 本間一新山本久志都立大)・中村太信東海大
(2) 13:25-13:50 On Software Safety Integrity Assessment for E/E/PE Safety-Related Systems R2020-24 Shinji InoueKansai Univ.)・Takaji FujiwaraSRATECH Lab. Inc.)・Shigeru YamadaTottori Univ.
(3) 13:50-14:15 寿命分布の区間推定手順の考察 ~ Rで発生させたワイブル分布の乱数の分析 ~ R2020-25 松岡敏成三菱電機
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
(4) 14:30-14:55 温度サイクル試験/熱衝撃試験の比較による効果検証 R2020-26 齋藤結莉松隈 修青木雄一エスペック
(5) 14:55-15:20 電位コントラスト法を用いた積層セラミックコンデンサの劣化解析 R2020-27 斎藤 彰村田製作所
(6) 15:20-15:45 劣化進行の信頼性予測に関する確率モデリングとフィルタリング R2020-28 貝瀬 徹兵庫県立大
(7) 15:45-16:10 湿度加速試験一考察(その3) R2020-29 伊藤貞則イトケン事務所

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 井上 真二(関西大)
E-: ini-u 


Last modified: 2020-10-02 18:08:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会