お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
副委員長 弓削 哲史 (防衛大)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 マラット ザニケエフ (九工大), 田村 信幸 (法政大)

日時 2016年 7月29日(金) 13:30 - 16:10
議題 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
会場名 小樽経済センター(4階Aホール) 
住所 〒047-8520 小樽市稲穂2丁目22番1号
交通案内 JR小樽駅下車徒歩2分,小樽駅前バス停下車徒歩0分~2分
http://www.otarucci.jp/cci/kasisitu/kasisitu.html
会場世話人
連絡先
田村信幸(法政大学)
0134-22-1177(会場)
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月29日(金) 午後 
13:30 - 16:10
(1) 13:30-13:55 On Optimal Software Release Problems Based on a Hazard Rate Model with Effect of Change-Point R2016-13 Shinji InoueShigeru YamadaTottori Univ.
(2) 13:55-14:20 オープンソースソフトウェアに対するフォールトデータ分析ツールの開発 R2016-14 田村慶信芦田 哲山口大)・松本光穂山田 茂鳥取大
(3) 14:20-14:45 A Note on Phase-Type Software Reliability Model with Fault Correction Process R2016-15 Hiroyuki OkamuraTadashi DohiHiroshima Univ.
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
(4) 14:55-15:20 2ユニット並列システムにおける故障時間データに基づく従属故障の統計的検知について R2016-16 太田修平木村光宏法政大
(5) 15:20-15:45 IEC 60050-192 Dependabilityとの整合性を考慮したJIS Z 8115改正案における信頼性試験用語の傾向 R2016-17 益田昭彦R7工房)・西 干機DNV)・後藤博之FDK)・川島 興オリエンタルモーター)・原田文明FXAT
(6) 15:45-16:10 Optimal Maintenance Policy for a System Equipped on Ship R2016-18 Tomohiro KitagawaTetsushi YugeShigeru YanagiNDA

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡村 寛之(広島大)
E-: l-u 


Last modified: 2016-05-19 11:50:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会