電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 堀 俊和 (福井大)
副委員長 牧野 滋 (金沢工大)
幹事 山田 寛喜 (新潟大), 岩井 誠人 (同志社大)
幹事補佐 榊原 久二男 (名工大)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 山尾 泰 (電通大)
副委員長 大鐘 武雄 (北大), 佐和橋 衛 (武蔵工大)
幹事 岡本 英二 (名工大), 樋口 健一 (東京理科大)
幹事補佐 淺井 裕介 (NTT), 石井 直人 (NEC), 原 嘉孝 (三菱電機)

日時 2007年11月 8日(木) 09:00 - 17:30
2007年11月 9日(金) 09:30 - 11:55
議題 アダプティブアンテナ、MIMOおよび無線信号処理技術、一般 
会場名 電気通信大学 総合研究棟 3階 301・306教室 
住所 〒182-8585 東京都調布市調布ケ丘1-5-1
交通案内 京王線 調布駅下車 北口より徒歩5分
http://www.uec.ac.jp/index.html
会場世話人
連絡先
先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター 山尾 泰 教授
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter (Chair 森下久) 共催
お知らせ ◎1日目(11/8)終了後懇親会の開催を予定しています。奮ってご参加下さい。
◎また,初日(8日)13:00~13:30に歴史資料館(http://www.museum.uec.ac.jp/)見学を予定しております。なお、本見学に参加するためには当日午前中までに研究会場受付での申込みが必要です。見学希望者多数の場合、先着順とさせていただきます点、御了承のほどお願いいたします。

11月8日(木) 午前  AP:アレーアンテナ・MIMO(301教室)
09:00 - 10:15
(1)
A・P
09:00-09:25 複数給電型パラサイトアレーを用いた適応指向性制御方式の検討 森下雅透山田寛喜ATR/新潟大)・Chen Sun太郎丸 真ATR)・大平 孝豊橋技科大
(2)
A・P
09:25-09:50 空間相関とアレー素子間結合を考慮したMIMO伝送特性[I] ~ 放射パターン測定に基づくアレーアンテナ素子間結合特性 ~ 大島一郎・○佐々木克守中田幸男高橋行隆電気興業)・唐沢好男電通大
(3)
A・P
09:50-10:15 双指向性八木宇田アレーを用いた低姿勢MIMOアンテナのチャネル容量最大化 本間尚樹西森健太郎鷹取泰司太田 厚久保田周治NTT
  10:15-10:30 休憩 ( 15分 )
11月8日(木) 午前  AP:MIMO・SDMA(301教室)
10:30 - 12:10
(4)
A・P
10:30-10:55 マルチユーザMIMOにおける協調型干渉キャンセラ 西森健太郎工藤理一鷹取泰司太田 厚久保田周治NTT
(5)
A・P
10:55-11:20 マルチユーザMIMOのチャネル時変動に対する特性劣化推定法の提案 工藤理一西森健太郎鷹取泰司太田 厚岡田一泰NTT
(6)
A・P
11:20-11:45 仮想MIMOシステムにおける端末周波数オフセットの影響を補償する上り回線ウエイトの検討 斉藤裕大小川恭孝大鐘武雄西村寿彦北大
(7)
A・P
11:45-12:10 市街地環境における見通し率とSDMA基地局構成 石田怜司堀 俊和藤元美俊福井大)・西森健太郎NTT
11月8日(木) 午前  RCS:伝搬特性・MIMO(306教室)
座長: 山尾 泰
10:30 - 13:30
(8)
RCS
10:30-10:55 無線制御の高信頼化のための電波伝搬特性の測定 ~ 測定系の提案と基礎測定実験 ~ 遠藤康司山里敬也片山正昭名大
(9)
RCS
10:55-11:20 空間信号処理適用時の面的周波数有効利用効率評価へ向けた簡易二次元レイトレースによる伝搬路生成 平館郁雄矢野一人太郎丸 真ATR
(10)
RCS
11:20-11:45 部分空間マッチングを用いた屋内位置推定における信号部分空間間相関の影響 池田昇平慶大)・辻 宏之NICT)・大槻知明慶大
(11)
RCS
11:45-12:10 双方向リンク多重化MIMOメッシュネットワーク 小野文枝横浜国大)・○阪口 啓東工大
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
(12) 13:00-13:30 電通大・歴史資料館見学会(http://www.museum.uec.ac.jp/

本見学に参加するためには当日午前中までに研究会場受付での
申込みが必要です。見学希望者多数の場合、先着順とさせて
いただきます点、御了承のほどお願いいたします。
11月8日(木) 午後  AP:伝搬特性・アンテナ理論(301教室)
13:30 - 14:45
(13)
A・P
13:30-13:55 地震に先行した見通し外VHF帯電波の干渉計による測定 安田好広電通大)・後藤剛芳横河電機)・伊田裕一米内口直之早川正士電通大
(14)
A・P
13:55-14:20 5GHz帯見通し外FWA環境における加入者局側到来方向特性に関する実験的検討 伊藤俊夫北 直樹山田 渉安藤篤也杉山隆利NTT
(15)
A・P
14:20-14:45 ダイポールアンテナとメアンダラインアンテナのクリアランス 新井宏之横浜国大
11月8日(木) 午後  RCS:マルチキャリア(306教室)
座長: 松岡 秀浩
13:30 - 14:45
(16)
RCS
13:30-13:55 ユーザ間干渉キャンセラを用いた非同期OFDMA方式の提案 原田洋輔山田翔悟岩井誠人笹岡秀一同志社大
(17)
RCS
13:55-14:20 ICIキャンセラを用いるMC-CDMAのチャネル容量に関する理論検討 安達宏一慶大)・安達文幸東北大)・中川正雄慶大
(18)
RCS
14:20-14:45 Delta-Sigma Emvelope Pulse-Width Modulation(EPWM) Transmitter for High Efficiency Linear Amplification Edwin M. UmaliYoshikazu ToyamaYasushi YamaoUniv. of Electro-Comm.
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
11月8日(木) 午後  AP:アンテナ設計・解析(301教室)
15:00 - 16:15
(19)
A・P
15:00-15:25 全波動モーメント法解析と等価回路モデルを組み合わせた導波管二次元スロットアレーの反射抑圧・開口分布設計 張 びょう広川二郎安藤 真東工大
(20)
A・P
15:25-15:50 180度分配器を用いて交差レベルとサイドローブレベルを制御した1層構造ポスト壁導波路バトラーマトリックス 森本圭一広川二郎安藤 真東工大
(21)
A・P
15:50-16:15 短冊状素子の台形化による送受別構成スロット励振パッチアンテナ間の結合低減特性 蒋 恵玲山口 良長 敬三NTTドコモ
11月8日(木) 午後  RCS:符号・信号検出(306教室)
座長: 吉田 尚正
15:00 - 16:15
(22)
RCS
15:00-15:25 直列連接LDGM符号のターボ復号法 熊野雄介大槻知明慶大
(23)
RCS
15:25-15:50 LLR Based Iterative Reduced-Complexity MLD Algorithm with Parallel Interference Cancellation (PIC) in MIMO Systems Katsunari HonjoTokyo Univ. of Science)・○Tomoaki OhtsukiKeio Univ.
(24)
RCS
15:50-16:15 セグメント平均LLRに基づく協調復号法 廣澤 隼大槻知明慶大)・鹿島 毅シギット P.W. ジャロットノキア
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
11月8日(木) 午後  IEEE AP-S 特別講演(301教室)
16:30 - 17:30
(25)
共通
16:30-17:30 [特別講演]幕末日本の科学者たちと電信(口頭発表) 佐藤賢一電通大
11月9日(金) 午前  RCS:通信方式(306教室)
座長: 冨里 繁
09:30 - 10:45
(26)
RCS
09:30-09:55 TD-CDMAにおける隣接チャネル間クロスドスロット干渉の回避 高梨義幸堀井悠史中川正雄慶大
(27)
RCS
09:55-10:20 2ホップバーチャルセルラネットワークにおける周波数再利用距離 工藤栄亮安達文幸東北大
(28)
RCS
10:20-10:45 マイクロセルネットワークにおける停波基地局集中時の非常時マルチシステムアクセス特性評価 仙波慎也岡田和則NICT/電通大)・行田弘一Hoang Nam NguyenNICT
  10:45-11:05 休憩 ( 20分 )
11月9日(金) 午後  RCS:OFDM(306教室)
座長: 神谷 幸宏
11:05 - 11:55
(29)
RCS
11:05-11:30 LDPC符号を用いたOFDM移動伝送特性 神原浩平光山和彦中川孝之池田哲臣NHK
(30)
RCS
11:30-11:55 800MHz帯映像素材伝送用時空間トレリス符号とインターリーブのシミュレーション検討 中川孝之光山和彦神原浩平池田哲臣NHK

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 60 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩井誠人 (同志社大)
TEL:0774-65-6267,FAX:0774-65-6801
E-:_-cry 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡本 英二(名工大)
E-:r_- 


Last modified: 2010-10-12 10:11:00


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会