お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ,完全オンライン開催となりました. ***





技術と社会・倫理研究会(SITE) [schedule] [select]
専門委員長 小川 賢 (神戸学院大)
副委員長 大谷 卓史 (吉備国際大), 辰己 丈夫 (放送大)
幹事 加藤 尚徳 (KDDI総合研究所), 吉永 敦征 (山口県立大)
幹事補佐 鈴木 大助 (北陸大), 藤井 秀之 (NRIセキュアテクノロジー)

電子化知的財産・社会基盤研究会(IPSJ-EIP) [schedule] [select]
主査 原田 要之助 (情報セキュリティ大)
幹事 青木 秀一 (NHK技研), 折田 明子 (関東学院大), 加藤 尚徳 (KDDI総合研究所), 黒政 敦史 (富士通クラウドテクノロジーズ), 小向 太郎 (中央大), 須川 賢洋 (新潟大)

日時 2020年 6月 4日(木) 10:30 - 18:00
2020年 6月 5日(金) 10:00 - 17:00
議題 情報セキュリティ,知的財産,プライバシー,及び IT社会問題一般 
会場名 オンライン開催 
他の共催 ◆立教大学大学院人工知能研究科 / SSITJ / (本シンポジウムは、科学研究費基盤研究(B)「 インターネット研究倫理の構築-倫理問題の考察と倫理ガイドラインの提案研究」(課題番号 18H00608)の助成を受けています。)
お知らせ ◎聴講希望の方は、6月2日(火)までに登録手続きを済ませていただけますようお願いいたします。登録手続きは、下記の「参加費ついて」のリンク先にて、ページ下の「聴講参加費(この開催のみ有効な参加費)」の該当「種別」をクリックし、登録ページにて行っていただきます(カード支払い、もしくは振込用紙による支払いを選択できます)。
◎「学生(D/L権なし)」枠で無料聴講を希望される方は、当ページ末尾に記載のSITEの問合先アドレス(site-contact@...)まで、件名を「聴講参加申請」として、「氏名、所属、メールアドレス」を通知ください(こちらも6月2日(火)を締切とします)。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SITE研究会)についてはこちらをご覧ください.

6月4日(木) 午前  【SITE-1】
座長: 辰己丈夫 (放送大)
10:30 - 11:45
(1)
SITE
10:30-10:55 複製権及びその制限 ~ 令和2年著作権法改正案及びその関連規定 ~ SITE2020-1 小池 誠小池誠マイクロ波研
(2)
SITE
10:55-11:20 情報セキュリティ/サイバーセキュリティガバナンスにおける「リスク」再考 ~ 科学技術社会論(STS)における議論を踏まえて ~ SITE2020-2 木村 匠NRIセキュアテクノロジーズ
(3)
SITE
11:20-11:45 欧州デジタル政策に関する一考察 ~ デジタルシングルマーケット戦略との比較 ~ SITE2020-3 加藤尚徳KDDI総合研究所/理研)・鈴木正朝新潟大/理研)・村上陽亮KDDI総合研究所
6月4日(木) 午後  【SITEシンポジウム】
座長: 森住哲也 (神奈川大)
13:30 - 18:00
  13:30-13:35 開会挨拶 ( 5分 )
(4)
SITE
13:35-14:00 [招待講演]AIの倫理:パーソナルAIエージェントとその応用 SITE2020-4 中川裕志理研
(5)
SITE
14:00-14:25 [招待講演]海外におけるAIの倫理政策の動向 SITE2020-5 加藤尚徳KDDI総合研究所/理研
(6)
SITE
14:25-14:50 [招待講演]AI・データサイエンス教育における倫理教育 SITE2020-6 村上祐子立教大
(7)
SITE
14:50-15:15 [招待講演]データサイエンスの実務とビジネス・倫理 SITE2020-7 森下壮一郎サイバーエージェント
  15:15-15:35 休憩 ( 20分 )
(8)
SITE
15:35-16:00 [招待講演]生前のデータから「復活」させられる故人 ~ 死後どんな自分が作られるのか ~ SITE2020-8 折田明子関東学院大
(9)
SITE
16:00-16:25 [招待講演]フェイクニュースとAIの倫理 SITE2020-9 久木田水生名大
(10)
SITE
16:25-16:50 [招待講演]AI は社会をどう拡張するか ~ ヒューマンエージェントインタラクション技術がもたらす人工的他者による社会拡張 ~ SITE2020-10 大澤博隆筑波大
  16:50-17:10 休憩 ( 20分 )
  17:10-17:55 討論 ( 45分 )
  17:55-18:00 閉会挨拶 ( 5分 )
6月5日(金) 午前  【EIP-1】
10:00 - 11:40
(11) 10:00-10:25 [EIP] Alan Westin "Privacy and Freedom”の「現代的プライバシー権の起源」に関する考察
○小向 太郎(中央大学)
(12) 10:25-10:50 [EIP] 地方公務員法改正と個人情報保護
○湯淺 墾道(情報セキュリティ大学院大学)
(13) 10:50-11:15 [EIP] 情報セキュリティマネジメントに対する経営層の関与
○神橋 基博(情報セキュリティ大学院大学)
(14) 11:15-11:40 [EIP] マイナポイント事業の概要と課題
○本田 正美(関東学院大学)
6月5日(金) 午後  【EIP-2】
13:10 - 14:25
(15) 13:10-13:35 [EIP] 我が国の個人情報保護法制における「個人情報」と「個人に関する情報」の相違の意義
○長谷川 幸一(新潟大学)
(16) 13:35-14:00 [EIP] 地方公共団体における個人識別符号
○長谷川 幸一(新潟大学)
(17) 14:00-14:25 [EIP] 医療情報のビッグデータ分析におけるシャーロックリスクの考察とその形式化
○金子 格(名古屋市立大学)
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
6月5日(金) 午後  【EIP-3】
14:35 - 15:50
(18) 14:35-15:00 [EIP] COVID-19対策に向けたパーソナルデータの利活用に関する国際動向調査報告~欧州における2020年4月段階の検討状況~
○加藤 尚徳(株式会社KDDI総合研究所/理研AIP)
(19) 15:00-15:25 [EIP] 「COVID-19(新型コロナウィルス感染症)に対応するためのビッグデータの利活用と個人情報保護―諸外国の状況を中心にー」
○寺田 麻佑(国際基督教大学教養学部准教授,理研AIP客員研究員)
(20) 15:25-15:50 [EIP] COVID-19(新型コロナウィルス感染症)に対応するためのビッグデータの利活用と個人情報保護―日本の状況を中心にー
○板倉 陽一郎(ひかり総合法律事務所弁護士,理研AIP客員主管研究員)
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
6月5日(金) 午後  【EIP-招待講演】
16:00 - 17:00
(21) 16:00-17:00 [EIP] 「ドイツにおけるCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)への立法対応―連邦と州の権限配分及び行政情報法の観点から」
○横田明美(千葉大学 大学院 社会科学研究院 准教授)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SITE 技術と社会・倫理研究会(SITE)   [今後の予定はこちら]
問合先 SITE研究会 幹事
加藤尚徳
E-: si-conct 
お知らせ ◎公式Webサイト
http://www.ieice.org/ess/site/
IPSJ-EIP 電子化知的財産・社会基盤研究会(IPSJ-EIP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2020-11-06 13:39:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SITE研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-EIP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会