電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 木村 丈治 (NTT西日本)
副委員長 漆谷 重雄 (NII)
幹事 萬代 雅希 (上智大), 栗本 崇 (NTT)
幹事補佐 武田 知典 (NTT)

ネットワークソフトウェア研究会(NWS) [schedule] [select]
専門委員長 水野 修 (工学院大)
幹事 別所 寿一 (NTT)
幹事補佐 西村 豪生 (NTT)

日時 2012年 1月26日(木) 08:40 - 18:40
2012年 1月27日(金) 08:40 - 17:20
議題 ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
会場名 琉球大学 工学部 千原キャンパス 工学部2号館2F大会議室 
住所 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
交通案内 【1】路線バスを利用する場合(琉大北口)----那覇バスターミナルバス乗り場4番ホームから97番(那覇バス)、旭橋バス停から琉大北口行き98番(琉球バス交通)、所要時間40~50分。 【2】高速バスを利用する場合(琉大北口)----那覇空港から高速バス琉球大学行き3番バス乗り場から113番,123番もしくは5番バス乗り場から111番、所要時間30~40分
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/access.html#north
会場世話人
連絡先
琉球大学 工学部 情報工学科 和田知久
お知らせ ◎研究会1日目終了後、懇親会を予定しておりますのでご参加下さい。

1月26日(木) 午前  NS1
座長: 田中 聡(NTTドコモ)
08:40 - 10:20
(1) 08:40-09:00 コンテンツ配信における視聴者ベース動的負荷分散制御方式の検討 鳴海貴允吉村康彦NTT
(2) 09:00-09:20 デルタエンベデッドネットワークシステム ~ 大規模情報流通時代に向けた低トラフィック型分散処理システム ~ 佐々木靖彦寺西裕一NICT
(3) 09:20-09:40 グリッド基盤における認証局の構築および運用 ~ NAREGI-CAソフトウェアの活用事例 ~ 坂根栄作合田憲人NII)・峯尾真一理研)・下條真司阪大
(4) 09:40-10:00 オーバーレイネットワークを応用した学内情報ナビゲーションシステムの検討 安田真琴山内雪路阪工大
(5) 10:00-10:20 FeliCaスタンプラリーVer.2システムの開発と評価 高橋孝徳堀 翔吾松本良子小林 浩東京電機大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
1月26日(木) 午前  NS2
座長: 武田 知典(NTT)
10:30 - 12:30
(6) 10:30-10:50 FRT-Chordにノードの信頼性を考慮した順序関係構築手法の提案 島原岳志城間政司長田智和谷口祐治玉城史朗琉球大
(7) 10:50-11:10 P4Pを活用してトランジットを軽減するP2Pプロトコル 村松 謙坂本直志東京電機大
(8) 11:10-11:30 P2PMMOGのための入退出耐性のある合意プロトコル 榎本慎太郎坂本直志東京電機大
(9) 11:30-11:50 UPnPを用いたVPN構築に関する一検討 中原裕成白石 陽中村嘉隆高橋 修公立はこだて未来大
(10) 11:50-12:10 パケットの応答時間の分布によるサーバ監視手法に関する検討 木村希実今井省吾早大)・安達基光富士通研)・市野将嗣電通大)・小松尚久早大
(11) 12:10-12:30 パケット対のRTTに着目したネットワーク帯域測定手法に関する研究 今井省吾早大)・安達基光富士通研)・市野将嗣電通大)・小松尚久早大
  12:30-13:20 お昼休憩 ( 50分 )
1月26日(木) 午後  NS3
座長: 栗本 崇(NTT)
13:20 - 15:00
(12) 13:20-13:40 スケールアウト型セッション制御サーバにおける動的構成変更負荷軽減方式 岩佐絵里子入江道生金子雅志福元 健飯尾政美上田清志NTT
(13) 13:40-14:00 I/O仮想化技術によるN:1冗長構成ネットワークサーバのメモリスケールアップ手法の提案 鈴木 順宮垣貴之小松原 円大森一輝馬場裕司江頭一廣島本裕志橘 正樹NEC)・秋月克之土屋 聡NEC通信システム)・飛鷹洋一樋口淳一吉川隆士NEC
(14) 14:00-14:20 S-CSCFにおけるODIの利用法に関する検討 石原裕一千綿伸之福元 健NTT
(15) 14:20-14:40 CATT: Potential Based Routing with Content Caching for ICN Suyong EumKiyohide NakauchiNICT)・Masayuki MurataOsaka Univ.)・Yozo ShojiNozomu NishinagaNICT
(16) 14:40-15:00 Grouping clusters to minimize the total mean delivery delay of bundles in ferry-assisted DTNs K. Habibul KabirMasahiro SasabeTetsuya TakineOsaka Univ.
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
1月26日(木) 午後  NWS1
15:10 - 17:10
(17) 15:10-17:10 プログラムについては以下をご覧ください。
http://www.ieice.org/~nws/meeting_15th_program.html
  17:10-17:20 休憩 ( 10分 )
1月26日(木) 午後  招待講演
17:20 - 18:40
(18) 17:20-18:00 [チュートリアル招待講演]ネットワーク仮想化の研究動向 ~ 将来のネットワークアーキテクチャの展開に向けて ~ 塩本公平NTT
(19) 18:00-18:40 [招待講演]エンタープライズ向けクラウドの現状と展望 ~ 効率性・俊敏性の追求からビッグデータ利活用による価値創造まで ~ 木原洋一NTTデータ
1月27日(金) 午前  NS4
座長: 伊瀬 恒太郎(東芝)
08:40 - 10:00
(20) 08:40-09:00 ボランティアコンピューティングの妨害者対策における抜取検査併用の効果 渡邊 寛舩曵信生中西 透岡山大)・福士 将東北大
(21) 09:00-09:20 エージェントリポジトリを用いた異種エージェント組織化手法 中島悠太打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大
(22) 09:20-09:40 発展型エージェントシステムのための監視アーキテクチャの実装 金子智哉打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大
(23) 09:40-10:00 エージェント相互運用のための開発支援機構の設計 奥村文雄打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
1月27日(金) 午前  NWS2
10:10 - 12:10
(24) 10:10-12:10 プログラムについては以下をご覧ください。
http://www.ieice.org/~nws/meeting_15th_program.html
  12:10-13:00 お昼休憩 ( 50分 )
1月27日(金) 午後  NS5
座長: 橋爪 洋(沖電気)
13:00 - 14:20
(25) 13:00-13:20 Software Defined Networkにおける制御プレーンアプリケーション開発・運用監視を目的とした統合状態収集・解析機構の検討 千葉靖伸下西英之NEC
(26) 13:20-13:40 OpenFlowネットワークにおける効率的なオーバーレイ制御チャネル構築方法に関する一検討 小出俊夫下西英之NEC
(27) 13:40-14:00 仮想ネットワークの構築に適した物理ネットワークの設計技術の検討 森 美華奈良先端大)・橘 拓至福井大)・平田健太郎杉本謙二奈良先端大
(28) 14:00-14:20 トラヒック追従型省電力ルータのための細粒度トラヒック予測手法 小谷野 壮阿多信吾岡 育生阪市大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
1月27日(金) 午後  NS6
座長: 上山 憲昭(NTT)
14:30 - 15:50
(29) 14:30-14:50 [奨励講演]データセンタにおけるマルチキャスト通信を考慮した2層輻輳制御方式QCN/BSの提案 林 佑樹山本 幹関西大
(30) 14:50-15:10 HoLを伴う入力バッファ型スイッチのスループット算出方法の検討 古谷信司北市隆一横谷哲也三菱電機
(31) 15:10-15:30 無線LANにおけるネットワークコーディングとEDCAの適応的連携に基づくQoS制御方式 谷川陽祐阪府大)・金 鍾玉高麗大)・戸出英樹阪府大
(32) 15:30-15:50 片方向リンクを含む無線ネットワークへのネットワークコーディングの適用 完山和希中村嘉隆白石 陽高橋 修公立はこだて未来大
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
1月27日(金) 午後  NS7
座長: 萬代 雅希(上智大)
16:00 - 17:20
(33) 16:00-16:20 [奨励講演]Statistical Estimate in Position of Coverage Holes in Minimization of Drive Tests Haruki IzumikawaTakashi MatsunakaYoji KishiKDDI Labs.
(34) 16:20-16:40 RoCNet: Robust Cellular Network for Disaster Communication and Traffic Offloading Haruki IzumikawaSuphakit AwiphanJiro KattoWaseda Univ.
(35) 16:40-17:00 無線LANへのFull-Flying S-CSMA/v-MCA方式の適用性検討 ~ OBS型メディアアクセス制御方式におけるv-MCA手続きの性能評価 ~ 植田雄介佐野 香小林 浩東京電機大
(36) 17:00-17:20 Full-Flying S-CSMA/v-MCA方式におけるp-persistent方式を用いたQoS制御 大中一平佐野 香小林 浩東京電機大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
武田知典 (NTT)
TEL 0422-59-7434
栗本崇 (NTT)
TEL 0422-59-3121 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
NWS ネットワークソフトウェア研究会(NWS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NWS研究会幹事及び幹事補佐:nws-n
西村豪生 (NTT)
TEL 0422-59-7339
別所寿一 (NTT)
TEL 0422-59-6921 


Last modified: 2012-01-16 17:03:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [NWS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会