お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 宇野 浩司 (NTT)
副委員長 伊勢田 衡平 (富士通), 桐葉 佳明 (NEC)
幹事 登内 敏夫 (NEC), 瀬社家 光 (NTT)
幹事補佐 阿多 信吾 (阪市大)

日時 2009年 3月12日(木) 08:35 - 11:40
2009年 3月13日(金) 08:10 - 17:45
議題 ICMワークショップ併催. 
会場名 奄美サンプラザホテル 
住所 〒894-0026 鹿児島県奄美市名瀬港町2番1号
交通案内 奄美空港から車で約45分.または奄美交通特急バス(奄美空港~港町バス停)で約50分.
http://www.amami-sunplaza.co.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
0997-53-5151
お知らせ ◎【ICMワークショップ】
3月12日(木) PM に第2種研究会 ICMワークショップが,併催されます.
◎【懇親会】
3月12日(木)のプログラム終了後,奄美サンプラザホテルにて,懇親会を開催します.また,本懇親会にて2008年のICM研究賞,ICM功労賞,ICM英語セッション奨励賞の表彰式を行う予定です.
参加費:一般 10,000円,学生 5,000円(予定)
参加登録:併催する第一種研究会のプログラムが決定した時点で,ICM研究会HPに参加登録ページをオープン予定です.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月12日(木) 午前  無線ネットワーク管理
08:35 - 09:55
(1) 08:35-08:55 TDMA型無線メッシュネットワークにおける負荷分散及び電波干渉軽減のためのスパニングツリー構築法 ICM2008-58 時任 宏笹部昌弘長谷川 剛中野博隆阪大
(2) 08:55-09:15 無線メッシュネットワークにおける電波干渉および経路長を考慮した電力制御手法 ICM2008-59 秀熊俊昭長谷川 剛笹部昌弘中野博隆阪大
(3) 09:15-09:35 MANETにおけるノードの隣接関係を基にしたルーティング手法の提案 ICM2008-60 江波友則高知工科大)・石本一生アライドテレシス)・植田和憲高知工科大
(4) 09:35-09:55 無線マルチホップ網における隣接ノード間連携に基づく自律的バーストアクセス制御 ICM2008-61 持木 誠谷川陽祐阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
  09:55-10:00 休憩 ( 5分 )
3月12日(木) 午前  ネットワーク管理
10:00 - 11:40
(5) 10:00-10:20 家電製品のネットワーク化の展開に関する一検討 ICM2008-62 古谷信司横谷哲也下笠 清三菱電機
(6) 10:20-10:40 SDH/OTN統合ネットワーク管理方式の一考察 ICM2008-63 唐登 敬山本 俊片岡智由NTT)・梁 行秀藤田裕三NTTソフトウェア
(7) 10:40-11:00 ホームネットワーク故障切り分け方式の検討 ICM2008-64 加藤洋一宮本 勝NTT
(8) 11:00-11:20 ASパス詐称経路ハイジャックの検出方式の検討 ICM2008-65 田原光穂立石直規松葉 啓瀬社家 光NTT
(9) 11:20-11:40 インターネットバイパス網のアドレス構成に関する考察 ICM2008-66 山田喬彦立命館大
3月13日(金) 午前  オーバレイネットワーク
08:10 - 09:50
(10) 08:10-08:30 オーバレイネットワークにおける経路重複を利用した計測手法 ICM2008-67 森 弘樹長谷川 剛村田正幸阪大
(11) 08:30-08:50 P2Pファイル共有システムにおけるクエリトレンドパターンの分析 ICM2008-68 土井将登阿多信吾岡 育生阪市大
(12) 08:50-09:10 複数のオーバレイネットワークにおける残余通信時間を考慮した協調ルーチング ICM2008-69 岡田洋輝木下和彦阪大)・山井成良岡山大)・村上孝三阪大
(13) 09:10-09:30 ノード性能を考慮した非対称DHTの提案 ICM2008-70 川田量久植田和憲高知工科大
(14) 09:30-09:50 分散データベースにおける透過的データ利用環境の実現 神矢健一植田和憲高知工科大
  09:50-09:55 休憩 ( 5分 )
3月13日(金) 午前  サービス管理・QoS
09:55 - 11:55
(15) 09:55-10:15 相対的主観評価における環境非依存パラメータの推定 ICM2008-71 佐藤寧洋阿多信吾岡 育生阪市大
(16) 10:15-10:35 オーバレイルーチングによるキャッシュを考慮したP2Pファイル共有ネットワークの性能評価 ICM2008-72 野田 健長谷川 剛村田正幸阪大
(17) 10:35-10:55 定額制VOD形IP放送サービスにおけるユーザ便益と事業者収益に基づく視聴料金設定 ICM2008-73 手塚一貴早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大
(18) 10:55-11:15 VPN型サービスにおける効率的なオーダ管理の一考察 ICM2008-74 塩澤亮治寺沢靖春古川治司NTTコムウェア
(19) 11:15-11:35 IPフロー制御とMPLS DiffServ-TEの連携によるQoS保証型ネットワークの管理手法の提案 ICM2008-75 樫原俊太郎宮澤雅典大垣健一大谷朋広KDDI研
(20) 11:35-11:55 要求資源量の大きさ変更を許容するオールIPネットワークふくそう規制方式の提案 ICM2008-76 畠山賢一・○長名保範栗林伸一成蹊大
  11:55-12:55 昼食 ( 60分 )
3月13日(金) 午後  網設計
12:55 - 14:15
(21) 12:55-13:15 [奨励講演]大規模ネットワークに対する候補トポロジ生成法 ICM2008-77 上山憲昭NTT
(22) 13:15-13:35 不完全なトラヒック情報下での帯域設計法 ~ 線形計画法による定式化と定量評価 ~ ICM2008-78 松村龍太郎辻野雅之岩下 基NTT
(23) 13:35-13:55 光パス最適再配置方式の提案 ICM2008-79 高井伸之別所雄三馬場義昌三菱電機
(24) 13:55-14:15 環境条件に基づく最適ネットワークトポロジーの検討 ICM2008-80 辻野雅之松村龍太郎岩下 基NTT
  14:15-14:20 休憩 ( 5分 )
3月13日(金) 午後  OSS構築
14:20 - 16:20
(25) 14:20-14:40 PCクラスタを用いた大規模トラヒックデータ管理システムの実用化 ICM2008-81 田村宏直牧野宏哉牧野雄至高橋和秀平田昇一NTTドコモ
(26) 14:40-15:00 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス提供基盤の提案 ICM2008-82 河野陽介富澤彰之・○中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモ
(27) 15:00-15:20 Web3層システムへの仮想化技術適用に関する検討 ICM2008-83 東 一彦友澤寛晶小川琢也加藤 稔NTTコムウェア
(28) 15:20-15:40 クライアント自律操作エージェントのシナリオ編集方法の検討 ICM2008-84 西川健一横瀬史拓野末晴久名和長年増田 健山村哲哉NTT
(29) 15:40-16:00 クライアント自律操作エージェントの試作と適用事例 ICM2008-85 野末晴久横瀬史拓西川健一名和長年増田 健山村哲哉NTT
(30) 16:00-16:20 リソース情報の適正な管理活用に向けたデータアーキテクチャ検討とシステムの実装について ICM2008-86 岩嶋伸行山下陽一速水茂和日高伸二石川数馬中山由之森 英俊NTT西日本
  16:20-16:25 休憩 ( 5分 )
3月13日(金) 午後  計測
16:25 - 17:45
(31) 16:25-16:45 Directional Active Probing in Real Network Services ICM2008-87 Marat ZhanikeevYoshiaki TanakaWaseda Univ.
(32) 16:45-17:05 分散コンポーネント数の自律的な増減による適応負荷分散手法 ICM2008-88 宮崎 渉木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒夫富士通研
(33) 17:05-17:25 暗号化・平文トラヒックの差分分析とその特徴にもとづく暗号化トラヒック検出法 ICM2008-89 南浦優樹阿多信吾阪市大)・中村信之中平佳裕OKI)・村田正幸阪大)・岡 育生阪市大
(34) 17:25-17:45 通信ネットワークのリソース管理手法 ~ トラヒック制御技術の障害復旧への応用 ~ ICM2008-90 玉川 玲上手祐治坪井俊樹阿部 新NTTコミュニケーションズ

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 登内 敏夫(NEC)
TEL:044-431-7657
http://www.ieice.org/~icm/jpn/
E-:icm-nieiceorg 
お知らせ ◎TM(テレコミュニケーションマネジメント)研究会は2008年4月よりICM(情報通信マネジメント)研究会と改称致しました.


Last modified: 2009-03-10 10:14:55


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会