電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


機構デバイス研究会(EMD) [schedule] [select]
専門委員長 長瀬 亮 (NTT)
副委員長 吉田 清 (日本工大)
幹事 長谷川 誠 (千歳科技大), 関川 純哉 (静岡大)
幹事補佐 服部 康弘 (住友電装)

電子部品・材料研究会(CPM) [schedule] [select]
専門委員長 安井 寛治 (長岡技科大)
副委員長 竹村 泰司 (横浜国大)
幹事 大庭 直樹 (NTT), 野毛 悟 (沼津高専)
幹事補佐 今井 欽之 (NTT), 阿部 克也 (信州大)

光エレクトロニクス研究会(OPE) [schedule] [select]
専門委員長 浜本 貴一 (九大)
副委員長 宇佐見 正士 (KDDI)
幹事 瀧口 浩一 (NTT), 加藤 友章 (NEC)

レーザ・量子エレクトロニクス研究会(LQE) [schedule] [select]
専門委員長 石川 浩 (産総研)
副委員長 河口 仁司 (奈良先端大)
幹事 橋本 順一 (住友電工), 佐藤 健二 (NEC)

日時 2009年 8月20日(木) 09:00 - 17:55
2009年 8月21日(金) 09:00 - 17:35
議題 光部品・電子デバイス実装技術、一般 
会場名 東北大学 電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟4階カンファレンスルーム 
住所 〒980-8577 仙台市青葉区片平2丁目1-1
交通案内 http://www.riec.tohoku.ac.jp/~www/access/index-j.shtml
他の共催 ◆後援: 青葉工学振興会. ◆8月21日 11:20-12:10に,IEEE Photonics Society (旧LEOS) Japan Chapter主催 Distinguished Lecturer講演会「導波路型アイソレータ技術(東工大 水本哲弥)」が開催されます.
お知らせ ◎8月20日研究会終了後,懇親会を開催しますので是非ご参加ください(18:30開始、東北大学・電気通信研究所・2号館4階・大会議室).会費:一般¥3,000(学生¥1,000).当日受付にてお申し込み下さい.

8月20日(木) 午前 
09:00 - 12:10
  09:00-09:05 開会挨拶 ( 5分 )
(1) 09:05-09:30 InGaAs/InAlAs五層非対称結合量子井戸マッハ・ツェンダー光変調器の特性改善 牛込 基荒川太郎横浜国大)・多田邦雄金沢工大
(2) 09:30-09:55 Ti拡散ErドープLiNbO3導波路の光増幅特性と光デバイス応用 片野祐太郎古河原 壮松浦 弘早大)・品田 聡中島慎也川西哲也NICT)・中島啓幾早大
(3) 09:55-10:20 100Gb/s超伝送に向けた超高速LiNbO3光変調器の開発 菅野敦史坂本高秀千葉明人川西哲也NICT)・日隈 薫須藤正明市川潤一郎住友大阪セメント
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
(4) 10:30-10:55 1×16フェーズアレイ型半導体光パケットスイッチ 種村拓夫ソーアンジ イブラーヒム・ムラット樋口和英武田浩司中野義昭東大
(5) 10:55-11:20 液晶装荷Si導波路を用いた対称マッハ・ツェンダー干渉計型1×8ch光スイッチの製作 澤 尚宏中津原克己中神隆清神奈川工科大
(6) 11:20-11:45 Si導波路と相変化材料を用いた小型の自己保持型2x2光スイッチ 伊熊雄一郎慶大)・河島 整金高健二産総研)・斎木敏治津田裕之慶大
(7) 11:45-12:10 アレイ導波路回折格子とLCOSによる40波長チャネル可変分散補償器 大庭直樹NTT)・鈴木賢哉NEL)・妹尾和則石井元速美野真司NTT
  12:10-13:00 休憩 ( 50分 )
8月20日(木) 午後 
13:00 - 17:55
(8) 13:00-13:25 デジタルミラーデバイスを用いた4コンテキスト光再構成 森田裕宣渡邊 実静岡大
(9) 13:25-13:50 36コンテキストダイナミック光再構成型ゲートアレイ 中島真央渡邊 実静岡大
(10) 13:50-14:15 電気プラガブルソケット実装1μm帯10Gbit/s×12ch小型並列光モジュールの伝送特性 上村寿憲石川陽三根角昌伸高橋克年那須秀行古河電工
(11) 14:15-14:40 Single Package型一心双方向デバイスの開発 木原利彰鈴木三千男塩崎 学中西裕美住友電工
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(12) 14:50-15:15 波長1ミクロン帯光情報通信のための半導体量子ドット光デバイスの開発 山本直克赤羽浩一川西哲也カトフ レドワンNICT)・外林秀之NICT/青学大
(13) 15:15-15:40 ダブルキャップ法を用いたMOVPE選択成長によるInAs量子ドット広帯域LED 鈴木勇介川島史裕斉藤泰仁下村和彦上智大
(14) 15:40-16:05 高密度量子ドットを用いた1.3μm帯ストライプレーザの低しきい値電流動作 天野 建菅谷武芳小森和弘森 雅彦産総研
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
(15) 16:15-16:40 波長1.5 um帯無変調出力型13C2H2(アセチレン)周波数安定化半導体レーザの発振特性 葛西恵介中沢正隆東北大
(16) 16:40-17:05 メサ側面から量子構造混晶化を適用した面発光レーザの製作と評価 菅原雄大牛尾拓也・○宮本智之東工大
(17) 17:05-17:30 GaAs(110)基板上に作製したスピン面発光半導体レーザの光励起円偏光発振 黄 晋二藤野寛之河口仁司奈良先端大
(18) 17:30-17:55 波長1.1 um VCSELの利得スイッチングによる10 GHz-11.5 psパルス発生 小泉健吾吉田真人中沢正隆東北大
8月21日(金) 午前 
09:00 - 12:10
(19) 09:00-09:25 半導体量子井戸型素子を可飽和吸収体として用いた受動モード同期フェムト秒ファイバソリトンレーザ 正田史生中沢正隆東北大)・秋本良一石川 浩産総研
(20) 09:25-09:50 光周波数および繰り返し周波数を同時安定化した40 GHz再生モード同期パルスレーザ 吉田真人葛西恵介中沢正隆東北大
(21) 09:50-10:15 モードホップフリーファイバレーザを用いたCs光原子時計 森崎貴仁吉田真人中沢正隆東北大
(22) 10:15-10:40 100Gイーサネット用25Gbps EA変調器集積DFBレーザモジュール 上杉利次岡田規男斎藤 健大和屋 武森田佳道杉立厚志三菱電機
(23) 10:40-11:05 40/100Gbpsイーサネット用リッジ構造直接変調MQW-DFBレーザ 田所貴志山中孝之狩野文良大橋弘美NTT)・近藤康洋NEL)・岸 健志NTT
  11:05-11:15 休憩 ( 10分 )
  11:15-11:20 IEEE Photonics Society (旧LEOS) Japan Chapterからのご挨拶 ( 5分 )
(24) 11:20-12:10 [IEEE Photonics Society (旧LEOS) Japan Chapter主催 Distinguished Lecturer講演会]導波路型アイソレータ技術
水本哲弥(東工大)
  12:10-13:00 休憩 ( 50分 )
8月21日(金) 午後 
13:00 - 17:35
(25) 13:00-13:25 偏波保持ファイバを用いたひずみ・温度同時計測センサ 大道浩児寺田佳弘フジクラ)・和田大地村山英晶東大)・井川寛隆JAXA
(26) 13:25-13:50 新規高耐湿性光学接着剤を用いた光デバイスの信頼性向上 三田地成幸原田あゆみ東京工科大)・吉川篤志横浜ゴム
(27) 13:50-14:15 BOF(Band-pass filter On Fiber-end)のポストアニールによる中心波長変化 小松康俊山口正剛中野正行斧田誠一渡辺製作所
(28) 14:15-14:40 現場取り付けが可能なシングルモードファイバ用光コネクタ 長瀬 亮松井伸介阿部宜輝浅川修一郎NTT)・柳 秀一NTT東日本)・小林 勝NTT-AT)・木原 満NTT東日本)・冨田 茂NTT
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(29) 14:50-15:15 スパッタリング法によるErドープTaOx薄膜の作製とその発光特性 三浦健太狩野一総伏木厳穣シン マヤンク花泉 修群馬大
(30) 15:15-15:40 金属薄膜サブ波長格子から成る偏光子 小山哲司依田秀彦古神義則大野泰司宇都宮大)・チェン ツァイカリフォルニア大アーバイン校/台湾大)・白石和男宇都宮大
(31) 15:40-16:05 ナノ粒子分散ポリマーの創製と熱光学効果制御 小松京嗣仙台電波高専)・倉田優生杉原興浩戒能俊邦東北大
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
(32) 16:15-16:40 エレクトロニクスデバイスにおける接着技術 福原智博オムロン
  - 見掛けの面積の集中抵抗に及ぼす真実接触面積の影響
※御連絡:本報告はキャンセルとなりました。
(33) 16:40-17:05 電気接点の開離時現象の等価回路解析 佐藤賢二若月 昇高津宣夫石巻専修大
(34) 17:05-17:30 ハンマリング加振機構による電気接点の劣化現象 ~ 接触抵抗について(その7) ~ 和田真一園田健人越田圭治サインダー ノロブリン菊地光男久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎慶大
  17:30-17:35 閉会挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EMD 機構デバイス研究会(EMD)   [今後の予定はこちら]
問合先 長谷川 誠(千歳科学技術大学)
TEL (0123)27-6059、FAX (0123)27-6059
E-: pn
関川 純哉(静岡大学)
TEL (053) 478-1618、FAX (053) 478-1618
E-: tjkipc
一矢 光雄(松下電工)
TEL (070)5432-0873、FAX (03)6218-1921
E-: iw 
お知らせ ◎EMD研究会に関する最新の情報は、http://www.ieice.org/es/emd/jpn/をご参照ください。
CPM 電子部品・材料研究会(CPM)   [今後の予定はこちら]
問合先 大庭直樹(NTTフォトニクス研究所)
TEL 046-240-4342 FAX 046-240-4526
E-: noobaaecl
今井欽之(NTTフォトニクス研究所)
TEL 046-240-4549 FAX 046-240-4300
E-: aecl 
OPE 光エレクトロニクス研究会(OPE)   [今後の予定はこちら]
問合先 瀧口 浩一(NTTフォトニクス研究所)
〒243-0198 神奈川県厚木市森の里若宮3-1
TEL 046-240-4397 FAX 046-240-4528
E-:aecl

加藤 友章(NECナノエレクトロニクス研究所)
〒520-0833 滋賀県大津市晴嵐2-9-1
TEL 077-537-7685 FAX 077-537-7689
E-:t-blc 
お知らせ ◎OPE研究会ホームページ http://www.ieice.or.jp/es/ope/
◎OPE研究会では、H18年度より「学生優秀研究賞」を新設しました。学生の方の発表の中から特に優れた研究を表彰いたしますので、積極的なご投稿をお待ちしています。詳細は研究会HPをご覧ください。
LQE レーザ・量子エレクトロニクス研究会(LQE)   [今後の予定はこちら]
問合先 橋本順一(住友電気工業株式会社)
TEL 045-853-7308, FAX 045-852-2913
E-: -jui 
お知らせ ◎LQE研究会ホームページ http://www.ieice.org/~lqe/jpn/
◎LQE研究会では 平成18年度より「LQE奨励賞」を設けました。対象は発表年度の4月1日時点で32歳以下の若手研究者(学生を含む)です。積極的にご投稿下さい。


Last modified: 2009-07-27 18:42:28


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EMD研究会のスケジュールに戻る]   /   [CPM研究会のスケジュールに戻る]   /   [OPE研究会のスケジュールに戻る]   /   [LQE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会