お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 福田 収一
副委員長 柳 繁
幹事 若井 一顕, 弓削 哲史
幹事補佐 井原 惇行, 深井 佳乃

日時 2005年 7月15日(金) 13:05 - 16:40
議題 信頼性一般 
会場名 釧路市生涯学習センターまなぼっと601号室 
住所 〒085-0836 北海道釧路市幣舞町4番28号
交通案内 JR釧路駅から徒歩20分タクシー5分またはくしろバス生涯学習センター前下車1分
http://www.city.kushiro.hokkaido.jp/sg-center/index.html
会場世話人
連絡先
0154-41-8181
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE-RS Japan Chapter共催
お知らせ ◎研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

7月15日(金) 午後 
13:00 - 16:40
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:05-13:30 ATS地上子の状態監視技術の開発 平本匡寛高橋 聖中村英夫日大
(2) 13:30-13:55 シミュレータを利用した鉄道システム安全性の定量的評価手法の検討 杉浦章之中村英夫日大)・山口知宏水間 毅交通安全環境研
(3) 13:55-14:20 割り込みのあるサービスの三要素FMEAによる不具合解析 益田昭彦帝京科学大
(4) 14:20-14:45 従属故障要素により構成されるシステムの最適取替え時期について 弓削哲史田村信幸柳 繁防衛大
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
(5) 15:00-15:25 Software Reliability Assessment Tool for Concurrent Distributed Development Environment Yoshinobu TamuraTottori Univ. of Env. Studies)・Shigeru YamadaTottori Univ.
(6) 15:25-15:50 マルコフ型不完全デバッグモデルを用いたソフトウェアの運用信頼性評価法 得能貢一山田 茂鳥取大
(7) 15:50-16:15 A generalized discrete binomial process model for software reliability assessment and its application to optimal release problems Shinji InoueShigeru YamadaTottori Univ.
(8) 16:15-16:40 Exact Computation Algorithms for Sequential Checkpoint Placement Tatsuya Ozaki・○Tadashi DohiHiroshima Univ.)・Naoto KaioHiroshima Shudo Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 若井一顕(NHK 技術局 送信技術センター 菖蒲久喜放送所)
TEL0480-85-1118,FAX0480-85-1508
E-: ik-dm 


Last modified: 2005-05-25 16:52:43


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会