お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


有機エレクトロニクス研究会(OME) [schedule] [select]
専門委員長 小野田 光宣
副委員長 工藤 一浩
幹事 久保田 徹, 臼井 博明

日時 2006年11月10日(金) 13:00 - 16:50
議題 有機材料・一般 
会場名 信州大学工学部 地域共同研究センター3階 
住所 〒380-8553 長野市若里4-17-1
交通案内 http://www.crc.shinshu-u.ac.jp/index.html
他の共催 ◆電気学会誘電・絶縁材料研究会共催

11月10日(金) 午後 
13:00 - 16:50
(1) 13:00-13:25 電圧印加累積法による有極性L膜・LB膜の分子配向制御 串田正人千葉大)・今泉吉明名大
(2) 13:25-13:50 局所表面プラズモンおよび水晶振動子微量天秤法を用いたガスセンシング 古川寛之大平泰生新保一成加藤景三金子双男新潟大
(3) 13:50-14:15 有機ー無機ハイブリッド材料とその接着剤への応用 中村修平大野篤志青木裕介三重大)・信藤卓也川北 忠鈴鹿富士ゼロックス
(4) 14:15-14:40 光電子分光法による有機SIT関連界面物性評価 渡邊康之光協会)・家地洋之光協会/リコー 先端研)・深川弘彦上野信雄千葉大)・工藤一浩光協会/千葉大
  14:40-15:10 休憩 ( 30分 )
(5) 15:10-15:35 インクジェット法を用いた自己整合有機ダイオード 柳 順也松井健太中 茂樹岡田裕之富山大)・宮林 毅井上豊和ブラザー工業
(6) 15:35-16:00 顕微SHG法による有機FET中のキャリアトラップに関する検討 間中孝彰林 銀珠田村亮祐大嶋優記金 英輝岩本光正東工大
(7) 16:00-16:25 フッ素含有ポリイミドコートゲート絶縁層上に作製したポリチオフェンFET 松川典仁伊東栄次宮入圭一信州大
(8) 16:25-16:50 銅フタロシアニン/フラーレン積層膜の光起電力に与える界面電位の影響 中道博一伊東栄次宮入圭一信州大

講演時間
一般講演(25分)発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
OME 有機エレクトロニクス研究会(OME)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2006-09-16 17:44:29


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OME研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会