電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

本研究会は、CSワークショップ(情報伝送と信号処理ワークショップ)との併催となります。参加される皆様におかれましては、是非ともCSワークショップにもご参加していただければと思います。CSワークショップ申し込みフォームからご登録をお願い致します。なお、CSワークショップ参加費が別途必要になります。また、CS研究会単独の懇親会は開催いたしませんが、CSワークショップでご用意しております宿泊パックには、CSワークショップとの合同の懇親会にご参加いただけます(懇親会は初日の夕食として提供されます)。
CSワークショップのサイト
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/csws/



通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 中里 秀則 (早大)
副委員長 寺田 純 (NTT)
幹事 藤原 正満 (NTT), 金井 謙治 (早稲田大)
幹事補佐 原 一貴 (NTT), 豊田 健太郎 (慶大)

日時 2018年11月 1日(木) 09:10 - 12:00
2018年11月 2日(金) 09:50 - 11:25
議題 ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
会場名 子規記念館博物館(道後温泉) 
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(CS研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月1日(木) 午前  CS(1)
座長: 梅原 大祐(京都工繊大)
09:10 - 10:30
(1) 09:10-09:30 多素子MIMOにおけるピークリミタを用いるPAPR低減の効果 景山知哉牟田 修九大
(2) 09:30-09:50 A Competition based Power Allocation Scheme for Downlink NOMA HetNet Ahmed NasserOsamu MutaKyushu Univ.
(3) 09:50-10:10 図書・雑誌探索実験から得られた大学図書館ユーザ行動調査 豊田健太郎五十嵐由美子今井星香笹瀬 巌慶大
(4) 10:10-10:30 Wi-Fiフレームデータを用いた大学図書館における滞在時間の推定手法 朝比奈 啓豊田健太郎笹瀬 巌慶大
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
11月1日(木) 午前  CS(2)
座長: 高橋 賢(広島市大)
10:40 - 12:00
(5) 10:40-11:00 Bitcoinの取引履歴の時系列解析:Pirate@40の高利息投資プログラムの例 豊田健太郎大槻知明慶大)・P.T Mathiopoulosアテネ大
(6) 11:00-11:20 顔画像からの感情抽出とその数値化・可視化 ~ 音楽鑑賞・落語鑑賞における評価実験 ~ 藤堂聖真辻岡哲夫岡崎和伸小田中章浩阪市大
(7) 11:20-11:40 Success Prioritized Non-persistent CSMA with Sleep Function Daisuke UmeharaKyoto Inst. of Tech.
(8) 11:40-12:00 Ringing Mitigation Schemes for Controller Area Network Daisuke UmeharaTakeyuki ShishidoKyoto Inst. of Tech.
11月2日(金) 午前  CS(3)
座長: 金井 謙治 (早大)
09:50 - 10:50
(9) 09:50-10:10 TMCCパリティ不一致数を用いたISDB-Tティジタルテレビ自動起動信号の間欠受信方法 高橋 賢広島市大
(10) 10:10-10:30 Feature Selection Scheme for Android ICC-related Features Based on the Gap of the Appearance Ratio Kyohei OsugeHiroya KatoShuichiro HarutaIwao SasaseKeio Univ.
(11) 10:30-10:50 False Density Information Attack Detection Scheme Using Overlap of Communication Range in VANET Masashi YoshidaHiromu AsahinaShuichiro HarutaIwao SasaseKeio Univ
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
11月2日(金) 午前  CS(4)
座長: 中里 秀則 (早大)
11:00 - 11:25
(12) 11:00-11:25 [依頼講演]第6世代移動通信に向けた新変復調方式の提案 ~ MARIA(MIMO Applied Resource-block Interleaving Access)方式の解説 ~ 太田現一郎横須賀テレコムリサーチパーク)・瀧川マリア原 佳祐八巻 蒼小林 裕横須賀高校

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nieice 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2018-10-19 13:20:25


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会