お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-06 10:50
アドホックネットワークにおける高信頼通信の性能向上を目指したSCTPの改良と評価
竹本祐輔舟阪淳一大田知行角田良明広島市大IN2007-187
抄録 (和) アドホックネットワークにおいて従来の有線,無線ネットワーク同様にファイル転送やメール転送,ウェブ閲覧などの高信頼エンドツーエンド通信を必要とするアプリケーションが使用されることが想定される.これらのアプリケーションには通常トランスポートプロトコルとしてTCPが用いられる.しかし,TCP は有線ネットワークを想定して実装されたものがほとんどで,TCP をアドホックネットワーク上で使用すると,無線ネットワーク独特の様々な問題が発生してしまう.特に,WEBブラウザなどのTCP のマルチコネクション通信を行うアプリケーションはスループットの増大に伴い,他のフローに対して不公平な通信を行ってしまう可能性がある.そこで,本稿ではTCP のマルチコネクションのフローによる不公平な通信を改善するためにSCTP のマルチストリーム機能に着目した.SCTPのマルチストリーム機能を使うことで複数のデータストリームを一つのアソシエーションで管理できる.また,TCP,SCTP で代表される高信頼エンドツーエンド通信を提供するトランスポートプロトコルにはノードの移動による経路切断,無線チャネルでの衝突が原因で通信速度が極端に低下する問題がある.以上の問題を改善するためにSCTP にFixedRTOとMANET(Mobile Ad hoc NETwork)に適合させた動的遅延確認応答の機能を加えた方式を提案する.そして,ネットワークシミュレータQualNet を用いたシミュレーション実験によって提案手法を評価する. 
(英) When ubiquitous networks pervade in future, applications such as file transfer and web browsing. will be used on ad-hoc networks. End-to-end reliable communication is necessary for these applications, and TCP is usually used as a transport protocol. However, it is known that the performance of fairness and transfer rate decreases when TCP is used on ad hoc networks. Particularly, multi-connection flows of TCP have danger of unfair communication among all flows sharing a wireless link. Then, we pay attention to the multi stream function of SCTP to improve unfair communication of TCP multi-connection. SCTP can manage multiple data streams in one association by using the multi stream function. Performance of reliable transport protocols such as TCP and SCTP easily suffers from frequent route failures and contention on the wireless channel. To improve the problem for Mobile Ad hoc Networks (MANET), we propose a method which adds the function of FixedRTO and dynamic delayed SACK to SCTP. And, we evaluated the proposed method by a network simulator QualNet.
キーワード (和) アドホックネットワーク / SCTP / TCP / / / / /  
(英) Ad Hoc Network / SCTP / TCP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 525, IN2007-187, pp. 169-174, 2008年3月.
資料番号 IN2007-187 
発行日 2008-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-187

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 万国津梁館(沖縄) 
開催地(英) Bankoku Shinryokan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける高信頼通信の性能向上を目指したSCTPの改良と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SCTP Performance Improvement for Reliable Communication on Ad Hoc Networks and Its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad Hoc Network  
キーワード(2)(和/英) SCTP / SCTP  
キーワード(3)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹本 祐輔 / Yusuke Takemoto / タケモト ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 知行 / Tomoyuki Ohta / オオタ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 良明 / Yoshiaki Kakuda / カクダ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-06 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-187 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会