お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 12:05
高ロス率ネットワークにおける分割ダウンロードの性能向上を目指すトランスポートプロトコルについての一検討
舟阪淳一広島市大IN2007-201
抄録 (和) ファイルを部分に分解し、複数のサーバから同時に別々の部分を取得することに
よって高速化を図る並列ダウンロードが提案され、効率的な実行について研究が
重ねられてきている。従来のTCP を用いる方法にはデータリンクで損失の多発す
るネットワークにおいては性能が低下するという問題があった。これを解決する
ためにUDPを用いた方式が提案されてきたが、サーバによる多重化の効果とトラ
ンスポートプロトコルそのものの効果を切り分けるのが難しい。そこで本稿では
クライアント1台とサーバ1台の間の分割ダウンロードに注目する。TCPに代わる
トランスポートプロトコルとして、UDP、DCCP、SCTPをとりあげ、高ロス率環境
での分割ダウンロード方式の性能をTCPと比較することにより、ふさわしいプロ
トコルについて議論する。シミュレーション実験を通して評価した結果、今回想
定した条件ではUDPを用いて分割ダウンロードを実現する方式が最も短い時間で
ファイルを取得できることがわかった。 
(英) ``Parallel Downloading'', which divides a file into many pieces and
assigns each piece to one of the target servers, has been proposed and
researched to achieve high speed file retrieval from many servers in
parallel. The conventional method which adopts TCP as a transport
protocol has a problem that its performance deteriorates in the network
where packet losses frequently occur at the datalink layer. To address
this issue, a parallel downloading method which uses UDP as a transport
protocol has been proposed. However, it is not so easy to differentiate
the effect of the number of servers and that of transport protocol
itself. In this paper, in order to eliminate the effect of multiple
servers, a divisional download method which is used between a client
and a server is discussed. Some Internet standard transport protocols,
such as UDP, DCCP, and SCTP, are compared with TCP through simulation
experiments in high loss rate networks, concluding that the divisional downloadi
ng method which
adopts UDP as a transport protocol can retrieve the specified file in
shortest time in the environment supposed in this paper.
キーワード (和) 並列ダウンロード / HTTP / UDP / DCCP / SCTP / / /  
(英) Parallel downloading / HTTP / UDP / DCCP / SCTP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 525, IN2007-201, pp. 253-258, 2008年3月.
資料番号 IN2007-201 
発行日 2008-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-201

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 万国津梁館(沖縄) 
開催地(英) Bankoku Shinryokan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高ロス率ネットワークにおける分割ダウンロードの性能向上を目指すトランスポートプロトコルについての一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Transport Protocols for Effective Divisional Downloading on High Loss Rate Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 並列ダウンロード / Parallel downloading  
キーワード(2)(和/英) HTTP / HTTP  
キーワード(3)(和/英) UDP / UDP  
キーワード(4)(和/英) DCCP / DCCP  
キーワード(5)(和/英) SCTP / SCTP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 12:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-201 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.253-258 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会