電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 萩田 紀博
副委員長 中村 裕一
幹事 前田 英作, 佐藤 洋一
幹事補佐 目加田 慶人

言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 出羽 達也
副委員長 秋葉 友良, 宇津呂 武仁
幹事 福本 淳一, 中野 幹生
幹事補佐 神崎 享子

日時 2005年 2月24日(木) 09:30 - 16:40
2005年 2月25日(金) 09:30 - 16:15
議題 学習理論とパターン認識メディア理解,機械学習による自然言語処理・言語処理を利用したメディア理解,一般 
会場名 国立情報学研究所・学術総合センター 2階 中会議場 
住所 〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
交通案内 東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」A8出口,または,東京メトロ東西線「竹橋」1b出口,徒歩3~5分
http://www.nii.ac.jp/help-j.html
会場世話人
連絡先
佐藤真一
03-4212-2527
他の共催 ◆信学会 IBIS(情報論的学習理論)協賛
お知らせ ◎24日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

2月24日(木) 午前  テーマセッション(学習理論とパターン認識メディア理解)
09:30 - 12:00
(1) 09:30-10:00 カーネル行列補完によるネットワーク推定 加藤 毅津田宏治産総研)・浅井 潔東大
(2) 10:00-10:30 識別器選択のための入力空間分割法に関する検討 林 柘中村恭之和田俊和和歌山大
(3) 10:30-11:00 情報量基準に基づく区分的関数当てはめによる写像学習 上江洲吉美中村恭之和田俊和和歌山大
(4) 11:00-11:30 ラベルあり・なしデータの最適な結合に基づくパターン分類 藤野昭典上田修功斉藤和巳NTT
(5) 11:30-12:00 準教師有り学習の理論とアルゴリズム 上田修功NTT
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
2月24日(木) 午後  一般セッション(1)
13:00 - 15:00
(6) 13:00-13:30 オンライン実時間PCAを用いた動画からの変動背景の推定 杉山賢治古賀久志渡辺俊典横山貴紀電通大
(7) 13:30-14:00 クラスタリングアルゴリズムLSH-Linkを利用した動画像からのオブジェクト軌跡の自動抽出 草場洋明古賀久志渡辺俊典電通大
(8) 14:00-14:30 視野重複のないマルチカメラを用いた人物の確率的歩行経路推定 池亀幸久平野 真玉木 徹山本正信新潟大
(9) 14:30-15:00 特徴選択とSoft-Margin SVMのBoostingを用いた歩行者検出 西田健次栗田多喜夫産総研
2月24日(木) 午後  一般セッション(2)
13:00 - 15:00
(10) 13:00-13:30 ハフ変換と期待値最大化法による距離画像からの自然二次曲面の抽出 山本国士中澤篤志清川 清竹村治雄阪大
(11) 13:30-14:00 Non-linear diffusion filtering derived from the deep structure analysis in scale space Haruhiko NishiguchiAtsushi ImiyaTomoya SakaiChiba Univ.
(12) 14:00-14:30 Navigation from optical flow Naoya OhnishiAtsushi ImiyaChiba Univ.
(13) 14:30-15:00 オプティカルフローを用いた複雑背景下における人物領域の抽出 岩崎敏紀横山貴紀古賀久志渡辺俊典電通大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
2月24日(木) 午後  一般セッション(3)
15:10 - 16:40
(14) 15:10-15:40 紐状遮へい領域の除去と画像の復元 鈴木 博玉木 徹山本正信新潟大
(15) 15:40-16:10 フラクタル画像符号化を用いたテクスチャ平面の傾斜角推定 新宅景二和田俊和呉 海元和歌山大
(16) 16:10-16:40 PCへの入力手段としての実時間ジェスチャ認識のための一手法 佐藤洋平杉原厚吉東大
2月24日(木) 午後  一般セッション(4)
15:10 - 16:40
(17) 15:10-15:40 Merging Shock Trees Using Alignable Mappings Tetsuji KuboyamaKilho ShinUniv. of Tokyo)・Tetsuhiro MiyaharaHiroshima City Univ.
(18) 15:40-16:10 木のDPマッチングを利用したDTD類似度の考察 小野里卓也古賀久志渡辺俊典電通大
(19) 16:10-16:40 特徴空間中の部分グラフ間距離の高速計算による実時間行動識別 下野弘貴佐藤正実北澤仁志東京農工大
2月25日(金) 午前  一般セッション(5)
10:00 - 12:00
(20) 10:00-10:30 花の画像検索システムと検索方法の評価 田畑惣太郎岩崎 慶高木佐恵子吉本富士市和歌山大
(21) 10:30-11:00 固定型等価近似法の画像サイズと多値化に関する検討 北村直人金沢工大)・川崎順治池田航将金沢高専)・加藤恭子金沢工大)・飯島泰蔵東工大
(22) 11:00-11:30 アイモデルを用いたCondensationによる黒目追跡 北川洋介加藤丈和呉 海元和田俊和和歌山大
(23) 11:30-12:00 複数視点物体認識における視点配置の決定法 松ヶ野修功高橋友和井手一郎名大)・目加田慶人中京大)・村瀬 洋名大
2月25日(金) 午前  テーマセッション(機械学習による自然言語処理・言語処理を利用したメディア理解)
09:30 - 12:00
(24) 09:30-10:00 形態素解析に基づくSVMを用いたアスキーアートの識別 谷岡広樹ジャストシステム)・丸山 稔信州大
(25) 10:00-10:30 Word Concept Analysis and Description for Cross-media Reference Based on Mental Image Directed Semantic Theory Masao YokotaFukuoka Inst. of Tech.
(26) 10:30-11:00 アナウンスコメントを利用したサッカー番組メタデータ自動生成 山田一郎佐野雅規住吉英樹柴田正啓八木伸行NHK
(27) 11:00-11:30 番組実況チャットを利用した放送コンテンツの自動インデキシング 宮森 恒中村聡史NICT)・田中克己NICT/京大
(28) 11:30-12:00 対話を用いた物体認識のための候補選択戦略 槇原 靖白井良明阪大)・島田伸敬立命館大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
2月25日(金) 午後  テーマ特別講演
13:00 - 16:15
(29) 13:00-13:45 [特別講演]機械学習とマイニング技術を応用した現実的な言語解析 工藤 拓NTT
(30) 13:45-14:30 [特別講演]カーネル法による構造データの解析 鹿島久嗣日本IBM
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
(31) 14:45-15:30 [特別講演]最近傍探索・識別技術と画像理解 和田俊和武本浩二和歌山大
(32) 15:30-16:15 [特別講演]実問題にひそむ高次元マルチメディアマイニングの工学的課題 佐藤真一NII

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 目加田慶人(PRMU研幹事補佐/中京大学)
TEL/FAX 0565-46-6909
e-:pr-bt 
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 中野 幹生(ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)
E-: n- 


Last modified: 2006-05-18 11:56:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /   [NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会