お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 三宅 功
副委員長 山本 幹
幹事 伊東 匡, 戸出 英樹
幹事補佐 大西 浩行

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 山尾 泰
副委員長 太郎丸 真, 渋谷 昭宏, 府川 和彦
幹事 李 還幇, 丹野 元博
幹事補佐 岡本 英二, 松岡 秀浩

日時 2006年 7月19日(水) 08:35 - 18:50
2006年 7月20日(木) 08:15 - 15:50
2006年 7月21日(金) 08:15 - 18:50
議題 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信一般 
会場名 北海道大学情報教育館 3階 スタジオ型多目的中講義室 
住所 〒060-0817 札幌市北区北17条西8丁目
交通案内 JR「札幌駅」から徒歩25分または市営地下鉄南北線「北18条駅」から徒歩10分
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/info-j/info.htm
会場世話人
連絡先
情報科学研究科メディアネットワーク専攻 西村寿彦
011-706-7396
お知らせ ◎19日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月19日(水) 午前  RCS
座長: 岡本 英二
08:35 - 10:15
(1)
RCS
08:35-08:55 高速フェージング環境における最適重みを用いる最小二乗伝搬路推定法の理論的研究 RCS2006-59 小池俊昭京大/学振/ハーバード大)・○神崎 元吉田 進京大
(2)
RCS
08:55-09:15 MIMO空間多重における順序付け順次復号の低演算量再帰アルゴリズム RCS2006-60 小池俊昭京大/学振/ハーバード大)・○清嶋耕平吉田 進京大
(3)
RCS
09:15-09:35 LDPC符号化繰り返しModified QRD-M信号分離法 RCS2006-61 安達宏一中川正雄慶大
(4)
RCS
09:35-09:55 シングルキャリアおよびマルチキャリアターボ等化MIMO伝送の特性比較 RCS2006-62 衣斐信介三瓶政一阪大)・森永規彦広島国際大
(5)
RCS
09:55-10:15 OFDM無線アクセスにおけるMIMO多重を用いる2.5 Gbps超高速パケット信号伝送の屋外実験結果 RCS2006-63 戴 埼田岡秀和樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大
  10:15-10:30 休憩 ( 15分 )
7月19日(水) 午前  NS
10:30 - 12:10
(6)
NS
10:30-10:50 階層化Mobile IPv6ネットワークにおけるパケット遅延計測による通信経路選択法の検討 NS2006-44 小林英俊高見一正創価大
(7)
NS
10:50-11:10 i3のヘッダ長を削減するLocal ID方式の提案と実装評価 NS2006-45 蕨野貴之杉山敬三KDDI研
(8)
NS
11:10-11:30 FMCシームレスサービスのための携帯電話機を用いた通信リソース動的切替え方式 NS2006-46 今井尚樹磯村 学堀内浩規KDDI研
(9)
NS
11:30-11:50 Mobility Management Between Diversified Access Systems NS2006-47 Katsutoshi NishidaMasahiro SawadaMasami YabusakiNTTDoCoMo
(10)
NS
11:50-12:10 パルス結合振動子モデルにおける進行波状態を応用したセンサネットワークのための自己組織型通信機構 NS2006-48 谷口義明若宮直紀村田正幸阪大
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
7月19日(水) 午後  RCS
座長: 松岡 秀浩
13:00 - 14:40
(11)
RCS
13:00-13:20 MIMO-OFDM固有ビーム空間分割多重方式における時間領域チャネルを用いたCSIフィードバック量の削減に関する検討 RCS2006-64 大渡裕介西本 浩小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
(12)
RCS
13:20-13:40 MIMO-SDMA/TDMAシステムにおけるQoSを考慮した無線リソース割当て方式 RCS2006-65 村井真治石藤智昭日立
(13)
RCS
13:40-14:00 サブキャリア・ブロック位相ホッピングによりPAPRを低減するMIMO-OFDM伝送 RCS2006-66 石田雄祐須山 聡鈴木 博府川和彦東工大
(14)
RCS
14:00-14:20 LDPC符号化MIMO伝送周波数領域ターボ等化におけるEXITチャート解析を用いた適応繰り返し制御 RCS2006-67 清水隆史京大)・小池俊昭京大/学振/ハーバード大)・吉田 進京大
(15)
RCS
14:20-14:40 周波数領域ターボ等化における繰り返し伝搬路推定方式のEXIT解析による性能評価 RCS2006-68 岡田暁彦衣斐信介三瓶政一阪大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
7月19日(水) 午後  NS
14:55 - 16:35
(16)
NS
14:55-15:15 複数のRFIDタグ読み出しに基づく情報検索手法の検討 ~ 広告等の情報表示システム ~ NS2006-49 加藤伸雄高見一正創価大
(17)
NS
15:15-15:35 IEEE802.11e無線LANにおける比例的および絶対的QoS制御方式 NS2006-50 谷川陽祐阪大)・金 鍾玉ATR)・戸出英樹村上孝三阪大
(18)
NS
15:35-15:55 リンクアダプテーションを有するIEEE802.11eにおけるマルチレートVoIP制御方式による品質向上効果 NS2006-51 川田丈浩山田博司NTT
(19)
NS
15:55-16:15 [奨励講演]無線干渉下におけるVoWLAN品質管理方式の提案 NS2006-52 川崎大輔中山悟志潘 煥旭山野 悟NEC
(20)
NS
16:15-16:35 [奨励講演]ストリーミング配信に対するソフトウェアペーシング方式の効果 NS2006-53 高野了成産総研/アックス)・工藤知宏児玉祐悦松田元彦岡崎史裕産総研)・石川 裕東大/産総研)・吉澤康文東京農工大
  16:35-16:50 休憩 ( 15分 )
7月19日(水) 午後  RCS
座長: 三瓶 政一
16:50 - 18:50
(21)
RCS
16:50-17:10 シングルキャリア伝送におけるMMSE周波数領域等化を用いた疑似固有ビーム空間分割多重方式 RCS2006-69 西本 浩西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
(22)
RCS
17:10-17:30 BCJRアルゴリズムに基づく適応チャネル推定を用いたMAP信号検出 RCS2006-70 王 松岩府川和彦鈴木 博東工大
(23)
RCS
17:30-17:50 周波数領域等化を適用したマルチコード伝送に関する基礎的研究 RCS2006-71 岩崎浄人西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
(24)
RCS
17:50-18:10 遅延波の到達時間に基づいたブロック分割を行うSC/MMSE MC-CDMターボ等化の提案 RCS2006-72 今村公彦山田良太吉本貴司岡本直樹シャープ
(25)
RCS
18:10-18:30 適応サブキャリア割り当てと送信電力制御を用いる下りリンクMC-CDMAのリンク容量 RCS2006-73 三井久士武田和晃安達文幸東北大
(26)
RCS
18:30-18:50 適応変調とキャンセラを用いるLDPC符号化MC-CDMAのスループット特性 RCS2006-74 福田 郁中島昭範安達文幸東北大
7月20日(木) 午前  RCS
座長: 山尾 泰
08:15 - 09:55
(27)
RCS
08:15-08:35 Parameter Estimation Employing Recursive Eigenvalue Decomposition for MIMO-OFDM Using Maximum Likelihood Detector with Array Combining RCS2006-75 Fan LishengKazuhiko FukawaHiroshi SuzukiTokyo Inst. of Tech.
(28)
RCS
08:35-08:55 スキャッタード・パイロットOFDM受信機に用いる繰り返し検出と適応タップ選択チャネル推定 RCS2006-76 加藤勝也須山 聡鈴木 博府川和彦東工大
(29)
RCS
08:55-09:15 Carrier Interferometryを活用したダイナミックスペクトル制御による1セル繰返しTDMAシステムに関する検討 RCS2006-77 眞嶋圭悟三瓶政一阪大
(30)
RCS
09:15-09:35 Low Complexity Resource Allocation Algorithm by Using a User Ranking and Convergence without Iterations for OFDMA Systems RCS2006-78 Maduranga LiyanageIwao SasaseKeio Univ.
(31)
RCS
09:35-09:55 OFDMAセルラシステムにおいて高カバレッジおよび高スループットを両立する周波数スケジューリングアルゴリズムに関する検討 RCS2006-79 藤田裕志吉田 誠富士通研
  09:55-10:10 休憩 ( 15分 )
7月20日(木) 午前  NS
10:10 - 12:10
(32)
NS
10:10-10:30 アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額の調査と分析 NS2006-54 柄沢直之新潟大/早大)・呑海賢次矢守恭子田中良明早大
(33)
NS
10:30-10:50 送信電力と送信レートを適応制御するアドホックMACプロトコル NS2006-55 萬代雅希前多 聡渡辺 尚静岡大
(34)
NS
10:50-11:10 局所代替経路を用いたアドホックルーティングプロトコルに関する一検討 NS2006-56 渡辺貴則内藤克浩森 香津夫小林英雄三重大
(35)
NS
11:10-11:30 無線アドホックネットワークへのシェーパーの適用 NS2006-57 榎本 正NEC
(36)
NS
11:30-11:50 2段階の条件設定をともなう無線アドホック通信手法 NS2006-58 瀬山稔哉桧垣博章東京電機大
(37)
NS
11:50-12:10 アドホックネットワークにおける制御メッセージ数を抑制する拡張AODVルーチング NS2006-59 越智佳景岡崎高久木下和彦戸出英樹村上孝三阪大
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
7月20日(木) 午後  RCS
座長: 府川 和彦
13:00 - 14:20
(38)
RCS
13:00-13:20 並列連接符号の周波数選択性フェージング下における復号特性改善 ~ 系列推定を用いたチャネル予測の適用による復号 ~ RCS2006-80 若松陽子群馬県庁)・堀越 淳前橋工科大
(39)
RCS
13:20-13:40 ガードインターバル長適応可変OFDM移動通信伝送方式に関する一検討 RCS2006-81 相田和孝周 虹阪工大
(40)
RCS
13:40-14:00 音響OFDMの空中伝送特性 RCS2006-82 中島悠輔松岡保静吉村 健NTTドコモ
(41)
RCS
14:00-14:20 移動通信システムにおける新設基地局の初期パラメータ自動決定法の提案 RCS2006-83 細野博之森 慎一杉山隆利NTTドコモ
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
7月20日(木) 午後  RCS
座長: 太郎丸 真
14:30 - 15:50
(42)
RCS
14:30-14:50 アダプティブアレーアンテナを用いる新しいコグニティブ無線のアドホックネットワークへの適用 RCS2006-84 木下敦史神谷幸宏東京農工大)・藤井威生電通大)・鈴木康夫東京農工大
(43)
RCS
14:50-15:10 アダプティブアレーアンテナを用いた無線アドホックネットワークのための事前与干渉回避法 RCS2006-85 坂口智文神谷幸宏東京農工大)・藤井威生電通大)・鈴木康夫東京農工大
(44)
RCS
15:10-15:30 位置情報に基づきマルチパスフェージングを考慮した移動体向けアドホックルーティングの特性評価 RCS2006-86 渡辺正浩湯 素華門脇直人小花貞夫ATR
(45)
RCS
15:30-15:50 高品質映像伝送を実現するレート制御手法 RCS2006-87 山中重幸大谷昌弘シャープ
7月21日(金) 午前  NS
08:15 - 09:55
(46)
NS
08:15-08:35 ユビキタスサービス合成のためのワークフロー作成支援技術に関する一検討 NS2006-60 森谷高明大西浩行小川猛志伊東 匡NTT
(47)
NS
08:35-08:55 ユビキタス環境におけるコミュニケーションを支援するためのパーソナルエージェント構成法の検討 NS2006-61 楠 基高見一正創価大
(48)
NS
08:55-09:15 基地局ダイバシチシステムのためのTCP特性に基づいた無線リンク割当に関する一検討 NS2006-62 内藤克浩森 香津夫小林英雄三重大
(49)
NS
09:15-09:35 基地局ダイバシチを用いた路車間通信システムに関する一検討 NS2006-63 寺田康一内藤克浩森 香津夫小林英雄三重大
(50)
NS
09:35-09:55 Edge-based TACCSの理論解析 NS2006-64 伊達拓紀安川健太東工大)・馬場健一阪大)・山岡克式東工大
  09:55-10:10 休憩 ( 15分 )
7月21日(金) 午前  RCS
座長: 内藤 克浩
10:10 - 12:10
(51)
RCS
10:10-10:30 Performance Evaluation of Novel DSA Scheme using Traffic Prediction for Wide Area Ubiquitous Network RCS2006-88 Yoshitaka ShimizuFusao NunoKazuji WatanabeNTT
(52)
RCS
10:30-10:50 Topology and Traffic Aware Dynamic Channel Assignment for CSMA/CA Based Mesh Networks in a Distributed Manner RCS2006-89 Kengo YagyuAtsushi FujiwaraTomoyuki OhyaNTT DoCoMo
(53)
RCS
10:50-11:10 マルチホップ通信における非対称経路を利用したスループット向上手法の一検討 RCS2006-90 福家直樹大関武雄石川博康杉山敬三KDDI研
(54)
RCS
11:10-11:30 [奨励講演]通信速度が異なる端末が存在する無線LANにおけるスループット向上法 RCS2006-91 平山 怜稲井 寛佐竹伸介岡山県立大
(55)
RCS
11:30-11:50 無線LANにおけるスループット測定方法の一検討 RCS2006-92 徳安朋浩名倉正光相河 聡NTT
(56)
RCS
11:50-12:10 無線メッシュネットワークにおけるVoIPトラフィックの呼受付制御 RCS2006-93 藤原 淳大矢智之NTTドコモ
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
7月21日(金) 午後  NS
13:00 - 14:40
(57)
NS
13:00-13:20 Building a P2P Network for a Must-Reliable System NS2006-65 Elreza HardianHidenori NakazatoWaseda Univ.
(58)
NS
13:20-13:40 オーバーレイマルチキャストのための帯域幅予約手法 NS2006-66 小幡裕和桧垣博章東京電機大
(59)
NS
13:40-14:00 Hybrid Local Recovery Scheme for Reliable Multicast Using Group-aided Multicast Scheme NS2006-67 Alex FungIwao SasaseKeio Univ.
(60)
NS
14:00-14:20 大量フロー生成ホスト特定処理における最適メモリ配分法 NS2006-68 上山憲昭森 達哉川原亮一NTT
(61)
NS
14:20-14:40 遅延時間情報を利用した自律的な負荷分散を実現する経路制御手法 NS2006-69 柏崎礼生高井昌彰北大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
7月21日(金) 午後  RCS
座長: 西村 寿彦
14:55 - 16:35
(62)
RCS
14:55-15:15 同一チャネル干渉の存在するOFDMA/TDD方式におけるCQI通知法 RCS2006-94 原 嘉孝大島一能三菱電機
(63)
RCS
15:15-15:35 同一チャネル干渉の存在するTDD/MIMOシステムにおけるチャネル状態通知法 RCS2006-95 原 嘉孝大島一能三菱電機
(64)
RCS
15:35-15:55 TDD/MIMOシステムにおける送信ビーム遠隔制御法 RCS2006-96 原 嘉孝大島一能三菱電機
(65)
RCS
15:55-16:15 マルチユーザMIMOシステムにおける適応送信ビームを用いた上りリンク空間スケジューリング RCS2006-97 原 嘉孝ブルネル ロイック大島一能三菱電機
(66)
RCS
16:15-16:35 マルチユーザMIMOにおいて相互干渉除去を行う下りリンク空間スケジューリング RCS2006-98 原 嘉孝ブルネル ロイック大島一能三菱電機
  16:35-16:50 休憩 ( 15分 )
7月21日(金) 午後  RCS
座長: 小川 恭孝
16:50 - 18:50
(67)
RCS
16:50-17:10 マルチユーザMIMOシステムにおける部分チャネル情報通知を用いた空間スケジューリング RCS2006-99 原 嘉孝大島一能三菱電機
(68)
RCS
17:10-17:30 空間スケジューリング対応OFDMA/TDD/MIMO方式の提案 RCS2006-100 原 嘉孝平 明徳大島一能三菱電機
(69)
RCS
17:30-17:50 OFDMAを用いるEvolved UTRAにおける共有データチャネルに対するブロック分割を用いるリソースブロックレベルのDistributed送信法 RCS2006-101 永田 聡大藤義顕樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大
(70)
RCS
17:50-18:10 OFDMを用いるEvolved UTRA下りリンクにおけるセクタ間直交パイロットチャネルのマルチセル環境におけるスループット特性 RCS2006-102 岸山祥久森本彰人樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大
(71)
RCS
18:10-18:30 Evolved UTRA上りリンクのスケジューリングを用いるパケットアクセスにおけるセル間マクロダイバーシチ特性の比較評価 RCS2006-103 川合裕之森本彰人樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大
(72)
RCS
18:30-18:50 シングルキャリアFDMAを用いるEvolved UTRA上りリンクにおけるFDMAとCDMAを併用する直交パイロットチャネル RCS2006-104 川村輝雄岸山祥久樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
大西浩行(NTT)
TEL0422-59-4132,FAX0422-59-2042
E-:oh
伊東匡(NTT)
TEL0422-59-3063,FAX0422-59-2042
E-:ih 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 李 還幇(情報通信研究機構)
E-:r_- 


Last modified: 2006-07-22 08:52:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会