電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 有木 康雄 (神戸大)
副委員長 間野 一則 (芝浦工大)
幹事 李 晃伸 (名工大), 菊池 英明 (早大)
幹事補佐 北村 達也 (甲南大), 小川 厚徳 (NTT)

日時 2009年11月26日(木) 13:00 - 18:00
2009年11月27日(金) 09:30 - 14:45
議題 言語獲得・学習, 合成,生成,韻律,一般 
会場名 静岡大学 浜松キャンパス 
住所 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北 3-5-1
交通案内 遠鉄バスのりば等 JR東海浜松駅前北口 バスターミナル15,16番のりばから 全路線 「静岡大学」下車
http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/hamamatsu.html
会場世話人
連絡先
情報学部情報科学科 北澤茂良
053-478-1471
他の共催 ◆日本音響学会 音声研究会共催,IEEE Signal Processing Society Japan Chapter協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月26日(木) 午後 
13:00 - 18:00
(1) 13:00-13:30 Noise reduction of speech using LPC and Wiener filter SP2009-62 Xin DangTakayoshi NakaiShizuoka Univ.
(2) 13:30-14:00 時間冗長性圧縮によるボコーダ型音声符号化の低ビット化 SP2009-63 木幡 稔千葉工大)・鈴木基之徳島大)・伊藤彰則牧野正三東北大
(3) 14:00-14:30 声門流解析と音源ーフィルタ相互作用を考慮した発声モデル SP2009-64 鏑木時彦大毛勝統九大
(4) 14:30-15:00 咬み合わせ治療による発声改善 SP2009-65 安藤正遵安藤歯科クリニック)・千崎一義MS Factory)・上野香代子大川茂樹千葉工大
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
(5) 15:15-16:15 [招待講演]基本周波数モデルとその応用 SP2009-66 山下洋一立命館大
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
(6) 16:30-17:00 基本周波数パターン生成過程モデルに基づくコーパスベース韻律生成における柔軟な焦点制御 SP2009-67 越智景子広瀬啓吉峯松信明東大
(7) 17:00-17:30 音韻・韻律情報を用いた両耳融合聴課題に関する検討 SP2009-68 松井和貴網野加苗荒井隆行道又 爾上智大)・鎌田浩史和光大
(8) 17:30-18:00 雑音・残響下における発話の音響的特徴の話者変動 SP2009-69 程島奈緒荒井隆行上智大)・栗栖清浩TOA
11月27日(金) 午前 
09:30 - 11:30
(9) 09:30-10:00 構造評価関数を用いた構造的表象からの音声合成系の高精度化 SP2009-70 齋藤大輔喬 宇峯松信明広瀬啓吉東大
(10) 10:00-10:30 音声の構造的表象に基づく異言語間・異話者間の音声変換手法 SP2009-71 見原隆介齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大
(11) 10:30-11:00 クラスタ化を基本とする音声言語獲得の機能モデル ~ 単語と母音音素の場合 ~ SP2009-72 高良富夫藤田祐貴砂川泰毅大城武志祝 三志郎琉球大
(12) 11:00-11:30 対乳児発話の母音の時間構造 ~ 理研日本語母子会話コーパスを用いた分析 ~ SP2009-73 宮澤幸希菊池英明早大)・新谷敬人馬塚れい子理研
  - 昼食
11月27日(金) 午後 
13:00 - 14:45
(13) 13:00-14:00 [招待講演]Minskyの多層思考モデルの観点から音声コミュニケーションを考える ~ 常識・感情・意識・自己とは何か ~ SP2009-74 竹林洋一静岡大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
(14) 14:15-14:45 音声行動コーパスに基づく模倣場面に注目した音声言語獲得過程分析 SP2009-75 川崎壮太桐山伸也竹林洋一北澤茂良静岡大

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先 菊池 英明 (早稲田大学)
Tel: 04-2947-6843
E-: kikuchi [at] waseda.jp 


Last modified: 2009-09-29 00:13:36


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会