お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 太郎丸 真 (福岡大)
副委員長 村田 英一 (京大), 田野 哲 (岡山大), 眞田 幸俊 (慶大)
幹事 岡崎 彰浩 (三菱電機), 須山 聡 (NTTドコモ)
幹事補佐 増野 淳 (NTT), 山本 哲矢 (パナソニック), 井上 高道 (NEC), 旦代 智哉 (東芝), 西村 寿彦 (北大)

日時 2016年 4月21日(木) 14:00 - 20:30
2016年 4月22日(金) 08:45 - 15:50
議題 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
会場名 弘前市 星と森のロマントピア 
住所 〒036-1505 青森県弘前市大字水木在家 字桜井113-2
交通案内 JR弘前駅より弘南バス(相馬線)約45分で相馬庁舎、相馬庁舎から無料送迎バスで約5分
http://www.romantopia.net/
会場世話人
連絡先
(株)東芝 研究開発センター 旦代 智哉
044-549-2283
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

4月21日(木) 午後  RCS1
座長: 増野 淳(NTTドコモ)
14:00 - 15:15
(1) 14:00-14:25 Energy-Efficient Resource Allocation for Cooperative Cognitive Radio Networks with Imperfect Spectrum Sensing RCS2016-1 Wanming HaoOsamu MutaKyushu Univ.)・Haris GacaninNokia Belgium)・Hiroshi FurukawaKyushu Univ.
(2) 14:25-14:50 Dynamic ON/OFF of smallcell BS in C-RAN based 5G HetNet supporting user's satisfaction RCS2016-2 Gia Khanh TranHidekazu ShimodairaKei SakaguchiKiyomichi ArakiTokyo Tech
(3) 14:50-15:15 700MHz帯路車協調システムを用いた交通流制御に関する一検討 RCS2016-3 大野良太山里敬也名大
4月21日(木) 午後  RCS Expressセッション1
座長: 増野 淳(NTTドコモ)
15:15 - 15:35
(4) 15:15-15:35 通信をベースとした人間と機械によるハイブリッド自動運転の可能性 RCS2016-4 郡 武治静岡理工科大
  15:35-15:50 休憩 ( 15分 )
4月21日(木) 午後  特集セッション1 5G時代のITSに向けた無線通信
座長: 村田 英一(京大)、太郎丸 眞(福岡大)
15:50 - 17:30
(5) 15:50-16:35 [招待講演]次世代ITS(V2X)への取組み状況について ~ 歩車間通信(V2P)、及び、インフラレーダ(V2I)の研究開発 ~ RCS2016-5 青山恭弘大久保義行中川洋一パナソニック)・南田智昭PSNRD
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
(6) 16:45-17:30 [招待講演]つながるクルマの現状と今後の無線通信技術への期待 RCS2016-6 牧戸知史佐々木健吾鈴木有也豊田中研)・中尾彰宏東大
  17:30-18:30 休憩 ( 60分 )
  18:30-19:30 夕食 ( 60分 )
  19:30-19:45 休憩 ( 15分 )
4月21日(木) 午後  特集セッション2 将来ITSのための無線通信と応用技術ワークショップ
座長: 田野 哲(岡山大)、眞田 幸俊(慶應大)
19:45 - 20:30
(7) 19:45-20:00 [依頼講演]車載応用に向けたエネルギーハーベスティング無線センサシステム RCS2016-7 梅田俊之上野武司笠見英男東芝
(8) 20:00-20:15 [依頼講演]物理層秘匿性を有するSCMA伝送方式の検討 RCS2016-8 岡本英二國友啓佑名工大
(9) 20:15-20:30 [依頼講演]V2XサービスのためのLTE高度化 RCS2016-9 安川真平永田 聡中村武宏NTTドコモ
  20:30-21:00 ワークショップディスカッション ( 30分 )
4月22日(金) 午前  RCS2
座長: 井上 高道(NEC)
08:45 - 10:00
(10) 08:45-09:10 階層化セル構成における走行速度に基づく階層間ハンドオーバ制御のシステム性能評価 RCS2016-10 金沢 昇生天目 翔緒方大悟長手厚史ソフトバンク
(11) 09:10-09:35 ヘテロジニアスネットワークにおける統合復調を用いた非直交多元接続の検討 RCS2016-11 柏葉夏実矢崎貴大・○眞田幸俊慶大
(12) 09:35-10:00 ヘテロジニアスネットワークを実現する無線ネットワークアーキテクチャの検討 RCS2016-12 藤田隆史清水敬司NTT)・森川博之東大
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
4月22日(金) 午前  RCS3
座長: 西村 寿彦(北大)
10:10 - 11:25
(13) 10:10-10:35 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOの実現に向けた非線形ブロック多重対角化プリコーディングのOFDM伝送特性 RCS2016-13 平 明徳西本 浩井浦裕貴内田 繁岡崎彰浩岡村 敦三菱電機
(14) 10:35-11:00 低SHF帯デジタルビームフォーミングを用いる5G Massive MIMO伝送におけるカバレッジ評価 RCS2016-14 奥山達樹吉岡翔平・○須山 聡奥村幸彦NTTドコモ
(15) 11:00-11:25 大規模MIMOのためのSorted QR分解を用いた低計算量確率伝播復調法に関する一検討 RCS2016-15 田邉将吾石橋功至電通大
4月22日(金) 午前  RCS Expressセッション2
座長: 西村 寿彦(北大)
11:25 - 11:45
(16) 11:25-11:45 3D Ray Launching Evaluation of High Frequency Transmission with Beamforming Technique RCS2016-16 Ilmiawan ShubhiHidekazu MurataKyoto Univ.
  11:45-12:45 昼食 ( 60分 )
4月22日(金) 午後  RCS4
座長: 山本 哲矢(パナソニック)
12:45 - 14:00
(17) 12:45-13:10 5GにおけるeMBB及びIoTをサポートするための無線アクセス要素技術に関する屋外伝送実験 RCS2016-17 齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Jianglei MaJing QiuDageng ChenLei Lu鹿島 毅ファーウェイ・テクロノジーズ
(18) 13:10-13:35 15 GHz帯5G無線アクセスの電波暗室におけるMassive MIMOを用いたビームトラッキング特性の実験的評価 RCS2016-18 立石貴一栗田大輔原田 篤岸山祥久NTTドコモ
(19) 13:35-14:00 Experiment of Massive MIMO Beamforming in High Mobility Environment for 5G Super Wideband Transmission Using 28 GHz Band RCS2016-19 Tatsunori ObaraYuki InoueNTT DOCOMO)・Yuuichi AokiSamsung Electronics)・Satoshi SuyamaNTT DOCOMO)・Jaekon LeeSamsung Electronics)・Yukihiko OkumuraNTT DOCOMO
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
4月22日(金) 午後  RCS5
座長: 岡崎 彰浩(三菱電機)
14:10 - 15:50
(20) 14:10-14:35 高周波数帯Massive MIMOにおけるサブアレー時間軸ビームフォーミングによるマルチユーザ並列伝送 RCS2016-20 丸田一輝太田 厚新井拓人白戸裕史黒崎 聰岩國辰彦飯塚正孝NTT
(21) 14:35-15:00 実測CSIを用いたマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の特性評価 RCS2016-21 岩國辰彦丸田一輝太田 厚白戸裕史新井拓人飯塚正孝NTT
(22) 15:00-15:25 大規模ランダム多元接続のための符号化フレームレスALOHAのパケット損失確率について RCS2016-22 尾形 駿石橋功至電通大
(23) 15:25-15:50 LTE-Advanced Pro向けLatency Reductionにおける送信時間間隔短縮に関する特性評価 RCS2016-23 湯田泰明パナソニック)・高田智史PSNRD)・岩田綾子山本哲矢星野正幸パナソニック

講演時間
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 15 分 + 質疑応答 0 分
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(Expressセッション)発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 旦代 智哉 (東芝)
E-:r_- 


Last modified: 2016-04-18 21:18:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会