電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 広川 二郎 (東工大)
副委員長 山口 良 (ソフトバンク)
幹事 今井 哲朗 (NTTドコモ), 木村 雄一 (埼玉大)
幹事補佐 竹村 暢康 (日本工大), 山口 聡 (三菱電機)

日時 2018年 5月17日(木) 09:30 - 17:20
2018年 5月18日(金) 09:30 - 16:40
議題 電波伝搬,一般 
会場名 熊本大学 黒髪北地区 くすの木会館 1F 
住所 〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-40-1
交通案内 熊本空港から市内方面バスで通町筋下車.またはJR熊本駅から電車またはバスで 通町筋下車.通町筋バス停(電車通り北側の教会前)から子飼橋・熊本大学前経由のバスで熊本大学前下車(15分).進行方向左にあるレンガ造りの門(五高時代の赤門.重文)から通りに沿って7分.
http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou
会場世話人
連絡先
熊本大学 福迫 武
096-342-3839
他の共催 ◆IEEE AP-S Fukuoka Chapter, URSI-F 共催
お知らせ ◎5月のAP研のお知らせはこちらからご覧いただけます.
http://www.ieice.org/cs/ap/jpn/notice/notice201805.pdf
◎懇親会を下記の要領で開催する予定ですので,奮ってご参加ください.
(日時:5月17日(木) 研究会終了後)
★★★(ご注意!)参加費については、下記をご覧ください ★★★
なお,IEEE AP-S Fukuoka Chapter 特別講演の参加費は無料です.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(AP研究会)についてはこちらをご覧ください.

5月17日(木) 午前  A・P研
座長: 野口 啓介 (金沢工大)
09:30 - 10:50
  - 委員長挨拶
(1) 09:35-10:00 エナジーハーベスティング用高インピーダンス3導体折返しダイポールアンテナ 西尾拓哉野口啓介伊東健治井田次郎金沢工大
(2) 10:00-10:25 鉄塔を用いた折り返しモノポールアンテナの設計と測定 山浦真悟柳 崇西本研悟山本剛司西岡泰弘深沢 徹米田尚史三菱電機
(3) 10:25-10:50 円偏波用小型広帯域プリント基板型モノポールアンテナ 河本 崇清水啓悟漆崎裕介藤本孝文長崎大
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
5月17日(木) 午前  A・P研
座長: 藤本 孝文 (長崎大)
11:00 - 11:50
(4) 11:00-11:25 フィルタ設計理論による2×2素子導波管スロットアレーの設計 戸村 崇広川二郎東工大
(5) 11:25-11:50 和差パターンを用いる指向性変調アレーアンテナの励振振幅一様化法 栗山 侑紀平一成大塚昌孝深沢 徹米田尚史三菱電機
  11:50-13:05 昼食 ( 75分 )
5月17日(木) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「高信頼無線通信のための電波伝搬研究」 (オーガナイザ:吉敷 由起子 (構造計画研究所))
座長: 北尾 光司郎 (NTTドコモ)
13:05 - 13:55
(6) 13:05-13:30 ドローンを用いた多周波数帯測定による単一ビルに対するクラッターロスのアンテナ高特性 佐々木元晴中村光貴久野伸晃鷹取泰司NTT
(7) 13:30-13:55 車両向け通信環境における28 GHz帯回折特性の解析 川﨑翔平伊藤優希岩井誠人同志社大)・中野 哲KDDI)・末柄恭宏柴山昌也梅原雅人KDDI総合研究所
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
5月17日(木) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「高信頼無線通信のための電波伝搬研究」 (オーガナイザ:吉敷 由起子 (構造計画研究所))
座長: 吉敷 由起子 (構造計画研究所)
14:05 - 15:20
(8) 14:05-14:30 4.7GHzと66.5GHz帯における複数人体遮蔽時の屋内伝搬損失推定式 中村光貴佐々木元晴鷹取泰司NTT
(9) 14:30-14:55 畳み込みニューラルネットワークを用いた深層学習による伝搬損失特性推定法 久野伸晃佐々木元晴鷹取泰司NTT
(10) 14:55-15:20 市街地ストリートセル環境における67GHz帯到来方向特性の検討 北尾光司郎今井哲朗猪又 稔奥村幸彦NTTドコモ)・柳澤 潔ローデ・シュワルツ・ジャパン)・Taro EichlerRohde & Schwarz)・Wilhelm KeusgenFraunhofer Heinrich Herz Institute
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
5月17日(木) 午後  A・P研 チュートリアル講演
座長: 広川 二郎 (東工大)
15:30 - 16:20
(11) 15:30-16:20 [チュートリアル講演]円偏波アンテナに関する考察とその広帯域化への挑戦 福迫 武熊本大
  16:20-16:30 休憩 ( 10分 )
5月17日(木) 午後  IEEE AP-S Fukuoka Chapter 特別講演
座長: 福迫 武 (熊本大)
16:30 - 17:20
(12) 16:30-17:20 [特別講演](口頭発表)次世代低周波電波望遠鏡Square Kilometre Array 高橋慶太郎熊本大
5月18日(金) 午前  A・P研
座長: 深沢 徹 (三菱電機)
09:30 - 10:45
(13) 09:30-09:55 Design and Numerical Simulation of a Near-zero Refractive-index Metamaterial Unit Peng ChenUESTC)・Qiang ChenTohoku Univ.
(14) 09:55-10:20 ボウタイ型偏波変換器のエッジ形状依存性に関する検討 野一色崇志福迫 武久世竜司熊本大
(15) 10:20-10:45 2×2近距離MIMOのチャネル容量改善のためのメタ表面反射板の適用法 久世竜司福迫 武松島 章熊本大
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
5月18日(金) 午前  A・P研
座長: 西森 健太郎 (新潟大)
10:55 - 11:45
(16) 10:55-11:20 Zadoff-Chu系列の相関特性を用いた合成開口アンテナによる時空間測定法の検討 豊見本和馬山口 良ソフトバンク
(17) 11:20-11:45 Pi-SAR-L2データを用いたTomoSARによる三次元イメージングに関する検討 鈴木健一郎山田寛喜新潟大)・大木真人JAXA)・佐藤亮一山口芳雄新潟大
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
5月18日(金) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「高信頼無線通信のための電波伝搬研究」 (オーガナイザ:吉敷 由起子 (構造計画研究所))
座長: 岩井 誠人 (同志社大)
13:00 - 14:15
(18) 13:00-13:25 互いに直交する窓開口面を通過するパスの電界強度推定法 ~ 直交開口面に対するDouble Aperture Field法 ~ 天野祐輔多賀登喜雄関西学院大
(19) 13:25-13:50 屋外ー屋内伝搬特性推定のための窓開口からの再放射パタン推定 岡橋慧汰・○多賀登喜雄関西学院大
(20) 13:50-14:15 実験データに基づく有相関パス遮蔽モデルの検討 木村有佑梁瀬伸晃玉沢裕介多賀登喜雄関西学院大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
5月18日(金) 午後  A・P研
座長: 山口 良 (ソフトバンク)
14:25 - 15:15
(21) 14:25-14:50 Improving Channel Capacity in Indoor 4 x 4 MIMO Base Station Utilizing Small Bi-Directional Antenna Bakar RohaniKanata TakahashiHiroyuki AraiYokohama National Univ.)・Yasuko KimuraTaisuke IharaNTT DoCoMo
(22) 14:50-15:15 線形制御を用いたMassive MIMOにおけるアレーの自由度の考察 ~ 伝搬路の違いによる特性評価 ~ 西森健太郎新潟大
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
5月18日(金) 午後  A・P研 執行部退任記念講演
座長: 木村 雄一 (埼玉大)
15:25 - 16:40
(23) 15:25-15:50 Full-duplex MIMO方式におけるアンテナ選択を用いた端末間干渉抑圧性能向上に関する検討 竹村暢康日本工大)・本間尚樹川越厚人樫野雄太岩手大
(24) 15:50-16:15 めっきバンプ積層工法を用いた多層樹脂基板ポスト壁導波管斜めスロットアレーアンテナ 山口 聡田原志浩深沢 徹米田尚史三菱電機
(25) 16:15-16:40 市街地ストリートマイクロセル環境における28GHz帯の伝搬路に関する一検討 今井哲朗猪又 稔北尾光司郎奥村幸彦NTTドコモ

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
特別講演(IEEE AP-S Fukuoka Chapter)発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 木村 雄一(埼玉大)
E-: _-cry 


Last modified: 2018-05-16 15:26:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会