電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のMW研究会 / 次のMW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


マイクロ波研究会(MW) [schedule] [select]
専門委員長 本城 和彦 (電通大)
副委員長 大平 孝 (豊橋技科大), 黒木 太司 (呉高専)
幹事 真田 篤志 (山口大), 川端 和生 (富士通研)
幹事補佐 佐藤 圭 (NTTドコモ), 柴田 幸司 (八戸工大)

日時 2009年11月19日(木) 13:00 - 17:00
2009年11月20日(金) 09:00 - 16:30
議題 マイクロ波一般 
会場名 種子島宇宙センター 竹崎展望台記者会見室 
住所 〒891-3793鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
交通案内 種子島空港からタクシーで50分/または西之表港からタクシーで1時間15分
http://www.jaxa.jp/visit/tanegashima/traffic_j.html
会場世話人
連絡先
JAXA 川崎繁男, 嶋根愛理
他の共催 ◆IEEE MTT-S Japan Chapter共催、IEEE MTT-S Kansai Chapter協賛
お知らせ ◎19日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください(要予約)。施設見学テクニカルツアーは定数になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい。
なお、テクニカルツアーの予約および会場情報はこちらをご覧下さい。
http://www-ap.apsci.yamaguchi-u.ac.jp/mw2009nov/MW2009NOV/Home.html
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月19日(木) 午後 
13:00 - 17:00
(1) 13:00-13:25 きずな(WINDS)搭載APAAの開発と軌道上評価 MW2009-128 谷島正信黒田知紀島田政明JAXA
(2) 13:25-13:50 スタブ装荷による反射器付き水平偏波C形状ダイポールアンテナの共振長の短縮 MW2009-129 木村泰子長 敬三NTTドコモ
(3) 13:50-14:15 平面実装60GHz-CMOS集積回路のための基板側面放射ミリ波アンテナ MW2009-130 中野 洋アムシス)・須賀良介東工大)・平地康剛アムシス)・広川二郎安藤 真東工大
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
(4) 14:30-14:55 2ビット可変長伝送線路共振器を用いた2段リコンフィギャラブルバンドパスフィルタ MW2009-131 森 弘樹大塚純一福田良太山尾 泰電通大
(5) 14:55-15:20 極低温受信フロントエンドを用いたW-CDMA方式における容量拡大効果 MW2009-132 佐藤 圭鈴木恭宜三村哲也楢橋祥一NTTドコモ)・野島俊雄北大
(6) 15:20-15:45 ローバーへの無線情報エネルギー伝送の基礎実験 MW2009-133 磯野晃輔堀 正和渋谷賢広東京理科大/JAXA)・清田春信山下清隆京大)・嶋根愛理川崎繁男JAXA
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
(7) 16:00-17:00 [特別講演]2009年IEEE MTT-S国際マイクロ波シンポジウム出席報告 MW2009-134 岡崎浩司NTTドコモ)・西川健二郎NTT)・鈴木恭宜NTTドコモ)・大久保賢祐岡山県立大)・上田哲也京都工繊大)・廣田明道三菱電機)・鴨田浩和NHK)・中舍安宏富士通研
11月20日(金)  
09:00 - 16:30
(8) 09:00-09:25 コヒーレント帯域合成による広帯域信号の生成 MW2009-135 塩見英久立花 亮岡村康行阪大
(9) 09:25-09:50 2/5GHz帯デュアルバンドディジタル制御LC発振器の開発 MW2009-136 内田健太トマル アビシェクポカレル ラメシュ金谷晴一吉田啓二九大
(10) 09:50-10:15 5.2GHz帯ダイレクトコンバージョン用低フリッカノイズミキサにおける線形性改善法の検討 MW2009-137 古賀 昇モハンマド アブドゥルガニポカレル ラメシュ金谷晴一吉田啓二九大
(11) 10:15-10:40 FWA用38GHz帯MMIC ~ 送信周波数コンバータ ~ MW2009-138 城崎俊文永嶺真治小澤文生谷口 徹日本無線
  10:40-10:55 休憩 ( 15分 )
(12) 10:55-11:20 AR1000基板を用いて構成されたマイクロストリップ線路に関する伝搬定数の評価に関する検討 MW2009-139 吉冨了平小林禧夫馬 哲旺埼玉大
(13) 11:20-11:45 二次実装基板の有無を考慮したミリ波表面実装型LTCCパッケージの開発 MW2009-140 清水隆志宇都宮大)・中野 洋アムシス/東工大)・古神義則宇都宮大)・平地康剛アムシス/東工大
(14) 11:45-12:10 右手/左手系複合線路を用いたスタブ共有型フォワードカプラの一設計法 MW2009-141 廣田明道田原志浩米田尚史三菱電機
(15) 12:10-12:35 CRLH線路を用いた広帯域小型ラットレース回路 MW2009-142 河合 正水野裕之太田 勲榎原 晃兵庫県立大
  12:35-13:30 休憩 ( 55分 )
(16) 13:30-14:45 種子島宇宙センター施設見学テクニカルツアー
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
(17) 15:00-16:30 IEEE Microwave Theory and Techniques Society Distinguished Microwave Lecturer 講演会

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
MW マイクロ波研究会(MW)   [今後の予定はこちら]
問合先 柴田幸司 (八戸工業大学)
TEL:0178-25-8271
FAX:0178-25-1430
E-:ba-
もしくは
真田篤志(山口大学)
E-:asgu-u 


Last modified: 2009-10-24 14:54:02


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MW研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のMW研究会 / 次のMW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会