お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 笹瀬 巌
副委員長 三宅 功
幹事 笠原 正治, 伊東 匡
幹事補佐 大西 浩行

コミュニケーションクオリティ研究会(CQ) [schedule] [select]
専門委員長 阿部 威郎
副委員長 石橋 豊, 吉野 秀明
幹事 野尻 秀樹, 行田 弘一

テレコミュニケーションマネジメント研究会(TM)
専門委員長 藤井 伸朗
副委員長 宇野 浩司, 栗山 博
幹事 松雪 康巳, 伊勢田 衡平
幹事補佐 高野 誠

{INFOMESITEM}
日時 2005年11月17日(木) 14:00 - 18:15
2005年11月18日(金) 09:00 - 16:10
議題 NW性能管理,NW品質,一般 
会場名 くにびきメッセ 501大会議室(A会場),401会議室(B会場) 
住所 〒690-0826 島根県松江市学園南一丁目2番1号
交通案内 JR松江駅より徒歩7分
http://www.kunibikimesse.jp/
会場世話人
連絡先
0852-24-1111
お知らせ ◎17日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください(会費:3000円,<予定>).

11月17日(木)   A会場 NS研究会
14:00 - 15:15
(1)
NS
14:00-14:25 トラヒックの最小流量に着目したトラヒックパターンのフィルタリングによるDDoS追跡の高精度化 内海宏律角田 裕和泉勇治根元義章東北大
(2)
NS
14:25-14:50 トラヒック種別間の相関関係に基づいたネットワーク状態の評価方式 廣瀬淳一和泉勇治角田 裕根元義章東北大
(3)
NS
14:50-15:15 フローペイロードの類似性に基づく拡散型ワーム検出に関する一検討 辻 雅史和泉勇治角田 裕根元義章東北大
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
11月17日(木)   A会場 特別セッション:"インターネットのギャランティサービスや次世代NWの設計・管理を行う上で必要となるトラヒック・品質計測技術"
15:25 - 17:30
(4)
共通
15:25-15:50 通信パターン分析に基づくワーム感染ホスト検出方法 森 達哉川原亮一上山憲昭石橋圭介阿部威郎NTT
(5)
共通
15:50-16:15 Estimating flow rate from sampled packet streams for detection of performance degradation at TCP flow level Ryoichi KawaharaTatsuya MoriKeisuke IshibashiNoriaki KamiyamaTakeo AbeNTT
(6)
共通
16:15-16:40 大規模分散環境における品質把握に向けたクラスタ化手法とその評価 亀井 聡川原亮一NTT
(7)
共通
16:40-17:05 トモグラフィに基づくインターネット計測システムの大規模化に関する検討 田上敦士長谷川輝之阿野茂浩長谷川 亨KDDI研
(8)
共通
17:05-17:30 エレファントフローのリアルタイム測定によるネットワーク品質制御技術の検討 林 理恵宮村 崇塩本公平漆谷重雄NTT
  17:30-17:40 休憩 ( 10分 )
11月17日(木)   A会場
17:40 - 18:15
(9)
共通
17:40-18:15 [特別講演]APNOMS2005国際会議報告 ~ オペレーション&マネジメントの研究開発動向 ~ 朝生一史NTT西日本)・宮内直人三菱電機)・藤井伸朗NTT
11月18日(金)   A会場 NS研究会
09:00 - 16:10
(10)
NS
09:00-09:25 Traffic Characteristics of Assembled Burst Traffic for Optical Burst Switching Networks Ping DuSokendai)・Shunji AbeNII
(11)
NS
09:25-09:50 部分ウェイト型WDM波長予約プロトコル 高須晴久桧垣博章東京電機大
(12)
NS
09:50-10:15 長期運用されるWDMネットワークにおける波長選択優先度の維持管理手法 杣 信吾桧垣博章東京電機大
(13)
NS
10:15-10:40 スケジューラブル領域の最大化を目的とするスケジューリング方式 花田真樹中里秀則早大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(14)
NS
10:50-11:15 パーソナル系センサ匿名性確保方式の検討 中村義和小川猛志伊東 匡NTT
(15)
NS
11:15-11:40 Interaction between Ad Hoc Forwarding and The 802.11 MAC in Ad Hoc Mobile Networks using Directional Antenna Tetsuro UedaKeizo SugiyamaKDDI R&D Labs.)・Hisato IwaiSadao ObanaATR)・Siuli RoySanjay ChatterjeeSomprakash BandyopadhyayIIMC
(16)
NS
11:40-12:05 無線マルチホップ型ネットワークにおける安定記憶実現手法 平川達也桧垣博章東京電機大
(17)
NS
12:05-12:30 無線LAN音声サービスの品質管理方式 山野 悟潘 煥旭川崎大輔谷 英明NEC
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
(18)
NS
13:30-13:55 [奨励講演]Two-level Mobile Routing System for IPv6 Network Mobility Lei LiSokendai)・Shunji AbeNII
(19)
NS
13:55-14:20 [奨励講演]無線マルチホップネットワークにおけるファイル転送プロトコルの通信実験 飯塚宏之江連裕一郎松本 晃伊藤哲也NEC通信システム)・長谷川 淳板谷聡子長谷川晃朗デイビス ピーターATR
(20)
NS
14:20-14:45 早期ACKパケットの返送によるTCPの性能改善 ~ 複数コネクションが存在する状況での性能評価 ~ 長田繁幸岡山大)・王 輝河南科技大)・横平徳美岡山聖彦山井成良岡山大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
(21)
NS
14:55-15:20 IPv6ステートレス自動アドレス設定環境に適したDNSサーバの試作 上野太輔山内雪路阪工大
(22)
NS
15:20-15:45 IMSアーキテクチャに基づいた論理機能の物理的なサーバーへのマッピングに関する検討 小川泰文中村秀文平野美貴NTT
(23)
NS
15:45-16:10 IMSアーキテクチャに基づく次世代網のサーバ高可用化に関する一考察 阿部健二福元 健中村秀文NTT
11月18日(金) 午前  B会場 TM研究会
09:00 - 12:30
(24)
ICM
09:00-09:25 ユビキタスサービス合成のためのサービステンプレート生成手法 山登庸次NTT
(25)
ICM
09:25-09:50 各種OSSの端末共有化に関する検討と実装 木村篤史棚瀬章文山下陽一高野 誠NTT西日本
(26)
ICM
09:50-10:15 柔軟な業務を実現する光アクセス設備選定手法の多様な設備構成への対応方法 小笠原志朗田山健一柴木雅也山村哲哉NTT
(27)
ICM
10:15-10:40 分散データ駆動型アーキテクチャにおけるDNS冗長構成方式の改良 田村宏直西田幸一高橋和秀神代真琴NTTドコモ
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(28)
ICM
10:50-11:15 [奨励講演]コンポーネント再利用を用いたOSS開発プロセスの提案 井上正輝井上貴司松雪康巳山村哲哉丸山 勉宇野浩司NTT
(29)
ICM
11:15-11:40 UMLモデル再利用による要求分析方法 佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉NTT
(30)
ICM
11:40-12:05 柔軟なシステム連携のための意味情報を用いたインタフェース変換則導出手法 中辻 真三好 優木村辰幸大塚祥広NTT
(31)
ICM
12:05-12:30 コンピュータウィルスに対して無防備なユーザ数に関する考察 会田雅樹首都大東京)・佐々木 徹都立科技大)・高野知佐NTT-AT
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
11月18日(金) 午後  B会場 CQ研究会
13:30 - 16:10
(32)
CQ
13:30-13:55 パケット到着間隔(PAI)に基づいた時刻同期方式 町澤朗彦鳥山裕史岩間 司NICT
(33)
CQ
13:55-14:20 力覚ディスプレイがユーザに与える感覚の心理物理学的検討 ~ 粘性知覚の遅延による影響 ~ 大西 仁メディア教育開発センター/総研大/千葉工大)・望月 要帝京大
(34)
CQ
14:20-14:45 触覚メディアを用いた遠隔習字システムにおけるメディア出力品質の主観評価 兼岡弘幸亀山征二名工大)・浅野寿朗名工大/NTT)・石橋 豊名工大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
(35)
CQ
14:55-15:20 広帯域符号化音声の装置劣化要因評価値 油原有希北脇信彦山田武志筑波大
(36)
CQ
15:20-15:45 符号化パラメータとパケット損失を考慮したAV通信品質の推定モデル 荒山裕介北脇信彦山田武志筑波大
(37)
CQ
15:45-16:10 ホームネットワークサービス向けサービスシナリオ記述フレームワークのエミュレータ開発 山崎達也NICT)・Dongseop KwonSAMSUNG)・沢田篤史美濃導彦京大/NICT

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
奨励講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 30 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
大西浩行(NTT)
TEL0422-59-4132,FAX0422-59-2042
E-:oh
伊東匡(NTT)
TEL0422-59-3063,FAX0422-59-2042
E-:ih 
CQ コミュニケーションクオリティ研究会(CQ)   [今後の予定はこちら]
問合先 行田 弘一(NICT)
TEL042-327-7616,FAX042-327-6695
E-:cq_-n 
TM テレコミュニケーションマネジメント研究会(TM)   
問合先 TM研HP:http://www.ieice.org/cs/tm/jpn/
松雪康巳(NTT)
TEL:03-5205-5855
伊勢田衡平(富士通研究所)
TEL:044-754-2811 


Last modified: 2005-11-14 16:42:53


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [CQ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会