お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 三瓶 政一
副委員長 加藤 修, 太郎丸 真
幹事 辻 宏之, 上杉 充
幹事補佐 安部田 貞行

日時 2004年11月18日(木) 13:00 - 20:00
2004年11月19日(金) 08:40 - 14:20
議題 高速パケット伝送信号処理・伝送技術,無線通信一般 
会場名 草津・温泉保養公園中沢ヴィレッジ ホテルヴィレッジ 
住所 〒377-1793 群馬県吾妻郡草津町618
交通案内 バスターミナル草津温泉駅から徒歩11分
http://www.nakazawavillage.co.jp/traffic/tr_f.html
会場世話人
連絡先
辻 宏之
046-847-5071
お知らせ ◎ナイトセッション(夕食時)を開催いたします(要予約)
◎研究会にて会場のホテルのシングル・ツインの部屋を用意しています シングル(10,000円)ツイン(お一人様8,000円).数に限りがありますので,ご希望に添えない場合があります.
◎東京八重洲口よりホテルへの直通バス(9:00出発)があります(要予約)
◎申し込み及びお問い合わせは以下のアドレスでお願いいたします.
◎r_-

11月18日(木) 午後  セミナー室
13:00 - 17:20
(1) 13:00-13:20 ゼロ相互相関特性を有する巡回シフト巡回拡張型符号を用いた符号分割多重伝送 示沢寿之中大)・原田博司NICT)・白井 宏中大
(2) 13:20-13:40 DS-CDMA移動通信における判定帰還チップレベル最尤判定の理論検討 齋藤昭裕高岡辰輔安達文幸東北大
(3) 13:40-14:00 DS-CDMA上りリンクにおけるマルチステージ周波数領域MAIキャンセラ 石原浩一武田和晃安達文幸東北大
(4) 14:00-14:20 シングルキャリアCDMAにおける周波数領域送信等化 留場宏道武田和晃安達文幸東北大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(5) 14:30-14:50 SDMAパケットセルラーテストベットの屋内評価 天野良晃井上 隆中野雅之武内良男川澤俊夫KDDI
(6) 14:50-15:10 パケットルーティング型パラメータ動的変更可能信号処理プラットフォームの提案 横山明久井上仁志トヨタIT開発センター)・原田博司NICT
(7) 15:10-15:30 SCS-MC-CDMA方式におけるパケット伝送の再送制御に関する検討 舛井淳祥藤井輝也日本テレコム
(8) 15:30-15:50 上りリンクDynamic Parameter Controlled OF/TDMAにおける送信タイミング制御法の計算量削減に関する一検討 木村亮太船田龍平中大)・原田博司NICT)・篠田庄司中大
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
(9) 16:00-16:20 FDD回線における帰還形アダプティブアレーアンテナの特性 ~ 制限されたフィードバックビット ~ 崔 淀勤赤岩芳彦九大
(10) 16:20-16:40 MIMO-OFDM伝送におけるシンボル同期検出方法の検討 ~ ガードインターバルを用いた相関検出方法と差分検出方法の比較 ~ 鈴木慎一古田浩之NHK)・伊能英男NHKテクニカルサービス
(11) 16:40-17:00 QRM-MLDを用いるOFCDM MIMO多重における各ステージ独立候補数制御を適用した信頼度情報を用いる適応生き残りシンボルレプリカ候補選択法の特性評価 川合裕之前田規行樋口健一佐和橋 衛NTTドコモ
(12) 17:00-17:20 OFCDM MIMO多重における信頼度情報を用いた適応生き残りシンボルレプリカ候補選択を適用したSphere decoding法 前田規行川合裕之樋口健一佐和橋 衛NTTドコモ
11月18日(木) 午後  ナイトセッション
19:00 - 20:00
(13) 19:00-20:00 ナイトセッション(夕食)
「ITU-RでのIMT-2000高度化とその後継システムに関する
標準化動向(仮題)」(予稿なし)
○吉野 仁(NTTドコモ)
11月19日(金) 午前  セミナー室
08:40 - 14:20
(1) 08:40-09:00 PR-DSMAをDPC-OF/TDMAに適用させた際の基礎伝送特性 五味秀和中大)・原田博司NICT)・篠田庄司中大
(2) 09:00-09:20 マルチキャリアCDMAにおける階層符号割り当てSTBCサイトダイバーシチ 藤井威生神谷幸宏鈴木康夫東京農工大
(3) 09:20-09:40 遅延ダイバーシチに基づくマルチホップ協調通信のための周波数領域STBC繰り返し等化 小池俊昭京大)・村田英一東工大)・吉田 進京大
(4) 09:40-10:00 Investigation of STBC and TSTD Transmitter Diversity Effect Considering Frequency and Time Diversity in OFCDM Broadband Packet Wireless Access KwanWoong RyuYeungNam Univ.)・Yoshihisa KishiyamaHiroyuki AtarashiMamoru SawahashiNTT DoCoMo)・Yongwan ParkYeungNam Univ.
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
(5) 10:10-10:30 DS-CDMA上りリンクにおける帯域分割とチャネル棲み分けの適用効果 菅原 卓工藤栄亮安達文幸東北大
(6) 10:30-10:50 下りリンクOFCDMブロードバンド無線アクセスにおける周波数スケジューリング特性 永田 聡大藤義顕新 博行佐和橋 衛NTTドコモ
(7) 10:50-11:10 下りリンクOFCDMブロードバンドパケットアクセスにおける到来方向推定結果に基づく適応指向性ビーム送信の屋外実験結果 田岡秀和片岡卓士樋口健一佐和橋 衛NTTドコモ
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
(8) 11:20-11:40 OFDM無線アクセスにおけるLDPC符号とターボ符号の特性比較 三木信彦諏訪真悟新 博行佐和橋 衛NTTドコモ)・伊藤史人中川正雄慶大
(9) 11:40-12:00 一般化MMSE周波数領域送信等化を用いるMC-CDMA/TDD多値変調上りリンクのBER特性 阿部 聡高岡辰輔安達文幸東北大
(10) 12:00-12:20 周波数インターリーブを用いるマルチキャリア・マルチアクセスの上りリンク誤り率特性 武田和晃安達文幸東北大
  12:20-13:20 昼食 ( 60分 )
(11) 13:20-13:40 準同期上り回線マルチキャリヤ変調システムのためのマルチユーザ送信電力制御に関する一検討 藤井雅弘伊丹 誠伊藤紘二東京理科大
(12) 13:40-14:00 下り回線MC-CDMAシステムにおけるML規範に基づくMアルゴリズムを用いた適応逐次検定法に関する一検討 守重嘉人藤井雅弘伊丹 誠伊藤紘二東京理科大
(13) 14:00-14:20 周波数領域繰り返しPICを用いるターボ符号化SC-MIMO多重の伝送特性 中島昭範ガーグ ディープシカ安達文幸東北大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )

講演時間
一般講演(20)発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 辻宏之(独立行政法人情報通信研究機構 横須賀無線通信研究センター)
TEL046-847-5071,FAX046-847-5069
E-:r_- 


Last modified: 2004-10-05 15:59:25


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会