電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 村田 英一 (京大)
副委員長 眞田 幸俊 (慶大), 福田 英輔 (富士通研), 須山 聡 (NTTドコモ)
幹事 旦代 智哉 (東芝), 西村 寿彦 (北大)
幹事補佐 山本 哲矢 (パナソニック), 石原 浩一 (NTT), 村岡 一志 (NTTドコモ), 衣斐 信介 (阪大), 西本 浩 (三菱電機)

日時 2018年 4月23日(月) 09:30 - 21:20
2018年 4月24日(火) 09:30 - 12:30
議題 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
会場名 湯田温泉 ホテルニュータナカ 
住所 〒753-0056 山口県山口市湯田温泉2-6-24
交通案内 山口宇部空港からバスで約1時間,または,湯田温泉駅より徒歩14分
http://www.newtanaka.jp/hotelguide/index.html#access
会場世話人
連絡先
香川大学 三木 信彦 先生
083-923-1313(会場)
お知らせ ◎23日(月)は,夕食後にナイトセッションを企画しています.その後に,懇親会を予定しています.ぜひご参加ください.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会)についてはこちらをご覧ください.

4月23日(月) 午前  RCS1 (3階 孔雀の間)
座長: 石原 浩一 (NTT)
09:30 - 10:45
(1) 09:30-09:55 移動伝送用FPUにおける干渉回避のためのスペクトラムセンシング方式の検討 須藤浩章小坂和裕金本英樹下条則之安永 毅上杉 充パナソニック
(2) 09:55-10:20 プロポーショナルフェアネス規範に基づく複数周波数帯を用いる場合の干渉制御法の検討 數本崇晃金平勇作三木信彦香川大
(3) 10:20-10:45 IEEE802.11ahにおけるRTS/CTSのパフォーマンスの調査 吉田怜矢トラン ティ ホン中島康彦奈良先端大
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
4月23日(月) 午前  RCS2 (3階 孔雀の間)
座長: 西本 浩 (三菱電機)
10:55 - 12:10
(4) 10:55-11:20 MRCプリコーディングを用いるOFDM-SDMAシステムにおけるピークキャンセラ適用時のビット誤り率評価に関する検討 景山知哉牟田 修九大
(5) 11:20-11:45 シングルユーザMassive MIMOのアナログビームフォーミング指向性最適化に関する検討 新井麻希阪口 啓荒木純道東工大
(6) 11:45-12:10 大規模MIMO信号検出のための非直交パイロット系列による繰り返し伝搬路推定に関する一検討 高橋拓海・○衣斐信介三瓶政一阪大
  12:10-13:10 昼食 ( 60分 )
4月23日(月) 午後  RCS3 (3階 孔雀の間)
座長: 山本 哲矢 (パナソニック)
13:10 - 14:25
(7) 13:10-13:35 線形フィルター及びMulti-tap Analog cancellerによる自己干渉除去方式を用いた無線全二重MIMO通信に関する一検討 飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペ立命館大
(8) 13:35-14:00 Evaluation of Decreasing Signaling Messages of D2D Communication in 5G Systems at Moving Environments Bingxuan ZhaoKoichiro KitagawaTakashi FujimotoRyochi KataokaKatsuo YunokiHiroyuki ShinboKDDI Research
(9) 14:00-14:25 LTE V2Xの端末間直接通信における2段階自律無線リソース選択におけるパケット衝突低減法に関する検討 丸小倫己安川真平工藤理一永田 聡岩村幹生NTTドコモ
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
4月23日(月) 午後  特集セッション1 「自動運転・遠隔制御に向けた無線通信への期待と課題」(3階 孔雀の間)
座長: 眞田 幸俊 (慶大)
14:35 - 15:35
(10) 14:35-15:05 [依頼講演]無人航空機の安全運航に向けた無線通信技術の研究開発 小野文枝三浦 龍児島史秀NICT
(11) 15:05-15:35 [依頼講演]無人航空機を対象としたセルラー網の上空利用に向けた検討 井原泰介原 尚史蒋 恵玲吉田 翔山田武史石川義裕NTTドコモ
  15:35-15:45 休憩 ( 10分 )
4月23日(月) 午後  特集セッション2 「自動運転・遠隔制御に向けた無線通信への期待と課題」(3階 孔雀の間)
座長: 福田 英輔 (富士通研)
15:45 - 16:45
(12) 15:45-16:15 [依頼講演]5G時代の自動車のコネクティビティ ~ リアルタイムサービスの実現に向けた期待 ~ 牧戸知史佐々木健吾豊田中研)・中尾彰宏東大
(13) 16:15-16:45 [依頼講演]5G Connected Car
-- Vehicle to Cloud --
Takashi ShonoIntel
  16:45-18:00 休憩 ( 75分 )
  18:00-20:00 夕食(3階 弥生の間),休憩 ( 120分 )
4月23日(月) 午後  特集セッション3 「自動運転・遠隔制御に向けた無線通信への期待と課題」(5階 百合桜の間)
座長: 村田 英一 (京大)
20:00 - 20:50
(14) 20:00-20:50 [招待講演]車車間通信における中継アシスト技術の研究 ~ ブロードキャスト通信信頼度の向上と配信遅延の低減をめざして ~ 山尾 泰電通大
4月23日(月) 午後  特集セッション3 「自動運転・遠隔制御に向けた無線通信への期待と課題」(5階 百合桜の間)
座長: 村田 英一 (京大)
20:50 - 21:20
(15) 20:50-21:20 パネルディスカッション
4月24日(火) 午前  RCS4 (3階 孔雀の間)
座長: 西村 寿彦 (北大)
09:30 - 10:45
(16) 09:30-09:55 深層強化学習を使った車両移動制御によるミリ波路車間通信のカバレッジ拡大 田谷昭仁西尾理志守倉正博山本高至京大
(17) 09:55-10:20 右折衝突防止シナリオにおける車車間通信電波伝搬特性の解析 菊地陽介山尾 泰電通大
(18) 10:20-10:45 市街地環境での中継アシスト車車間通信における情報配信遅延の低減効果 レ ティエン チエン・○山尾 泰電通大
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
4月24日(火) 午前  Expressセッション (3階 孔雀の間)
座長: 衣斐 信介 (阪大)
10:55 - 11:15
(19) 10:55-11:15 車載用FMCWレーダにおけるマルチプルアクセス技術と標準化の必要性 梅比良正弘武田茂樹王 瀟岩茨城大)・黒田浩司日立オートモティブシステムズ
4月24日(火) 午前  RCS5 (3階 孔雀の間)
座長: 衣斐 信介 (阪大)
11:15 - 12:30
(20) 11:15-11:40 RoF接続型90GHz帯滑走路異物監視用レーダーシステムの検討(I) ~ RoFとミリ波を利用した新しい電波システム ~ 柴垣信彦佐藤洋介加島謙一日立国際電気
(21) 11:40-12:05 振幅参照信号を用いたHPA線形化システムの提案と基本特性の評価 岡本拓也鈴木智也王 瀟岩梅比良正弘茨城大
(22) 12:05-12:30 機械学習を用いる無線リソース割り当て法に関する一検討 相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(Express)発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 村岡 一志(NTTドコモ)
E-:r_- 


Last modified: 2018-04-23 08:00:19


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会