お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 有木 康雄 (神戸大)
副委員長 間野 一則 (芝浦工大)
幹事 李 晃伸 (名工大), 菊池 英明 (早大)
幹事補佐 北村 達也 (甲南大), 小川 厚徳 (NTT)

日時 2010年 3月 4日(木) 13:00 - 18:30
2010年 3月 5日(金) 09:00 - 18:00
議題 聴覚・音声・言語とその障害,一般 (音響学会聴覚研究会共催) 
会場名 芝浦工大豊洲校舎(交流棟402教室) 
住所 〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
交通案内 http://www.shibaura-it.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
間野 一則 先生
048-687-5811
他の共催 ◆日本音響学会 聴覚研究会共催,IEEE Signal Processing Society Japan Chapter協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月4日(木) 午後 
13:00 - 18:30
(1) 13:00-13:30 日本語母語話者の英文発声におけるピッチパターンの統計的分析 SP2009-148 成合智子田中和世筑波大
(2) 13:30-14:00 音楽のリズムと言語のリズム SP2009-149 大串健吾京都市芸術大
(3) 14:00-14:30 会話における母音無声化の出現と状況依存性 ~ 近畿方言話者を対象に ~ SP2009-150 安田 麗林 良子神戸大
(4) 14:30-15:00 シャドーイング練習による日本語発音の変化 ~ モンゴル語・中国語母語話者を対象に ~ SP2009-151 阿栄娜林 良子神戸大
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
(5) 15:15-16:15 [招待講演]表現力豊かな日本語・外国語音声の産出と習得 SP2009-152 林 良子神戸大
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
(6) 16:30-17:00 Auditory illusory continuity behaviorally found in Mongolian gerbils SP2009-153 Akihiro UsamiDoshisha Univ. Grad. Sch.)・Kohta KobayasiDoshisha Univ. Bio-navigation Research)・Hiroshi RiquimarouxDoshisha Univ. Bio-navi. Research
(7) 17:00-17:30 Locomotor activities of Mongolian gerbil driven by species-specific vocalization SP2009-154 Shinji IshinoDoshisha Univ.)・Kohta KobayasiHiroshi RiquimarouxDoshisha Univ. Bio-navi Resarch
(8) 17:30-18:00 Temporal integration of auditory and visual information in AI neurons of awake gerbil SP2009-155 Yoichi SuwaDoshisha Univ.)・Kohta KobayasiHiroshi RiquimarouxDoshisha Univ. Bio-navi. Research
(9) 18:00-18:30 大脳聴覚野のコラム様パターン再訪 SP2009-156 小崎寛子国立印刷局東京病院
3月5日(金) 午前 
09:00 - 13:00
(10) 09:00-09:30 音声と一対多の関係にある調音状態の分布構造:発話機構モデルに基づく考察 SP2009-157 錦戸信和北陸先端大)・党 建武北陸先端大/天津大
(11) 09:30-10:00 声道の局所的伸縮による話者正規化 SP2009-158 北村達也甲南大)・竹本浩典NICT)・足立整治Fraunhofer IBP
(12) 10:00-10:30 声門上下の系の音響的影響を考慮した声帯振動モデル SP2009-159 竹本浩典NICT)・足立整治Fraunhofer institute)・田部洋祐日立
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
(13) 10:45-11:15 発話動作における時間軸修正量と補償動作の関係 SP2009-160 大金林太郎誉田雅彰早大
(14) 11:15-11:45 聴覚フィードバックによる発声基本周波数制御に聴覚的注意が及ぼす効果 SP2009-161 岡崎俊太郎森 浩一蔡 暢国立障害者リハビリテーションセンター
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
3月5日(金) 午後 
13:00 - 18:00
(15) 13:00-14:00 [招待講演]調音と脳活動の計測による音声知覚の運動理論の検証 SP2009-162 廣谷定男NTT
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
(16) 14:15-14:45 δ変換領域におけるホルマント及びアンチホルマント推定法 SP2009-163 東 俊介三木信弘公立はこだて未来大
(17) 14:45-15:15 声道アナログ・モデルを参照したフィルタモデルの検討 SP2009-164 川田拓信三木信弘公立はこだて未来大
(18) 15:15-15:45 高品質分析合成のための有声音の非周期成分の表現と推定について SP2009-165 河原英紀和歌山大)・森勢将雅立命館大)・高橋 徹京大)・坂野秀樹名城大)・西村竜一入野俊夫和歌山大
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
(19) 16:00-16:30 感音性難聴者の周波数・時間分解能測定方法に関する一検討 ~ F&T-testを用いた分解能劣化度合の測定について ~ SP2009-166 伊藤元邦パナソニック)・高卓 輝東北文化学園大)・高木良明野口栄治片山 崇パナソニック
(20) 16:30-17:00 音声の非言語情報の知覚・認知モデルの検討 ~ 感情認知過程を説明する階層モデル ~ SP2009-167 佐藤安里大橋浩輝菊池英明市川 熹早大
(21) 17:00-17:30 「うん」と先行発話の音響的特徴による機能分類 SP2009-168 石本祐一榎本美香東京工科大)・小磯花絵国立国語研
(22) 17:30-18:00 ヒト話し言葉に適用されているデジタル原理について ~ 時系列上で一次元配列されて送受信される離散・有限信号である音節、ならびにその情報源・通信路・搬送波(伝送路)における符号化処理過程について ~ SP2009-169 得丸公明システム・エンジニア

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2010-01-15 08:49:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会