電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 榊 剛史 (ホットリンク)
副委員長 吉田 光男 (豊橋技科大), 嶋田 和孝 (九工大)
幹事 渡辺 靖彦 (龍谷大), 東中 竜一郎 (NTT)
幹事補佐 小早川 健 (NHK), 坂地 泰紀 (東大)

音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 山下 洋一 (立命館大)
副委員長 李 晃伸 (名工大)
幹事 南條 浩輝 (京大), 坂野 秀樹 (名城大)
幹事補佐 郡山 知樹 (東工大), 小橋川 哲 (NTT)

自然言語処理研究会(IPSJ-NL) [schedule] [select]

音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP) [schedule] [select]

日時 2018年12月10日(月) 09:30 - 17:20
2018年12月11日(火) 09:00 - 17:30
2018年12月12日(水) 10:00 - 17:40
議題 第5回自然言語処理シンポジウム & 第20回音声言語シンポジウム 
会場名 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館N棟1階 大会議室 
住所 〒169-8555 新宿区大久保3-4-1
交通案内 東京メトロ副都心線 西早稲田駅に直結.JR山手線,西武新宿線高田馬場駅から徒歩15分
https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus
会場世話人
連絡先
情報通信学科 俵直弘
03-3203-4468
他の共催 ◆音声言語シンポジウム:日本音響学会 音声研究会, IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter協賛
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(NLC研究会, SP研究会)についてはこちらをご覧ください.

12月10日(月) 午前  音声言語シンポジウム オープニング
09:30 - 09:35
  - オープニング
12月10日(月) 午前  セッション1 音声認識
09:35 - 10:50
(1) 09:35-10:00 部分文字再帰的ニューラルネットを使ったend-to-end音声認識の仮説修正
○太刀岡 勇気(デンソーアイティーラボラトリ)
(2) 10:00-10:25 End-to-End音声合成を用いた単語単位End-to-End音声認識のデータ拡張
○上乃 聖・三村 正人・稲熊 寛文・坂井 信輔・河原 達也(京都大学 大学院情報学研究科)
(3) 10:25-10:50 Feature Transfer Learning for Wav2Text Sequence-to-Sequence ASR
○Tjandra Andros・Sakti Sakriani・Nakamura Satoshi(Nara Institute of Science and Technology / RIKEN, Center for Advanced Intelligence Project AIP)
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
12月10日(月) 午前  セッション2 感情認識・音声コミュニケーション
11:00 - 12:15
(4) 11:00-11:25 Using Functional Load for Optimizing DPGMM based Zero Resource Sub-word Unit Discovery
○Wu Bin(Nara Institute of Science and Technology)・Sakti Sakriani(Nara Institute of Science and Technology / RIKEN AIP)・Zhang Jinsong(Beijing Language and Culture university)・Nakamura Satoshi(Nara Institute of Science and Technology / RIKEN AIP)
(5) 11:25-11:50 マルチゲートGRUユニットを用いた2D-RNNによるEnd-to-End始終端フリー単語検出
○田中 智宏・篠崎 隆宏(東京工業大学)
(6) 11:50-12:15 日韓混合感情音声からの1次元畳み込み双方向 LSTM を用いた感情推定
○坂口 巧一(名古屋工業大学)・ 加藤 昇平(名古屋工業大学/名古屋工業大学情報科学フロンティア研究院)
  12:15-13:15 昼食 ( 60分 )
12月10日(月) 午後  オーガナイズドセッション:招待講演
13:15 - 14:15
(7)
SP
13:15-14:15 [招待講演]音声認識の方法論の変遷と展望 ~ Acoustic-to-Wordモデルを中心に ~ 河原達也京大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
12月10日(月) 午後  ポスターセッション
14:25 - 15:55
(8) 14:25-15:55 音声中の検索語検出におけるWeb検索とWord Vectorを用いたリスコアリング方式
○丹治 遥(岩手県立大学)・小嶋 和徳(岩手県立大学)・ 李 時旭(産総研)・南條 浩輝(京都大学学術情報メディアセンター)・伊藤 慶明(岩手県立大学)
(9) 14:25-15:55 条件付き敵対的生成ネットワークを用いたデータ拡張による対話行為分類法の検討
○河野 誠也(奈良先端科学技術大学院大学)・吉野 幸一郎(奈良先端科学技術大学院大学/科学技術振興機構)・中村 哲(奈良先端科学技術大学院大学)
(10) 14:25-15:55 音声中の検索語検出におけるドキュメントの最尤系列化と複数の深層学習モデルによる検索時間・精度の改善
○金子 大祐・小嶋 和徳(岩手県立大学)・李 時旭(産総研)・伊藤 慶明(岩手県立大学)
(11) 14:25-15:55 対話音声合成のためのCRFによる日本語東京方言のアクセント結合推定
○服部 充・狩野 芳伸(静岡大学大学院)
(12) 14:25-15:55 Improving the audio visual scene-aware dialog system in DSTC7 by using attentional multimodal fusion and MMI objective
○Wang Wenbo・Zhuang Bairong・Shinozaki Takahiro(Tokyo Institute of Technology)
(13) 14:25-15:55 RNN言語モデルのためのドメイン属性情報を用いたゼロショット学習
○芦川 博人・森岡 幹・俵 直弘(早大)・小川 厚徳・岩田 具治(NTT CS研)・小林 哲則・小川 哲司(早大)
(14) 14:25-15:55 i-vector/PLDAに基づく話者照合による非線形帯域拡張法の評価
○上西 遼大・塩田 さやか・貴家 仁志(首都大学東京)
(15) 14:25-15:55 スパース性に着眼したPosteriorgramのコンパクト化とDTW発話比較における効果
○田中 公啓・椛島 優・齋藤 大輔・峯松 信明(東京大学)
(16) 14:25-15:55 Influence of content variations on native speakers' fluency of shadowing.
Trisitichoke Tasavat, ○Ando Shintaro, Inoue Yusuke, Saito Daisuke, Minematsu Nobuaki (University of Tokyo)
(17) 14:25-15:55 Automatic Prediction of Symbolic and Sentence-Level Prosody in English for Development of a Reading Tutor.
○Zhao Xinyi・Minematsu Nobuaki・Saito Daisuke (University of Tokyo)
  15:55-16:05 休憩 ( 10分 )
12月10日(月) 午後  セッション3 音声合成
16:05 - 17:20
(18) 16:05-16:30 音声分析変換合成法STRAIGHTの再構築について
○河原 英紀(和歌山大学)
(19)
SP
16:30-16:55 読み仮名と韻律記号を入力とする日本語end-to-end音声合成の音質評価 栗原 清清山信正熊野 正今井 篤NHK
(20) 16:55-17:20 モーメントマッチングに基づくDNN 合成歌声のランダム変調ポストフィルタとニューラルダブルトラッキングへの応用
○田丸 浩気・齋藤 佑樹・高道 慎之介(東京大学大学院情報理工学系研究科)・郡山 知樹(東京工業大学工学院情報通信系)・猿渡 洋(東京大学大学院情報理工学系研究科)
12月11日(火) 午前  セッション4 音声解析・単語検出
09:00 - 09:50
(21)
SP
09:00-09:25 遺伝的アルゴリズムと藤崎モデルを用いる音声の分析と合成 高良富夫琉球大)・衛藤凌一国際システム
(22) 09:25-09:50 母語話者シャドーイングに基づく可解性自動計測及び回帰分析による高精度化
井上 雄介・○椛島 優, 齋藤 大輔・峯松 信明(東京大学)
  09:50-10:00 休憩 ( 10分 )
12月11日(火) 午前  オーガナイズドセッション:招待講演
10:00 - 12:00
(23) 10:00-11:00 【招待講演】マイクロホンアレイに基づく音響信号処理とその実用化
○戸上 真人(LINE株式会社)・川口 洋平(日立製作所)
(24) 11:00-12:00 【招待講演】Beyond generative text-to-speech synthesis
○Zen Heiga(Google Brain)
12月11日(火) 午前  学生ポスター賞表彰・クロージング
12:00 - 12:00
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
12月11日(火) 午後  自然言語処理シンポジウム オープニング
座長: 榊 剛史(ホットリンク)
13:00 - 13:10
(1) 13:00-13:10 オープニング
12月11日(火) 午後  招待講演
座長: 榊 剛史(ホットリンク)
13:10 - 14:00
(2)
NLC
13:10-14:00 [招待講演]Deep Learningと科学計算環境 中山浩太郎東大/NABLAS
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
12月11日(火) 午後  機械翻訳・文法誤り訂正
座長: 中澤 敏明 (東大)
14:15 - 15:45
(3)
NLC
14:15-14:45 単語分散表現を用いたEarth Mover’s Distanceと文長の違いに基づく類似度による対訳文の自動抽出 田上 諒越前谷 博北海学園大)・荒木健治北大
(4) 14:45-15:15 双方向の逆翻訳を利用したニューラル機械翻訳の教師なし適応の検討
秋葉 友良(豊橋技科大), 塚田 元(豊橋技科大), ○森田 知熙(豊橋技科大)
(5) 15:15-15:45 低頻度語学習手法を用いたConvolutional Encoder-Decoderモデルによる文法誤り訂正
〇町田 翔(東京都市大), 藤田 和成(東京都市大), 延澤 志保(東京都市大), 荒井 秀一(東京都市大)
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
12月11日(火) 午後  深層学習
座長: 木村 俊也 (株式会社メルカリ)
16:00 - 17:30
(6) 16:00-16:30 大規模格フレームによる解析候補削減を用いたニューラルネットゼロ照応解析
〇山城 颯太(東工大), 西川 仁(東工大), 徳永 健伸(東工大)
(7) 16:30-17:00 Very Deep CNNによる文書分類におけるトピック分布を用いた事前学習
〇守屋 俊(東京工科大), 岡本 千尋(東京工科大)
(8) 17:00-17:30 係り受け誤り埋め込み表現のクラスタリングによるドメイン適応の効果の分析
〇原 拓也(名古屋大), 松崎 拓也(名古屋大), 佐藤 理史(名古屋大)
12月12日(水) 午前  言語処理応用I
座長: 荒瀬 由紀 (大阪大)
10:00 - 11:30
(9) 10:00-10:30 災害時避難支援のためのTwitterからの現在地周辺情報の抽出
〇浅沼 爽汰(東京都市大), 藤田 和成(東京都市大), 田村 亮介(東京都市大), 白石 絵里奈(東京都市大), 白井 聡一(東京都市大), 町田 翔(東京都市大), 延澤 志保(東京都市大)
(10) 10:30-11:00 機械読解精度向上のための英文読解問題データの分析
〇藤田 和成(東京都市大), 浅沼 爽汰(東京都市大), 田村 亮介(東京都市大), 坂井 優介(東京都市大), 町田 翔(東京都市大), 延澤 志保(東京都市大)
(11)
NLC
11:00-11:30 罹患者への定型的応答を利用したツイート罹患判定のデータ拡張 浅川玲音秋葉友良豊橋技科大
  11:30-13:00 昼食 ( 90分 )
12月12日(水) 午後  国際会議報告
座長: 桝井 文人 (北見工大)
13:00 - 14:00
(12)
NLC
13:00-13:30 [依頼講演]国際会議CoNLL2018参加報告 斉藤いつみNTT
(13) 13:30-14:00 [依頼講演]国際会議EMNLP2018参加報告
〇大内 啓樹(理研AIP/東北大)
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
12月12日(水) 午後  言語解析
座長: 横野 光(株式会社富士通研究所)
14:15 - 15:15
(14) 14:15-14:45 外界一人称と二人称を考慮する日本語述語項構造解析の分野適応
〇珊瑚 彩主紀(東工大), 西川 仁(東工大), 徳永 健伸(東工大)
(15) 14:45-15:15 文情報の活用と階層構造に着目した固有表現ラベル推定手法
〇白水 優太朗(NTTドコモ), 藤本 拓(NTTドコモ), 吉村 健(NTTドコモ), 礒田 佳徳(NTTドコモ)
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
12月12日(水) 午後  言語処理応用II
座長: 小早川 健 (NHK)
15:30 - 17:30
(16) 15:30-16:00 テキストに基づく単一オブジェクト画像生成における描画の高品質化
〇野本 英梨子(大阪大), Chu Chenhui(大阪大), 荒瀬 由紀(大阪大)
(17) 16:00-16:30 複数言語複数タスクを扱う発話意図推定モデリングのための敵対的学習の検討
〇増村 亮(NTT), 篠原 雄介(NTT), 東中 竜一郎(NTT), 青野 裕司(NTT)
(18)
NLC
16:30-17:00 参照データとidfを利用した事前採点不要な小論文評価手法 大野雅幸竹内孔一泉仁宏太小畑友也田口雅弘稲田佳彦飯塚誠也阿保達彦上田 均岡山大
(19)
NLC
17:00-17:30 ニューラル見出し生成システムを用いたニュース編集支援ツールの導入 村尾一真ヤフー)・小林隼人ヤフー/理研)・谷塚太一小林 健増山毅司日暮 立田渕義宗ヤフー
12月12日(水) 午後  クロージング
座長: 関根 聡 (理研)
17:30 - 17:40
(20) 17:30-17:40 クロージング

講演時間
一般講演(音声言語シンポジウム)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(自然言語処理シンポジウム)発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先  
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  
IPSJ-NL 自然言語処理研究会(IPSJ-NL)   [今後の予定はこちら]
問合先  
IPSJ-SLP 音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2018-12-08 12:45:42


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /   [SP研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-NL研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-SLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会