お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会はオンライン開催といたします. ***





無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 岡本 英二 (名工大)
副委員長 前原 文明 (早大), 西村 寿彦 (北大), 旦代 智哉 (東芝)
幹事 牟田 修 (九大), 村岡 一志 (NEC)
幹事補佐 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 奥山 達樹 (NTTドコモ)

日時 2020年 6月24日(水) 13:00 - 16:35
2020年 6月25日(木) 10:00 - 16:10
2020年 6月26日(金) 10:00 - 15:45
議題 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
会場名 オンライン開催 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会)についてはこちらをご覧ください.

6月24日(水) 午後  初めての研究会1
座長: 西村 寿彦 (北大)
13:00 - 14:40
(1) 13:00-13:25 センサネットワークにおける自律分散的送信タイミング制御法 RCS2020-23 蕪木碧仁相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大
(2) 13:25-13:50 確率的バイナリーオフロードを用いたWireless Powered MECの特性評価 RCS2020-24 小林拓弥安達宏一電通大
(3) 13:50-14:15 ACK/NAK情報のみを用いた機械学習に基づく適応送信レート制御法の一検討 RCS2020-25 遠藤拓海樋口健一東京理科大
(4) 14:15-14:40 有限トラヒックモデルにおける統合システムスループットを最大化するマルチサービスチャネル多重法の特性評価 RCS2020-26 井上衆成樋口健一東京理科大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
6月24日(水) 午後  初めての研究会2
座長: 張 裕淵 (東工大)
14:55 - 16:35
(5) 14:55-15:20 高速表示ディスプレイとCMOSイメージセンサを用いた可視光通信 ~ 送信データの高速表示に対応した送受信方式の一検討 ~ RCS2020-27 林 大雅岡田 啓名大)・小林健太郎名城大)・和田忠浩静岡大)・片山正昭名大
(6) 15:20-15:45 TDDシステムにおけるインターリーバに紐づけされた受信ビームフォーミングを用いるIDMAに基づくランダムアクセス RCS2020-28 村上陽太郎東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(7) 15:45-16:10 インターリーバ紐づけ型受信ビームフォーミングと送信チャネル等化を組み合わせたIDMAに基づくランダムアクセス RCS2020-29 室城勇人東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(8) 16:10-16:35 インターリーブ分割多元接続手法への電波暗号化の適用の検討 RCS2020-30 奥村 守加賀有貴岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
6月25日(木) 午前  初めての研究会3
座長: 須山 聡(NTTドコモ)
10:00 - 11:40
(9) 10:00-10:25 隣接UAV間干渉を考慮したアクセス用ミリ波帯UAV基地局の設計 RCS2020-31 小笹聖典中里 仁平田孝佑タン ザ カン阪口 啓東工大
(10) 10:25-10:50 リニアアレーアンテナを用いたミリ波V2N通信における素子数可変による信頼性向上手法の検討 RCS2020-32 加藤 諒奥村 守岡本英二名工大
(11) 10:50-11:15 OAM多重伝送におけるアレーの設置誤差による特性劣化の改善 RCS2020-33 櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝
(12) 11:15-11:40 差分進化を用いた簡易ビーム形成に関する検討 RCS2020-34 大塚達樹西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
  11:40-13:00 休憩 ( 80分 )
6月25日(木) 午後  初めての研究会4
座長: 旦代 智哉(東芝)
13:00 - 14:15
(13) 13:00-13:25 光・無線統合通信路におけるDLDCを用いた一括信号処理に関する一検討 RCS2020-35 若林祐克衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(14) 13:25-13:50 周波数選択性チャネルにおけるMIMO-OFDM信号のチャネルのヌル空間を活用した演算量削減型適応PAPR抑圧法 RCS2020-36 山口令遠東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(15) 13:50-14:15 MIMOチャネルのヌル空間を活用した適応PAPR抑圧法を適用したマルチユーザMIMO-OFDM伝送におけるユーザ群選択法 RCS2020-37 岑 俊成東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
6月25日(木) 午後  初めての研究会5
座長: 三上 学 (ソフトバンク)
14:30 - 16:10
(16) 14:30-14:55 Massive MIMOにおけるマルコフ連鎖モンテカルロ法を用いた信号検出に関する研究 RCS2020-38 松村和士萩原淳一郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝佐藤孝憲北大
(17) 14:55-15:20 ガウス確率伝搬法におけるLLRの挙動に関する検討 RCS2020-39 安藤ダニエル明西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
(18) 15:20-15:45 ガウス信念伝搬法に基づく大規模MIMO通信路とデータの繰り返し同時推定に関する一検討 RCS2020-40 伊藤賢太高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(19) 15:45-16:10 大規模MIMO信号検出のための深層展開技術を利用した信念伝搬法に関する一検討 RCS2020-41 白瀬大地高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・村岡一志石井直人NEC)・三瓶政一阪大
6月26日(金) 午前  初めての研究会6
座長: 前原 文明 (早大)
10:00 - 11:40
(20) 10:00-10:25 海中AUV(Autonomous Unmanned Vehicle)対応測位通信システムにおけるSSBL(Super Short Base Line)法を用いた測位精度向上に関する検討 RCS2020-42 山里昌一郎和田知久琉球大
(21) 10:25-10:50 ニューラルネットワークを用いたGNSSによる位置推定に関する一検討 RCS2020-43 葉山祐輝衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(22) 10:50-11:15 LoRa変調における繰り返し信号検出に関する一検討 RCS2020-44 三原拓也衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(23) 11:15-11:40 大規模NOMA検出におけるスパース重ね合わせ符号のためのガウス信念伝搬法に関する一検討 RCS2020-45 久米龍一衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
  11:40-13:00 休憩 ( 80分 )
6月26日(金) 午後  招待講演
座長: 岡本 英二 (名工大)
13:00 - 13:50
(24) 13:00-13:50 [招待講演]離散性とスパース性を利用した無線通信のための過負荷信号処理 RCS2020-46 林 和則京大)・早川 諒阪大)・中井彩乃京大
  13:50-14:05 休憩 ( 15分 )
6月26日(金) 午後  RCS(一般講演)
座長: 谷口 健太郎 (東芝)
14:05 - 15:45
(25) 14:05-14:30 Joint Transmit Power and 3-Dimentional Beamforming Control using Neural Networks for MIMO Small Cell Systems RCS2020-47 Shuaifeng JiangYuyuan ChangKazuhiko FukawaTokyo Tech
(26) 14:30-14:55 高速移動環境における28 GHz帯デジタルBFを用いた基地局連携技術の5G Evolution伝送実験 RCS2020-48 奥山達樹野中信秀須山 聡奥村幸彦浅井孝浩NTTドコモ
(27) 14:55-15:20 Massive MIMOハイブリッドビームフォーミングにおける5G Evolutionに向けたギャランティ型移動通信 RCS2020-49 野中信秀奥山達樹須山 聡奥村幸彦浅井孝浩NTTドコモ
(28) 15:20-15:45 ユーザ毎空間ダイバーシチと協調したマルチユーザMIMOに関する検討 RCS2020-50 安達文幸高橋 領東北大
  - 初めての研究会 結果発表(表彰式)
発表無し
(29) - 時系列受信データを活用した位置指紋法による高精度位置推定 RCS2020-51 辻野孝弘藤井輝也東工大
(30) - LoRaWAN端末を用いた900MHz帯距離減衰特性の測定試験 RCS2020-52 董 博文辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
(31) - 近似メッセージ伝搬法による大規模MIMO信号検出に関する検討 RCS2020-53 辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
(32) - LoRaWANにおけるACK信号を用いた自律分散的な周波数リソース割当て手法の検討 RCS2020-54 鈴木康介沼津高専)・相原直紀安達宏一電通大)・山崎悟史沼津高専
(33) - Gibbs Samplingを用いた大規模 MIMO復調方式における強制的シンボル探索の検討 RCS2020-55 山崎健司眞田幸俊慶大
(34) - 最大比合成を用いた混合ブロック並列GibbsサンプリングによるMIMO復調の検討 RCS2020-56 戸村宏輔眞田幸俊小林佑太郎慶大
(35) - 過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた低計算量信念伝搬信号検出アルゴリズム RCS2020-57 今村 崇眞田幸俊慶大

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(初めての研究会)発表 15 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 牟田 修 (九大)
E-:r_- 


Last modified: 2020-11-06 13:44:24


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会