電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 福田 収一
副委員長 柳 繁
幹事 若井 一顕, 弓削 哲史
幹事補佐 井原 惇行, 深井 佳乃

日時 2006年 5月26日(金) 13:00 - 18:30
議題 ソフトウェアの信頼性、信頼性理論、信頼性一般 
会場名 徳島大学 常三島キャンパス 総合科学部 1号館3階第一会議室 
住所 〒770-8502 徳島市南常三島町1-1
交通案内 JR徳島駅前バスターミナルより系統番号6,3,2,7のバスに乗り助任橋で下車約10分,またはJR徳島駅より徒歩20分.徳島空港より徳島駅行きバスに乗り徳大前で下車約30分
http://www.tokushima-u.ac.jp/nyusi/access.html
会場世話人
連絡先
自然システム学科 大橋 守
088-656-7295
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE-RS Japan Chapter, 日本OR学会中国四国支部共催
お知らせ ◎研究会終了後、懇親会を予定していますのでご参加ください.

5月26日(金) 午後 
13:00 - 18:30
(1) 13:00-13:25 不完全ガンマ関数モデルに基づくソフトウェア信頼性評価尺度のブートストラップ信頼区間に関する考察 木村光宏法政大
(2) 13:25-13:50 離散ワイブル型故障発生時間分布に基づいたソフトウェア信頼性モデル 井上真二山田 茂鳥取大
(3) 13:50-14:15 デバッグ回数に基づくリアルタイム性を考慮したソフトウェアの性能解析に関する一考察 得能貢一山田 茂鳥取大
(4) 14:15-14:40 ソフトウェアの最適若化スケジューリングに対するノンパラメトリック予測推論 林坂弘一郎土肥 正広島大
  14:40-15:00 休憩 ( 20分 )
(5) 15:00-15:25 不完全デバッグモデルのパラメータ推定は可能か? 岡村寛之佐光哲哉・○土肥 正広島大
(6) 15:25-15:50 Optimal Checkpoint Placement with Equality Constraints: Exact and Approximate Solutions Tatsuya Ozaki・○Tadashi DohiHiroshima Univ.)・Naoto KaioHiroshima Shudo Univ.
(7) 15:50-16:15 信号確認による最適点検方策 中川覃夫愛知工大)・水谷聡志中村正治金城学院大
(8) 16:15-16:40 高周波・高電圧試験装置による設備素子の信頼性評価 廣瀬祥史岡野秀敏佐藤 誠若井一顕NHK
  16:40-18:30 総合討論ならびに情報交換会 ( 110分 )

講演時間
一般講演(25)発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 若井一顕(NHK 技術局 送信技術センター 菖蒲久喜放送所)
TEL0480-85-1118,FAX0480-85-1508
E-: ik-dm 


Last modified: 2006-05-18 13:16:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会