電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
副委員長 弓削 哲史 (防衛大)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 マラット ザニケエフ (九工大), 田村 信幸 (法政大)

日時 2016年10月21日(金) 13:30 - 16:45
議題 情報通信システムの信頼性,信頼性一般 
会場名 沖縄県青年会館 1階 珊瑚の間 
住所 〒900-0033那覇市久米2丁目15番23号
交通案内 交通アクセス(空港より)バス 那覇バスターミナル下車(料金220円)徒歩10分。モノレール 旭橋駅下車(料金230円)徒歩5分
http://www.okiseikan.or.jp
会場世話人
連絡先
東京理科大学経営学部 ザニケエフ・マラット
098-864-1780(会場)
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催

10月21日(金) 午後 
13:30 - 16:45
(1) 13:30-13:55 ロジスティック曲線データのゴンペルツ曲線モデルによる推定飽和値挙動分析 佐藤大輔松村龍太郎NTT
(2) 13:55-14:20 JIS Z 8115改正案に至るまでのサービス信頼性用語の変遷と位置づけ 益田昭彦R7実践工房
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(3) 14:30-14:55 ランダム作業時間が事前に付与されるシステムの保全方策 北川智大弓削哲史柳 繁防衛大
(4) 14:55-15:20 共通原因故障を考慮した冗長システムの信頼度解析 丸山 恵弓削哲史柳 繁防衛大
(5) 15:20-15:45 結合システムを用いた Linear Connected (1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n): F システムのシステム信頼度の関係式に関する研究 石川 匠首都大東京)・新里 隆一橋大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京
  15:45-15:55 休憩 ( 10分 )
(6) 15:55-16:20 取替方策における連続型損傷モデルの適用 中村正治金城学院大)・伊藤弘道福島大)・中川覃夫愛知工大
(7) 16:20-16:45 A Note on Transient Analysis of Software Rejuvenation Model with Phase-Type Approximation Hiroyuki OkamuraTadashi DohiHiroshima Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡村 寛之(広島大)
E-: l-u 


Last modified: 2016-08-19 16:45:19


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会