電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 原田 康也 (早大)
副委員長 近藤 公久 (NTT)
幹事 徳久 雅人 (鳥取大), 佐良木 昌 (日大)
幹事補佐 久保村 千明 (山野美容芸術短大), 横野 光 (東工大)

日時 2011年 8月 5日(金) 13:00 - 18:00
2011年 8月 6日(土) 09:30 - 15:00
議題 人間の言語処理と学習 
会場名 広島大学 学士会館 
交通案内 http://www.hiroshima-u.ac.jp/add_html/access/ja/saijyo2.html
会場世話人
連絡先
広島大学大学院教育学研究科 酒井 弘
他の共催 ◆MAPLL2011(Mental Architecture for Processing and Learning of Language 2011), 言語と認知の脳科学プロジェクト研究センターとの共催

8月5日(金) 午後 
13:00 - 14:00
(1) 13:00-13:30 地球語として発信英語の言語感覚を教える ~ 「単位情報」の観点から ~ 岩垣守彦
(2) 13:30-14:00 口蹄疫問題についての新聞報道テキストデータマイニング 串間宗夫ノア モリス佐土原高校)・荒木賢二鈴木斎王宮崎大医学部附属病院
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
8月5日(金) 午後 
14:15 - 15:45
(3) 14:15-14:45 中国語を母語とする日本語学習者の音声における語頭の韻律的特徴 ~ 日本語母語話者との比較を通して ~ 郭 侃亮酒井 弘五十嵐陽介広島大
(4) 14:45-15:15 VOS言語において有生性が語順に与える影響 ~ カクチケル語における線画描写課題での検討 ~ 久保琢也広島大)・小野 創近畿大)・田中幹大昭和大)・小泉政利東北大)・酒井 弘広島大
(5) 15:15-15:45 日本語の文産出における文法的役割の付与と語順の決定 ~ 構造的プライミング効果を用いた絵描写課題による検討 ~ トウ エン広島大)・小野 創近畿大)・酒井 弘広島大
  15:45-16:05 休憩 ( 20分 )
8月5日(金) 午後  ポスターセッション
16:05 - 18:00
(6) 16:05-16:10 [ポスター講演]日本語において語順が文処理装置の文末動詞予測に及ぼす影響 矢野雅貴備瀬 優坂本 勉九大
(7) 16:10-16:15 [ポスター講演]母語話者における日本語動詞活用形の処理過程 ~ 事象関連電位(ERP)を指標として ~ 于 泉華トウ エン酒井 弘広島大
(8) 16:15-16:20 [ポスター講演]How Do Children Map Verbs to Event Representations?
-- Case particles as Cues for Japanese Children --
Kyoko SakamotoHiroshima Univ./JSPS)・Noburo SajiKeio Univ./JSPS)・Mutsumi ImaiKeio Univ.)・Hiromu SakaiHiroshima Univ.
(9) 16:20-16:25 [ポスター講演]Effects of Vision and Language on Attention during Sentence Comprehension
-- A Visual World Study --
Nobuyuki JinchoRIKEN)・Hiroaki OishiRIKEN/JSPS)・Reiko MazukaRIKEN/Duke Univ.
(10) 16:25-16:30 [ポスター講演]Immediate use of contextually meaningful prosodic information in processing of garden-path sentences Chie NakamuraKeio Univ./RIKEN)・Manabu AraiTokyo Univ./RIKEN)・Reiko MazukaRIKEN/Duke Univ.
(11) 16:30-16:35 [ポスター講演]速読に対するニーズ,イメージの調査 ~ 批判的思考との関連 ~ 森田愛子廣澤篤紀岡崎善弘広島大
(12) 16:35-18:00 ポスター
8月6日(土) 午前 
09:30 - 12:15
(13) 09:30-10:00 Linguistic Constraints and Long-before-short Tendency Hiroko YamashitaRochester Inst. Tech.)・Tadahisa KondoNTT
(14) 10:00-10:30 Why object clefts are easier to process than subject clefts in Japanese
-- Frequency or expectation? --
Baris KahramanCanakkale Onsekiz Mart Univ.)・Atsushi SatoHiroshima Univ.)・Hajime OnoKinki Univ.)・Hiromu SakaiHiroshima Univ.
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
(15) 10:45-11:15 Empathy in Mental Simulation
-- Can We Experience Emotional Events through Another Person's Eyes? --
Manami SatoHiroshima Univ.)・Benjamin K. BergenJennifer WuUniv. of California, San Diego)・Hiromu SakaiHiroshima Univ.
(16) 11:15-12:15 [招待講演][Invited talk] Perspective in language Benjamin K. BergenUCSD
  12:15-13:30 昼食 ( 75分 )
8月6日(土) 午後 
13:30 - 15:00
(17) 13:30-14:00 An Eye-Tracking Study on Ambiguous Relative-Clause Attachments in L2 English for Japanese Learners of English Yoko NakanoMarian WangKwansei Gakuin Univ.
(18) 14:00-14:30 An anticipatory effect of syntactic priming in processing of structurally ambiguous sentences Manabu AraiTokyo Univ./RIKEN)・Chie NakamuraKeio Univ./RIKEN)・Reiko MazukaRIKEN/Duke Univ.
(19) 14:30-15:00 Influence of contrastive prosody on structural priming Yuki HiroseUniv. of Tokyo)・Manabu AraiJSPS/Univ. of Tokyo)・Kiwako ItoOhio State Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 15 分
ポスター講演発表 5 分 + 質疑応答 85 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2011-05-31 14:07:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会