電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 松原 行宏 (広島市大)
副委員長 小尻 智子 (関西大)
幹事 長谷川 忍 (北陸先端大), 鷹岡 亮 (山口大)
幹事補佐 後藤田 中 (香川大), 立岩 佑一郎 (名工大)

日時 2016年 3月 5日(土) 10:00 - 18:35
議題 大学連携によるe-Learning・ICT共同活用/一般 
会場名 香川大学 幸町キャンパス 南1号館 
住所 香川県高松市幸町1番1号
交通案内 『ことでんバス(市民病院ループバス)』で「香川大学法学部・経済学部」下車。徒歩1分。
http://www.kagawa-u.ac.jp/access/saiwai/
会場世話人
連絡先
香川大学 総合情報センター 林 敏浩
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎■ 懇親会のご案内
3/4(金) JSiSE学生研究発表会
3/5(土) JSET研究会, 信学会ET研究会
がそれぞれ開催されるため、3/5(土)夜に、
3研究会合同の懇親会を予定しております。
参加ご希望の皆様は、以下のサイトより
詳細ご確認の上、お申込み願います。
□ 3/5(土) 懇親会@香川大学
https://goo.gl/9Z4mwx

  10:00-10:05 委員長挨拶(1F 第11講義室) ( 5分 )
  10:05-10:10 会場移動 ( 5分 )
3月5日(土) 午後  午前 A1 (1F 第11講義室)
10:10 - 13:00
(1) 10:10-10:30 情報技術支援による学習パラダイム 渡邉豊英名古屋産業科学研
(2) 10:30-10:50 Webベース統合開発環境によるSDN実習支援システムの提案 百瀬拓也横山貴志國宗永佳新村正明信州大
(3) 10:50-11:10 SDNを用いた受講者個別の動的な演習用サーバの提供手法 落合聡裕國宗永佳新村正明信州大
(4) 11:10-11:30 地図を活用した小学生のためのWebニュース閲覧システム 黒田晃史安藤一秋香川大
(5) 11:30-11:50 SNSでの注目度と子供に人気のある検索クエリを用いたWebニュースランキング 田中翔也安藤一秋香川大
  11:50-12:50 昼食 ( 60分 )
  12:50-12:55 IEEE Education Society Japan Chapter Young Researcher Award表彰 (1F 第11講義室) ( 5分 )
  12:55-13:00 移動 ( 5分 )
3月5日(土) 午後  午後 A2 (1F 第11講義室)
13:00 - 14:55
(6) 13:00-13:20 教育・学習分野の研究動向調査 渡邉豊英名古屋産業科学研
(7) 13:20-13:40 Design and Implementation of Programming on Electrical Power System as an E-learning Subject Course at University of Sam Ratulangi Indonesia Sumenge Godion KaunangSary PaturusiKumamoto Univ.)・Glanny MangindaanSamratulangi Univ.)・Yoshifumi ChisakiTsuyoshi UsagawaKumamoto Univ.
(8) 13:40-14:00 ビジュアルプログラミング環境AT ~ 初等・中等教育への展開に向けた機能の開発 ~ 河野 直雄城 遼國宗永佳新村正明信州大
(9) 14:00-14:20 OJSを用いたプログラミング学習支援環境の構築と評価 古谷勇樹長尾和彦峯脇さやか弓削商船高専
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 A3 (1F 第11講義室)
14:55 - 16:50
(10) 14:55-15:15 カードゲーム戦略を題材とする応用Cプログラミング演習の支援と実践 ~ 大会中の提出コードの更新状況による個人進捗の分析手法 ~ 花川直己玄馬史也阿部隆幸富永浩之香川大
(11) 15:15-15:35 Web上のプログラミングコンテンツの表示手法の検討 柳沼良知放送大
(12) 15:35-15:55 視覚化機能を持つEclipseプラグインによる段階的コーディングから動作検証までをサポートするオブジェクト指向プログラミング学習システム 大城正典永井保夫東京情報大
(13) 15:55-16:15 プログラミング演習におけるレポートの類似性に着目した採点支援手法の提案 清水利音國宗永佳新村正明信州大
(14) 16:15-16:35 初学者向けネットワーク構築演習におけるプログラム解析技術に基づく設定誤り検出法の提案 立岩佑一郎高橋直久名工大
  16:35-16:50 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 A4 (1F 第11講義室)
16:50 - 18:35
(15) 16:50-17:10 面識の有無による面接映像評価傾向の違いの検討 古川雅子NII)・森井康太森田裕介早大
(16) 17:10-17:30 ビデオ講義に対する学習者のノーティング動作とノートに対する評価との関係 渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
(17) 17:30-17:50 講義内容の要約字幕作成支援システム ~ 意思決定手法とバスケット分析に基づく支援方法の検討 ~ 古宮誠一NII)・上之薗和宏青学大)・八重樫理人香川大
(18) 17:50-18:10 看護師・診療放射線技師・臨床検査技師教育におけるアノテーション付き映像の利用 ~ 映像アノテーションシステムの導入 ~ 榎本浩義ディジフュージョン・ジャパン)・戸井英晃信州大)・丸山敏則東 義晴岡山大)・國宗永佳新村正明信州大
(19) 18:10-18:30 学習者が視聴すべき映像コンテンツの再生開始時間の自動検索を行う学習システムの提案 上之薗和宏青学大
  18:30-18:35 会場世話人挨拶 (1F 第11講義室) ( 5分 )
3月5日(土) 午前  午前 B1 (1F 第12講義室)
10:10 - 12:50
(20) 10:10-10:30 英字ニュースを活用した多読支援システムの検討 谷本祐次安藤一秋香川大
(21) 10:30-10:50 英文読解学習用e-ラーニングシステム 桑原恒夫神奈川大
(22) 10:50-11:10 学生の文章作成マナーの評価と改善に向けて ~ コピペと引用の考え方を中心として ~ 今村菜津子青学大)・東 るみ子日大)・勝谷紀子稲積宏誠青学大
(23) 11:10-11:30 第二言語作文支援のための句構造解析と係り受け解析を利用した句共起関係コーパスの構築 陸 烽三好康夫高知大
(24) 11:30-11:50 外国人のための日本語学習システム 郭 朋桑原恒夫神奈川大
  11:50-12:50 昼食 ( 60分 )
3月5日(土) 午後  午後 B2 (1F 第12講義室)
13:00 - 14:55
(25) 13:00-13:20 複数大学を結ぶ遠隔講義システムの運用と新システムのデザイン 櫻田武嗣三島和宏萩原洋一東京農工大
(26) 13:20-13:40 聴講者の参加状態推定に基づくカラーマッピング重畳画像を用いた講演者の状況把握支援システムの提案 石川佑樹中 祐介米澤朋子関西大
(27) 13:40-14:00 e-Learningにおける登録顔情報の重み付き更新による受講者認証 川又泰介藤森 進赤倉貴子東京理科大
(28) 14:00-14:20 統計教育のための資料抽出支援ツール 鈴木裕二・○秋月 治宮城大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 B3 (1F 第12講義室)
14:55 - 16:50
(29) 14:55-15:15 バックトラック型学習支援手法における各種問題の自動生成支援に関する研究 花城涼太儀保敬人宮里智樹琉球大
(30) 15:15-15:35 ランキングを用いた小テストによる学生のモチベーションと成績への影響 田中勇気上野秀剛奈良高専)・一ノ瀬智浩奈良先端大)・竹原信也奈良高専
(31) 15:35-15:55 適応的授業評価アンケートシステム開発に向けた階層型アイテムバンク 中村修也東京理科大)・石井隆稔首都大東京)・藤森 進赤倉貴子東京理科大
(32) 15:55-16:15 学生の意識向上を目指した産学連携キャリア教育の実践 ~ 会社訪問体験におけるICT活用とアンケート分析 ~ 鈴木孝幸八木 勲鷹野孝典宮崎 剛稲葉達也納富一宏神奈川工科大
  16:35-16:50 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 B4 (1F 第12講義室)
16:50 - 18:30
(33) 16:50-17:10 タブレットPCと力覚提示デバイスを用いた滑車の仮想実験環境 ~ 比較実験と自由配置における学習過程 ~ 國村圭太岡本 勝松原行宏広島市大
(34) 17:10-17:30 非理工系学生のモデル化能力を高めるための取り組み 成瀬喜則富山高専)・春名 亮金沢学院大)・○宮地 功岡山理科大
(35) 17:30-17:50 電子教科書縮小加工学習法による授業試行 竹谷篤也上田晃正山口 巧高知高専)・雌鳥貴彦高知工科大)・佐藤公信永原順子芝 治也高知高専
(36) 17:50-18:10 本の紹介スライドを作成する授業における意識の変化 宮地 功岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大
(37) 18:10-18:30 ICT活用型避難訓練のためのオーサリングシステム 光原弘幸徳島大)・井上武久山口健治武知康逸森本真理オプトピア)・井若和久上月康則獅々堀正幹徳島大
3月5日(土) 午前  午前 C1 (1F 第13講義室)
10:10 - 12:50
(38) 10:10-10:30 個別の実践環境の違いを考慮した運動教育のe-Learningフレームワークの提案 石岡匠也後藤田 中香川大)・小林雄志熊本大)・松浦健二徳島大)・八重樫理人林 敏浩香川大
(39) 10:30-10:50 身体スキル獲得アドバイスの言語化を促進する他者スケルトンモデル修正ツール 詫間風人小尻智子関西大
(40) 10:50-11:10 フィットネス測定スキルの養成を支援するCMSの提案 山本貴裕後藤田 中香川大)・小林雄志熊本大)・松浦健二徳島大)・八重樫理人林 敏浩香川大
(41) 11:10-11:30 出逢いを誘発する教材配信デジタルサイネージのための友人関係推定手法とその実験 寒川浩明光原弘幸獅々堀正幹徳島大
(42) 11:30-11:50 生活習慣改善のための認知的不協和理論に基づいた健康知識提示システム 川口直人小尻智子関西大
  11:50-12:50 昼食 ( 60分 )
3月5日(土) 午後  午後 C2 (1F 第13講義室)
13:00 - 14:55
(43) 13:00-13:20 討論訓練システムにおける討論ロジックマップを活用した勝敗判定機能の提案 徐 鐘偉三好康夫高知大
(44) 13:20-13:40 双方向債務感覚を基盤とする助け合い活動をとおした学習者コミュニティの構築 ~ AssociatingBoardのコンセプトと開発 ~ 鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦宇都宮大
(45) 13:40-14:00 協調探索における探索意図と閲覧実態の差異抽出による探索コンテクスト把握支援 中山祐貴髙木勇人大沼 亮神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
(46) 14:00-14:20 研究ドキュメント推敲過程における文脈情報ネットワーク中の重要箇所抽出システム 大沼 亮中山祐貴阿部周平神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
(47) 14:20-14:40 研究プレゼンテーションドキュメント作成支援のためのコンテンツフォーマット設計 小原由貴柏原昭博電通大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 C3 (1F 第13講義室)
14:55 - 16:50
(48) 14:55-15:15 ロジカル・プレゼンテーションのためのコンテンツ・マップとその生成支援システムの提案 渡邉雄大小尻智子関西大
(49) 15:15-15:35 プレゼンテーション・リハーサルを対象としたレビュー支援 ~ 口頭説明の可視化にもとづいたアノテーション手法の有効性の検討 ~ 大川裕也岡本 竜高知大)・柏原昭博電通大
(50) 15:35-15:55 聴衆視線とスライド構成的特徴のハイブリッド分析に基づくプレゼンテーションスライド中の問題箇所把握支援システム 船山智広伊藤和豊中山祐貴大沼 亮神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
(51) 15:55-16:15 スライド間の接続関係の可視化に基づくプレゼンテーションドキュメント理解支援 後藤充裕柏原昭博電通大
(52) 16:15-16:35 プレゼンテーション・リハーサルを対象としたバックレビュー支援 ~ 議論進行におけるユーザ操作とその履歴の活用方法 ~ 中林誉登岡本 竜高知大)・柏原昭博電通大
  16:35-16:50 休憩 ( 15分 )
3月5日(土) 午後  午後 C4 (1F 第13講義室)
16:50 - 18:10
(53) 16:50-17:10 擬似力覚呈示を伴う物語マップ作成による物語読解支援 梅津和朗柏原昭博電通大
(54) 17:10-17:30 教師コミュニティ依存の教授知識に基づく授業設計支援を志向した授業プランからの深層構造の抽出 松本明紘林 雄介広島大)・笠井俊信岡山大)・平嶋 宗広島大)・溝口理一郎北陸先端大
(55) 17:30-17:50 講義理解と疑問生成を目的にした講義スライドの構造化支援の評価 井上弘路柏原昭博電通大
(56) 17:50-18:10 歴史学習における状態変化マップ作成に基づいた因果関係理解支援システムの評価 名手郁人関西大)・徳竹圭太郎広尾学園)・小尻智子関西大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 長谷川 忍(北陸先端大)
TEL 0761-51-1435
E-: jaist 
お知らせ ◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は原則認めていませんのでご注意ください。
◎本研究会の取り組みなど、詳細は教育工学研究会ホームページをご覧ください。nhttp://www.ieice.org/iss/et/


Last modified: 2016-02-18 16:09:35


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会