電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 竹内 純一 (九大)
副委員長 大濱 靖匡 (電通大)
幹事 野村 亮 (専修大), 日下 卓也 (岡山大)
幹事補佐 井坂 元彦 (関西学院大)

情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 田中 俊昭 (KDDI研)
副委員長 櫻井 幸一 (九大), 角尾 幸保 (NEC)
幹事 伊豆 哲也 (欧州富士通研), 岩田 哲 (名大)
幹事補佐 花岡 悟一郎 (産総研), 三宅 優 (KDDI研), 駒野 雄一 (東芝)

ワイドバンドシステム研究会(WBS) [schedule] [select]
専門委員長 佐々木 重信 (新潟大)
副委員長 前原 文明 (早大), 羽渕 裕真 (茨城大)
幹事 藤井 雅弘 (宇都宮大), 松波 勲 (北九州市大)
幹事補佐 石橋 功至 (電通大), 小澤 佑介 (東京理科大)

日時 2014年 3月10日(月) 10:10 - 17:30
2014年 3月11日(火) 09:55 - 16:55
議題 IT・ISEC・WBS合同研究会 
会場名 名古屋大学東山キャンパス IB電子情報館 
住所 〒464-8601 名古屋市千種区不老町
交通案内 地下鉄名城線名古屋大学駅下車すぐ
http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
岩田 哲
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催

3月10日(月) 午前  IT
10:10 - 11:50
(1) 10:10-10:35 数独の消失通信路に対する復号誤り特性 ○比田井 亮・西新幹彦(信州大)
(2) 10:35-11:00 多値アルファベット版部分列数え上げデータ圧縮法に対する最悪冗長度 ○岩田賢一(福井大)・有村光晴(湘南工科大)
(3) 11:00-11:25 ランク変調と順列集合の支配集合による分割の分類 ○高橋佑輔・鎌部 浩(岐阜大)
(4) 11:25-11:50 Single-Letter Characterization of Epsilon-Capacity for Mixed Memoryless Channels ○Hideki Yagi(Univ. of Electro-Comm.)・Ryo Nomura(Senshu Univ.)
3月10日(月) 午前  ISEC
10:35 - 11:50
(5) 10:35-11:00 An XML Based Document Management Framework to Prevent Data Leakage ○Kamran Morovati(Univ. of pune)・Sanjay Kadam(C-DAC)
(6) 11:00-11:25 ZigBee評価用マイコン上に実装されたKCipher-2に対する相関電磁波解析の検討 ○宇野 甫・遠藤 翔・本間尚文・青木孝文(東北大)・仲野有登・清本晋作・三宅 優(KDDI研)
(7) 11:25-11:50 多入力多出力非線形関数を用いたタイプ1一般化Feistel暗号の拡散性 ○伊藤圭介・柳原慎吾・岩田 哲(名大)
3月10日(月) 午前  WBS/IT
10:10 - 11:50
(8) 10:10-10:35 OFDMにおけるIQインバランスが通信路短縮に及ぼす影響 ○張 曦・宮嶋照行(茨城大)
(9) 10:35-11:00 周波数オフセット補償とシンボル同期を適用した時の最大比合成によるOFDMパイロット信号検出感度評価 ○吉武利紘・楳田洋太郎・小澤佑介(東京理科大)
(10) 11:00-11:25 クリッピングアンドフィルタリングと選択マッピング法を併用したトレリスシェイピングに基づくOFDM信号のPAPR低減手法 ○松岡雅樹・吉沢竜太・落合秀樹(横浜国大)
(11) 11:25-11:50 周波数選択性ブロックフェージング環境下における畳み込み符号化BICM-OFDMのインターリーバ最適化 ○堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)
  11:50-13:20 昼食 ( 90分 )
3月10日(月) 午後  IT
13:20 - 14:35
(12) 13:20-13:45 二元対称通信路上のLDPC符号の訂正能力の高精度シミュレーション技法の検討 ○橋本顕義・石川 篤(日立)
(13) 13:45-14:10 A Max-Log-MAP Decoding Using a Recursive Vector Generator for Binary Linear Codes ○Takuya Kusaka(Okayama Univ.)
(14) 14:10-14:35 シンボルペア符号のシンドローム復号法について ○瀧田 愼(神戸大)・廣友雅徳(佐賀大)・森井昌克(神戸大)
3月10日(月) 午後  ISEC
13:20 - 14:10
(15) 13:20-13:45 組織暗号の一クラス, K(I)SOPKC ~ 付録:組織暗号の一般的構成法,K(X)スキーム ~ ○笠原正雄(早大/中大)
(16) 13:45-14:10 鍵漏洩に対し安全なIBEとIPEの計算機シミュレーション ○硯見一磯(茨城大)・レ トレ フォン(NICT)・黒澤 馨(茨城大)
3月10日(月) 午後  WBS
13:20 - 14:35
(17) 13:20-13:45 反転MPSCによるMUIキャンセラの可視光CDMAシステムへの応用 ○松嶋智子・佐々木詩歩・角山正樹・山嵜彰一郎(職能開発大)・村田悠也(東工大)・寺町康昌(脳機能研)
(18) 13:45-14:10 被認証無線機の送信信号による近傍波源位置推定を用いたAPES法の複素振幅推定精度評価 ○工藤義顕・楳田洋太郎・小澤佑介(東京理科大)
(19) 14:10-14:35 小型無人航空機と複数地上局による仮想MIMO中継システムのモデル化および誤り率特性評価 ○池田憲介(横浜国大)・小野文枝(NICT)・落合秀樹(横浜国大)・三浦 龍(NICT)
  14:35-14:50 休憩 ( 15分 )
3月10日(月) 午後  IT/ISEC/WBS招待講演
14:50 - 17:30
(20) 14:50-15:40 [招待講演]情報理論における4種類の確率的極限とそれらの操作的意味 ○古賀弘樹(筑波大)
  15:40-15:45 休憩 ( 5分 )
(21) 15:45-16:35 [招待講演]情報理論的暗号理論について ~ サーベイとチャレンジ ~ ○四方順司(横浜国大)
  16:35-16:40 休憩 ( 5分 )
(22) 16:40-17:30 [招待講演]無線メッシュネットワークのトラヒック理論的アプローチ ○岡田 啓(名大)
3月11日(火) 午前  IT
10:35 - 11:50
(23) 10:35-11:00 対称3量子ビット状態に対する最適な量子クローニングマシーンの数値的解析 ○小山 晃・鈴木 淳(電通大)
(24) 11:00-11:25 Information Geometry for Markov Chains ○Masahito Hayashi(Nagoya Univ.)・Shun Watanabe(Tokushima Univ.)
(25) 11:25-11:50 マルコフ型の記憶のある条件付き加法的通信路 ○林 正人(名大)・渡辺 峻(徳島大)
3月11日(火) 午前  WBS
09:55 - 10:45
(26) 09:55-10:20 磁界共鳴無線電力伝送におけるスペクトル拡散変調を用いたデータ通信の検討 ○上野翔平・菅野一樹・飯田基貴・眞田幸俊(慶大)
(27) 10:20-10:45 無線電力伝送システムにおける送信側チャネル推定を用いたデータ通信 ○菅野一樹・眞田幸俊(慶大)・稲森真美子(東海大)
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
3月11日(火) 午前  ISEC
11:00 - 11:50
(28) 11:00-11:25 Fail-Stop署名方式の識別不可能性に関する一考察 ○野村昌弘・中村勝洋(千葉大)
(29) 11:25-11:50 Barreto-Naehrig曲線上の変数固定2型ペアリング逆問題から削減されたべき乗根問題に関するある分布 ○赤木晶一・野上保之(岡山大)
  11:50-13:20 昼食 ( 90分 )
3月11日(火) 午後  IT
13:20 - 15:00
(30) 13:20-13:45 無線デュオキャストリレーマルチアクセス通信路におけるエネルギー効率の解析 ○魯 培・植松友彦・松本隆太郎・松田哲直(東工大)
(31) 13:45-14:10 RFエナジーハーベスティングを用いたAmplify-and-Forward協調ダイバーシティの特性解析 ○川畑大樹・石橋功至(電通大)
(32) 14:10-14:35 Dual-Spinal符号を用いた動的協調ダイバーシティに関する研究 ○尾形 駿・石橋功至(電通大)
(33) 14:35-15:00 2種の振幅モーメントを用いたシンボルタイミング誤差を含むQAM識別 ○松村康弘・岡 育生・阿多信吾(阪市大)
3月11日(火) 午後  IT/ISEC/WBS
13:20 - 15:00
(34) 13:20-13:45 LT符号を用いた高速な線形ランプ型しきい値秘密分散法の検討 ○坂下光輝・古賀弘樹・本庄俊太郎(筑波大)
(35) 13:45-14:10 MRD符号を用いた強いランプ型秘密分散法の構成とその安全性解析 ○本庄俊太郎・古賀弘樹・坂下光輝(筑波大)
(36) 14:10-14:35 シェアの後出しをする不正者に対して安全な効率のよい秘密分散法 ○尾花 賢(法政大)
(37) 14:35-15:00 組織Reed-Solomon符号を用いた秘密分散法とその応用について ○山嵜彰一郎・松嶋智子・大野成義(職能開発大)
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
3月11日(火) 午後  IT
15:15 - 16:55
(38) 15:15-15:40 多値定重み系列によるゼロ点を加えた複素変調に関する一考察 ○戒田高康(近畿大)・鄭 俊如(九州女子大)・高橋圭一(近畿大)
(39) 15:40-16:05 周波数領域等化を用いたシングルキャリア伝送の性能評価 ○宮崎真一郎・山嵜彰一郎(職能開発大)・河野隆二(横浜国大)
(40) 16:05-16:30 1ビット反転によるデータ書換えを用いたTime-Space制約符号の構成 ○武山昌平・鎌部 浩(岐阜大)
(41) 16:30-16:55 Reduction of Error-Trellises for Tail-Biting Convolutional Codes Using Shifted Error-Subsequences ○Masato Tajima・Koji Okino・Tatsuto Murayama(Univ. of Toyama)
3月11日(火) 午後  IT
15:15 - 16:30
(42) 15:15-15:40 リスト復号を用いた生体識別システムにおける識別容量 ○森 茉莉香・松田哲直・松本隆太郎・植松友彦(東工大)
(43) 15:40-16:05 定常性を仮定しない確率的な電子指紋符号の性能に関する一考察 ○金井紘平・古賀弘樹(筑波大)
(44) 16:05-16:30 2種類の新しい安全性基準に基づくシャノン暗号における符号化定理 ○菊池 駿・古賀弘樹(筑波大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 情報理論研究会幹事
E-:it-c(幹事、幹事補佐)
.
野村亮(専修大)
日下卓也(岡山大)
井坂元彦 (関西学院大) 
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩田哲(名古屋大学)
TEL 052-789-5722, FAX 052-789-5723
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
WBS ワイドバンドシステム研究会(WBS)   [今後の予定はこちら]
問合先 藤井 雅弘
TEL/FAX: 028-689-7118
E-: iisu-u 


Last modified: 2014-02-27 23:02:50


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [WBS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会