お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
専門委員長 美濃 導彦 (京大)  副委員長 前田 英作 (NTT), 佐藤 洋一 (東大)
幹事 内田 誠一 (九大), 亀田 能成 (筑波大)
幹事補佐 山口 修 (東芝), 神原 誠之 (奈良先端大)

日時 2009年12月17日(木) 10:00~17:30
   2009年12月18日(金) 09:00~16:40

会場 藤原総合文化会館 2階(〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1404-1.交通: 東武鉄道鬼怒川温泉駅(特急停車駅)下車すぐ (駅前広場を横切ったところにあります).http://www.kinugawa-kawaji.com/access/index.html.「鬼怒川温泉駅 概略図」中の「文化会館」 会場連絡先: 〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学大学院システム情報工学研究科知能機能システム専攻 亀田能成.029-853-5256)

議題 パターン認識とメディア理解のフロンティアとグランドチャレンジ

12月17日(木) 午前 一般セッション1 (10:00~11:30)
座長: 神原 誠之 (奈良先端大)

(1) 10:00 - 10:30
回帰木を用いた識別器のモールディングによる文字認識の高速化
○太田貴大(紀州技研)・和田俊和(和歌山大)

(2) 10:30 - 11:00
形状部分空間の関係に基づく物体認識と個人同定への応用
○五十嵐洋介・福井和広(筑波大)

(3) 11:00 - 11:30
眼球の位置と姿勢を考慮した顔向き変化に頑健な瞳追跡
○大谷悠祐・福井和広(筑波大)

−−− 昼食 ( 90分 ) −−−

12月17日(木) 午後 テーマセッション1-1 (13:00~14:10)
座長: 前田 英作 (NTT)

(4) 13:00 - 13:20
[特別講演]パターン認識・メディア理解のグランドチャレンジ
○鷲見和彦(三菱電機)・内田誠一(九大)・佐藤真一(NII)・佐藤洋一(東大)・日浦慎作(阪大)・福井和広(筑波大)・馬場口 登(阪大)

(5) 13:20 - 13:45
[特別講演]パターン認識理解工学についてのコメント
○福村晃夫(中京大)

(6) 13:45 - 14:10
[特別講演]グランドチャレンジは新しい展望を開くか?
○辻 三郎(阪大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月17日(木) 午後 テーマセッション1-2 (14:20~15:55)
座長: 前田 英作 (NTT)

(7) 14:20 - 14:45
[特別講演]Grand Challenge: 30年後の社会を創造する研究
○山田敬嗣(NEC)

(8) 14:45 - 15:10
[特別講演]パターン認識課題にどう向き合うか ~ 一般化確率的降下法と最小分類誤り学習法の狭間で ~
○片桐 滋(同志社大)

(9) 15:10 - 15:35
[特別講演]パターン認識における都市伝説
○工藤峰一・今井英幸・田中 章(北大)・杉山 将(東工大)

(10) 15:35 - 15:55
[特別講演]ツールとしてのPRMU
○美濃導彦(京大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月17日(木) 午後 テーマセッション1-3 (16:10~17:30)
座長: 前田 英作 (NTT)

(11) 16:10 - 17:30
パネル討論

12月18日(金) 午前 テーマセッション2 (09:00~10:45)
座長: 工藤峰一(北大)

(12) 09:00 - 09:35
映像認識理解への認知発達的アプローチ
○木村昭悟・柏野邦夫(NTT)・福地 賢・赤嶺一馬・高木 茂(沖縄高専)

(13) 09:35 - 10:10
圧縮パターン認識 ~ 疎性を活かしたパターンの計測と解析の枠組み ~
○酒井智弥(千葉大)

(14) 10:10 - 10:45
最適化としてのパターン自動発見にむけて
○石川 博(名古屋市大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月18日(金) 午前 テーマセッション3 (10:55~12:30)
座長: 亀田 能成 (筑波大)

(15) 10:55 - 11:30
パターン認識研究におけるWhy ~ 特徴空間観測装置の開発に向けて ~
○坂野 鋭(NTT)

(16) 11:30 - 12:05
若手が国際的に活躍するために(仮題)
○玉木 徹(広島大)・植松裕子(慶大)・近藤一晃(京大)・酒井智弥(千葉大)・島田敬士(九大)・出口大輔(名大)・山下隆義(オムロン)

(17) 12:05 - 12:30
パターン認識における都市伝説 (2)
○工藤峰一・今井英幸・田中 章(北大)・杉山 将(東工大)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月18日(金) 午後 一般セッション2 (13:30~15:00)
座長: 坂野 鋭(NTT)

(18) 13:30 - 14:00
カーネル法を用いた回帰分析の予測精度について
○今井英幸・田中 章(北大)・池田盛一(釧路高専)

(19) 14:00 - 14:30
One-versus-the-rest法における多クラス分類の識別境界の考察
○小林卓夫・清水郁子(東京農工大)

(20) 14:30 - 15:00
ブロックサイズ可変エッジヒストグラムを用いた物体検出ハードウェアアルゴリズム
○三好高史・柴田 直(東大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月18日(金) 午後 一般セッション3 (15:10~16:40)
座長: 山口 修 (東芝)

(21) 15:10 - 15:40
判別的なペア特徴選択によるトラッキング手法
○西田健次・栗田多喜夫(産総研)・東久保政勝(住友電工)

(22) 15:40 - 16:10
方向性エッジヒストグラムマッチングVLSIプロセッサを用いた実時間3次元動きフィールド生成システム
○申 丞鎬・柴田 直(東大)

(23) 16:10 - 16:40
走行環境の三次元直線をランドマークとした車載単眼カメラによる自車位置推定
○浅井俊弘・山口晃一郎・内藤貴志(豊田中研)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 10 分

◆テーマセッション1(開催1日目午後)はフェロー&マスターズ未来技術時限研究会との共催


☆PRMU研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2010年1月21日(木)~22日(金) 京大 [11月9日(月)] テーマ:クロスモーダル
2010年2月18日(木)~19日(金) 東京農工大 [12月1日(火)] テーマ:文字・文書の認識・理解
2010年3月15日(月)~16日(火) 鹿児島大 [1月12日(火)] テーマ:顔・人物・ジェスチャ・行動

【問合先】
PRMU研究会幹事
内田誠一(九州大学)
TEL: 092-802-3586, FAX: 092-802-3600
神原誠之(奈良先端科学技術大学院大学)
TEL: 0743-72-5292, FAX: 0743-72-5299

発表申し込み用メールアドレス: pr-bt


Last modified: 2009-12-16 07:00:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会