お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★思考と言語研究会(TL)
専門委員長 近藤 公久 (工学院大)
副委員長 久保村 千明 (山野美容芸術短大), 鈴木 雅実 (KDDI研)
幹事 乾 孝司 (筑波大), 黒田 航 (杏林大)
幹事補佐 富田 英司 (愛媛大), 坪田 康 (京大)

日時 2015年12月12日(土) 13:30~17:50
   2015年12月13日(日) 10:15~16:40

会場 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室(〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1.東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩5分.http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus.早稲田大学 情報教育研究所 所長 原田康也)

議題 テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創,テーマ3:法と言語・言語と法

12月12日(土) 午後 (13:25~17:50)

−−− 開会のあいさつ 原田康也(早稲田大学情報教育研究所所長) ( 5分 ) −−−

(1) 13:30 - 14:00
4種類の学習者コーパスにみる中国人日本語学習者の複合動詞V2「合う」の使用
○張 キ(神戸大)

(2) 14:00 - 14:30
話し言葉・書き言葉における句動詞使用 ~ コーパスに見る日本人英語学習者と英語母語話者の比較研究 ~
○前浜知味(神戸大)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(3) 14:50 - 15:40
[招待講演]The ICNALE:国際中間言語対照分析研究のための新たな学習者コーパスの開発
○石川慎一郎(神戸大)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(4) 16:00 - 16:30
The effect of foreign accents by Japanese on employment-related decisions
○Lisa Nabei(Tokai Univ.)

(5) 16:30 - 17:00
日本人英語学習者の目的格関係節文理解における名詞の有生性情報利用 ~ 音声提示および文字提示による検討 ~
○平野亜也子・横川博一(神戸大)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(6) 17:20 - 17:50
日本人大学生英語学習者による疑問文の産出 ~ 平叙文・疑問文の再生と平叙文から疑問文への転換 ~
○原田康也(早大)・森下美和(神戸学院大)

12月13日(日) 午前 (10:15~12:00)

(7) 10:15 - 10:45
意識と脳内情報に関する一考察 ~ 特にハードプロブレムに関して ~
○野口豊太(JCSS)

(8) 10:45 - 11:15
日本語習得過程におけるネットワーク形成と社会参加 ~ 在日インド人ビジネスパーソンの事例から ~
○鈴木真奈(早大)

(9) 11:15 - 11:45
近年の「普通に」の言語使用における泡沫性ポライトネス効果
○緒形杏史由・首藤佐智子(早大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

ポスター紹介

12月13日(日) ランチ・ポスター (12:00~13:00)

(10) 12:00 - 13:00
日本語の文章に対する評価の研究の今後の可能性 ~ メールの読み手の評価を対象として ~
○菊池理紗(実践女子大)

(11) 12:00 - 13:00
EPA看護師・介護福祉士候補者の日本語使用のネットワーク ~ インドネシア人候補者の事例を通して ~
○加藤真実子(早大)

(12) 12:00 - 13:00
日本での学習経験で得たものは何か ~ インドネシア人日本語教師の語りからの考察 ~
○太田亜樹子(早大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

12月13日(日) 午後 (13:15~16:40)

(13) 13:15 - 14:05
[招待講演]日本人のための活用発信型の司法英語辞典
○鳥飼慎一郎・溜箭将之(立教大)

−−− 質疑応答・休憩 ( 20分 ) −−−

(14) 14:25 - 14:55
分散意味表現を利用した法令文に対する文構造解析の検討
○長濱一真・竹内和広(阪電通大)

(15) 14:55 - 15:25
民事事件の裁判記録のためのオントロジーに関する一考察
○桐生雄也・伊藤 篤(宇都宮大)・笠原毅彦(桐蔭横浜大)・渡辺 裕・藤井雅弘・羽多野裕之(宇都宮大)

−−− 質疑応答・休憩 ( 20分 ) −−−

(16) 15:45 - 16:35
[招待講演]前提を伴う表現の司法コンテクストにおける取り扱い ~ ガルスパハ事件における誤訳問題 ~
○首藤佐智子(早大)

−−− 閉会のあいさつ 近藤公久(思考と言語研究会委員長) ( 5分 ) −−−

一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分

◆早稲田大学情報教育研究所・早稲田大学言語情報研究所 共催


☆TL研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2016年1月29日(金)~30日(土) 明治大学(駿河台)アカデミーコモン8階308E教室 [11月14日(土)] テーマ:芸術思考・デザイン思考、および思考と言語一般

【問合先】
原田康也



Last modified: 2015-10-17 13:40:11


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会