電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 阪井 和男 (明大)
副委員長 佐良木 昌 (日大), 近藤 公久 (ATR)
幹事 久保村 千明 (山野美容芸術短大), 黒田 航 (杏林大)
幹事補佐 乾 孝司 (筑波大)

言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 山本 和英 (長岡技科大)
副委員長 竹内 孔一 (岡山大), 西崎 博光 (山梨大)
幹事 金山 博 (日本IBM), 大塚 裕子 (公立はこだて未来大)
幹事補佐 橋本 泰一 (グリー), 榊 剛史 (東大/ホットリンク)

日時 2013年 6月14日(金) 14:30 - 18:10
2013年 6月15日(土) 09:00 - 12:05
議題 言語処理・言語分析の社会応用,および一般 
会場名 筑波大学 春日地区 情報メディアユニオン2階 メディアホール 
住所 〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
交通案内 つくばエクスプレス「つくば駅」から徒歩7分
http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html
会場世話人
連絡先
システム情報系 情報工学域 乾孝司
029-853-7601
お知らせ ◎プログラムは変更する可能性がございますので,最新情報はWEBページでご確認ください.
http://www.ieice.org/~nlc/wiki/

6月14日(金) 午後  オープニング
14:30 - 14:35
  - 開催挨拶
6月14日(金) 午後  対話・音声
14:35 - 16:00
(1) 14:35-15:00 談話分析によるハイパフォーマンスチームのイノベーションプロセスのモデル化 ~ 会社を超えた半年間の実践的人材育成研修後の振り返り分析 ~ ○阪井和男・内藤 隆(明大)・森 憲一・森 貴子(明大/サードステージカンパニー)・中村雄一郎・中川貴之(日本儀礼協会)
(2) 15:00-15:25 複数人におけるクイズ対話を対象とした主観的難易度の推定 大村 舞・○嶋田和孝(九工大)
(3) 15:25-15:50 電子ノート作成支援システムで利用する音声からのキーワード検出技術 ○米倉千冬・太田晃平・古屋裕斗・西崎博光・関口芳廣(山梨大)
  - ディスカッションタイム
  16:00-16:15 休憩 ( 15分 )
6月14日(金) 午後  NLC研究賞表彰式
16:15 - 16:20
  - 優秀研究賞表彰式
6月14日(金) 午後  テーマセッション(社会応用)
16:20 - 18:10
(4) 16:20-16:45 自然言語処理とマーケティング ○谷田泰郎・馬場彩子・木虎直樹・ベルタン マチュー・徳見理絵・河本裕輔・藤井絵美子・久保征人・西尾義英・東 優・高椋琴美・増田茂樹・胡 寅駿(シナジーマーケティング)
(5) 16:45-17:10 社会的類型モデルをもとにマイクロブログから類推するテレビ番組視聴者像の把握 ○藤井絵美子・胡 寅駿・マチュー ベルタン・谷田泰郎(シナジーマーケティング)
(6) 17:10-17:35 Qサンプル作成のための政策態度分析に関する研究 ○上甲和輝(東工大)・小橋洋平(筑波大)・坂野達郎(東工大)
(7) 17:35-18:00 お客様の声から本質的ニーズを把握する感性マーケティング ○伊地知克哉(JMLA)
  - ディスカッションタイム
6月15日(土) 午前  Web分析
09:00 - 10:25
(8) 09:00-09:25 公式謝罪文を成り立たせているものは何か ~ 韓国のウェブページ分析から ~ ○尹 智鉉(日大)
(9) 09:25-09:50 Twitterのツイートの末尾にある不読符号列の分析 ○中嶋邦裕・中山 昴・渡辺靖彦・岡田至弘(龍谷大)
(10) 09:50-10:15 質問意図によるQAサイト質問文の自動分類 ○林 秀治・山本和英(長岡技科大)
  - ディスカッションタイム
  10:25-10:40 休憩 ( 15分 )
6月15日(土) 午後  語意
10:40 - 12:05
(11) 10:40-11:05 用言等換言辞書を用いた換言結果の考察 ○吉倉孝太郎・山本和英(長岡技科大)
(12) 11:05-11:30 伝達における「個」と「全体」 ~ フランス語伝達動詞の例文分析 ~ ○須藤佳子(日大)
(13) 11:30-11:55 文書情報を用いた「気づき」支援システムの開発 ~ 語木による情報提示アプローチ ~ ○荒井豊文(中京大)
  - ディスカッションタイム

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先 nlc-tljnlp 
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 nlc-tljnlp 


Last modified: 2013-04-17 12:09:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /   [NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会